ミスマッチで新入社員が転職したいと思ったら早めに転職準備をしよう。悩むよりも行動することが大切

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain
新入社員が転職したい、と思った時、実際に転職するか否か、とても悩むと思います。

せっかく苦労して内定を貰えたのに、入社して1年2年も経たないうちに辞めてしまっていいのだろうか? 転職するにしても、希望した会社に内定が貰えるのだろうか? 様々な不安要素が渦巻き、モヤモヤしている新入社員の方は意外と多いです。

新卒の3割が入社したことを後悔しているというデータもあり、働き始めてから自分のやりたいことが見えてきた人もいます。

また、運悪く長時間労働を強要したり上司から詰められるようなブラック企業に入ってしまった場合、すぐに転職をしないと精神的に追い詰められてしまいます。

 新入社員が転職を考えるケースは様々ですが、一番大切なのは、胸の内にモヤモヤを感じたら、まず行動をしてみるということです。

今回は新入社員が転職したいと思ったらやっておくべき転職準備について紹介します。


転職を考えたら今ある選択肢を知っておこう

転職経験が少ない人は、転職=逃げだと思いがちですが、モヤモヤしたまま仕事をしても自分のためにも周囲のためにもなりません。いきなり転職する決意が出来なくても、まずは転職可能な求人にどんなものがあるのか、具体的に知っておくだけでも精神的にグッと安心出来ます。

転職は若ければ若いほど、様々な業種・業界に挑戦出来ます。
営業から経理になったり、一般事務から総合職になったり、キャリアチェンジが容易です。30代になると未経験の業界・業種への転職が難しくなりますから、早めに軌道修正をすることが大切です。

ミスマッチでの転職を恐れない

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
新卒で入社して「やっぱり自分のやりたい仕事ではなかった」とモチベーションが落ちてしまうミスマッチは誰もが陥る可能性のある事象です。
ミスマッチに気付いたら、恐れず勇気を持って転職を決意することが大切です。

他にも、人間関係でつまづいたり、会社の体制に問題があったりする場合も、我慢して続けても精神的苦痛を味わうだけです。真面目な人ほど転職を恐れて我慢をしてしまいますが、仕事は人生の多くを費やすものですから、周りの意見に流されず主体的に選ぶべきです。

「新卒時の就活があれほど大変だったから、転職活動も厳しいのでは?」

と多くの人が思いますが、第二新卒で転職をする場合、新卒時の就活とは違い自分のやりたい仕事、キャリアの方向性が初めての会社での経験を経てぼんやり見えている状態ですから、新卒時よりグッと短い期間で仕事を決める事ができます。

人間関係のもつれや労働環境が問題で転職を考えている人でも「次は残業が月20時間以内のところにしよう」「体育会系じゃない企業にしよう」など○○は自分に合わない、という判断基準が出来るため、やはり新卒時よりも迷うことは少なくなります。

また、後述しますが、第二新卒での転職なら転職エージェントの手厚いサポートを受けられるので、むしろ一人で全てやらなければいけない新卒時よりも、グッと効率的に動くことが出来ます。

新卒時の就活の大変さを思い浮かべて転職を思いとどまるのは、大きな誤解です。
社会人を経験したからこそ、自分が求めている仕事が見えてくるのです。

新卒時に自分にぴったりの仕事・会社に出会えるのは、相当に運が良くないと難しいのが、新卒一括採用の日本における現実です。かくいう私も、新卒で入社した会社は2年ほどで辞めてしまいました。

仕事に対する価値観や希望条件というものは、正社員として働いて初めて見えてくるものなのです。

転職は逃げでも何でもなく、自分のキャリアを主観的に判断できるチャンスと捉えましょう。

現代日本は転職が当たり前の社会

f:id:moguhausu2:20160510080712j:plain
かつては大企業に勤めていれば一生安泰という時代でした。
しかし、今では大企業であってもリストラや倒産は免れず、時代と共に繁栄する企業・業界は変化しています。

シャープや東芝、東電といった、かつての大企業が次々に陥没していく様は、その象徴と言えます。

 グローバル化により競争が激しくなった昨今、企業に依存するのではなく、自分自身のキャリアや実績を積み重ね、世の中のニーズを捉えたスキル・業界を見極めて動かなければ安定の二文字はあり得ないのです。

そういった変化の中で生き残るために、転職をする人は以前より多くなっています。

もちろん、人間関係による転職も多く、人間関係をリセットして働きやすくなった、という人は大勢います。職場の劣悪な人間関係は精神的なリスクと捉えられ、総合的な視点で判断すると十分に転職の理由になります。

それは20代の新入社員にも言えることで、ミスマッチの仕事を続けていても身になりませんし、働くことに対して嫌気がさしてしまう可能性が出てきます。

自分が納得した仕事をするためにも、転職は重要なイベントなのです。漠然とした不安で転職を避け続けていれば、それがリスクになって後々、後悔する事になってしまう可能性があります。

転職したい、仕事を変えたいと思ったら一人で思い悩まず、行動をしてみることが大切です。

良質な求人の選択はプロにお任せ!転職エージェントを活用して負担を減らそう

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain

そんな転職というイベントにおいて、最も問題になるのが求人選びです。

ご存知の通り、日本の求人票は罠だらけです。

アットホームな職場です、と書かれた職場が殺伐としていたり、残業月10時間以内と書かれていたのに残業40時間+サービス残業だったり、息を吐くように嘘をつくブラック企業が非常に多い。

そんな荒れた求人の中から、ダイヤの原石とも言える良質な求人を探すのは至難の業です。
特に在職中に転職活動をしている人にとって、求人を探すだけでも嫌になってしまうもの。

また、どんなに良い会社でも、自分の価値観にあっていなければミスマッチとなってしまいます。

こうした求人選びの失敗を避けるには、どうしたらよいのでしょうか?

そこでオススメなのが、転職エージェントを活用して、プロのエージェントに良質な求人を紹介してもらう方法です。

転職エージェントは、無料でプロのサポートを受けられるサービスです。
求人の紹介のみならず、書類選考に通りやすい書類の書き方や面接ノウハウを教えてくれます。

一人よがりになりがちな退職理由や自己PR、志望理由も、エージェントに客観的なアドバイスを貰ってブラッシュアップすれば書類選考通過率も改善出来ます。何より精神的にアドバイザーがいたほうが楽なので、ぜひプロのエージェントに相談しながら転職活動をしましょう。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする