年収280万の正社員は転職しないと取り返しがつかない事になる。年収300万以下では結婚も老後も危険水域

f:id:moguhausu2:20150512154655j:plain
正社員で年収280万の人は、今や珍しくありません。
事務員やビルメンテナンス業などのサービス業など、業界そのものが低賃金だったり、会社自体が小さく業績によってボーナスが出ない零細企業などは年収300万を切ることも多く、正社員なのに生活が苦しいという現実があります。

年収280万の場合、独身でも贅沢は出来ず、生活していくので精一杯です。
当然、家族を養うことも出来ず、結婚はおろか老後破産も考えられる危険水域と言えます。

正社員であれば、最低でも年収300万円以上なければ毎月十分な金額を貯金することも出来ません。

今回は年収280万の正社員が転職すべき理由と、今の会社に勤め続けるリスクを紹介します。

年収の低い正社員の年収は停滞し続ける

普通、企業に正社員で勤めていると、毎年昇給があり、それに伴い毎月の手取りやボーナスが増える仕組みになっています。
地位が上がって役職がつけば手当が更に得られます。そのため、業績の良い企業に勤め続けるのがサラリーマンとして一番安定した道と言えます。

しかし、年収280万の正社員となると話は別です。
多くの企業は新卒であっても年収300万を切ることはありません。年収300万を切るケースは、よほど業界or企業に体力が無く、人件費を抑えなければ成り立たない業界の場合です。

そういった人件費にお金をかけられない業界or企業では、昇給がほとんど無く、ボーナスも期待出来ません。
そのため、20代後半~30代前半の中堅の人材がどんどん抜けていき、新人と30代中盤以上の「転職出来ない組」だけが残っていきます。

勤め続ければ続けるほど他に行けなくなり、低い年収で我慢するしかなくなるという蟻地獄のような企業は少なくありません。
早めに抜け出さないと、一生、年収280万以下で生活していかなければならなくなります。

資格無し・スキル無しでも待遇アップは可能

資格無し・スキル無しでも、年収280万の会社に勤め続けるよりかは転職をしたほうが長期的に見てリスクが少ないです。
逆に転職をせずダラダラ勤め続けることによって、待遇アップのチャンスを失ってしまったら最悪です。

転職なんてとても出来ない、と思っている人は、一度、求人を探してみましょう。
年収280万・昇給無し・ボーナス無しの会社に勤め続けるのは、どんなに仕事内容が楽でも今後の生活を考えれば危険です。

年収280万だと貯金もまとまった額をためるのに時間がかかります。親が倒れたり、自分自身が失業してしまった時、貯金がなければどうしようもありません。社会人であれば、最低でも100万円以上の貯金がないと破綻のリスクが常につきまといます。
年齢と共に無貯金のリスクは高まりますから、毎月、一定額を貯金する必要があります。

年収300万円以上でないと、毎月の貯金は負担になります。
そのため、正社員での年収の最低ラインは300万以上であることが多いのです。

待遇アップの転職を成功させれば、貯金も無理なく貯めることも出来ます。

転職エージェントを活用して待遇アップの転職を成功させよう

年収の良い企業、働きやすい企業を探すには転職エージェントを活用するのが一番です。
どんな企業も、求人に嘘はつきもの。ハローワークなどに行くと、ボーナス4ヶ月と書いておきながら入ってみたら1ヶ月も出ないという事がザラにあります。

そんな嘘まみれの求人の中から、本当の年収を引っ張りだすためには、転職のプロ、転職エージェントのサポートを受けるのが一番です。

転職エージェントは登録するとエージェントがマンツーマンでサポートしてくれて、転職者にかわって年収交渉や待遇のチェックなどを企業に行ってくれます。
また、あなたの希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれるので、ハズレ求人を引く危険性が無くなります。近年、多くなってきているブラック企業に当たる可能性も無くなるので、ハローワークや転職サイトを使って一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

<

div class=”section”>

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

年収280万の正社員は地方に限らず都内でもその水準の企業は存在します。
物価上昇や今後の増税リスクを考えて、年収は最低でも300万以上を確保するようにしましょう。

人件費を圧縮している業界に長く居座っても、年収は一向に上がりません。
思い切って他業種に転職して、お金をたくさん稼げる業界・業種でスキルアップをするのが一番です。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする