胃弱で仕事に集中出来ない社会人は漢方や食生活改善で胃弱を治そう

社会人にとって胃弱は非常に悩ましい問題です。
プレッシャーの大きい仕事を任されたり、緊張する場面になると、胃が痛くなったり吐き気が出たり仕事に集中することが出来なくなってしまいます。

また、満員電車に乗っている時に胃が痛くなったり、上司に叱責されて胃が悪くなったりするようでは、会社にいくのも嫌になってしまいます。

胃弱を治すためには、漢方や食生活の改善が効果的です。

今回は胃弱に悩む人のために、胃弱を治す方法を紹介します。


胃弱に効く漢方

漢方は若い方にはあまり馴染みが無いと思いますが、胃弱など慢性的な体質改善には薬よりも漢方の方が効果的です。

胃弱に効く漢方は六君子湯と半夏瀉心湯が基本となっています。

・六君子湯(りっくんしとう)

食欲不振や疲労、胃炎、胃下垂、胃痛等に用いられる漢方です。

・半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

みぞおちの不快感、吐き気、食欲低下、下痢に効果がある漢方です。

漢方は慢性的な胃炎、胃弱に効きますから、ぜひ活用してみてください。

胃弱を治す食生活改善法

胃弱を治すには、食生活の改善も大切です。
胃弱の原因として、胃腸の働きを整えるビタミン類が不足している事があります。

ビタミン類を補給するには、野菜類をしっかり食べることが大切です。特にキャベツやブロッコリーは胃腸の働きを整えるビタミンが豊富に含まれているので、積極的にとるようにしましょう。

最も簡単な方法は、毎日青汁を飲む方法です。
自炊が苦手だったり、外食ばかりの社会人でも、青汁を一日一杯飲むだけで胃腸を強くすることが出来ます。

オススメの青汁や青汁の味の感想などは、下記の記事を参考にして下さい。www.hazimetetensyoku.com

腹筋や背筋も鍛えておこう

胃腸を支える筋肉が減ると、胃腸の働きが弱くなります。
腹筋や背筋を行うことで、胃腸が衰退することを避けられます。運動不足は胃弱の大きな原因になるので、週一日でも良いので腹筋・背筋を鍛えましょう。

デスクワークをしている人の多くが運動不足になりがちで、さらに姿勢も悪い場合、胃を圧迫してしまい胃が弱ってしまいます。

社会人にとって胃弱は深刻な問題です。
しかし、努力すれば改善することが出来るので、色々試してみてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする