ニートから専門学校に入学して社会復帰した体験談。高校中退引きこもりからの脱出

こんにちは。
今回、記事を書かせていただくキリンです。

元ヒキニートで、高校中退後はひたすらネトゲ廃人をしながら退廃的な日々を過ごしておりました。
そんな私でしたが、今では何とか中小IT企業の正社員として働いています。

どうやって高校中退ニートだった私が正社員になれたのかというと、高認試験を経て専門学校に入学、卒業したからです。

そんな私のニートから専門学校、そして就職をした体験談を書かせていただきます。

「高校を卒業したけど就職も進学もせず、なんとなくニートになってしまった」
「高認試験は受かったけど何もやる気がせずニートに…」
「危機感が出てきたのでニート脱出したい」

そんな社会復帰を目指しているけど、現状ニートで何をやっていいかわからない人の参考になればと思います。


高校でぼっちになり中退

私は高校一年生の時、友達が出来ずぼっちになりました。
毎日の孤独感に耐え切れず、学校に行くにも毎日胃が痛くなって、最終的に中退を選びました。というか、ずるずる不登校を繰り返し、引きこもっているうちに中退が決定したんですけどね。

それからは、部屋に引きこもってネトゲ廃人をしていました。
将来のことも考えず、ひたすらヒキニート生活を送り、19歳になった時にぼちぼち自分の置かれている状況がヤバイということに気付きました。

アルバイト面接に行くも玉砕

自分を変えよう、普通の生活に戻ろう、社会復帰しよう! と自分を奮い立たせて、アルバイトの面接に応募しました。
コンビニのバイトだったのですが、面接に行ったら「高校中退してるんじゃ、ちょっとね」と衝撃的な一言を突きつけられ、結果は不合格。

「高校中退したら、こんな風に見られるんだ」とショックを受けました。

再び引きこもってネトゲをやろうと思ったのですが、このままじゃ駄目だと思い、高認試験を受けることを決意しました。
半年ほど死ぬ気で勉強して、高認試験に合格して、ようやく私は「高卒程度」の資格を手に入れました。

専門学校へ行こう

それから、ようやくバイトに受かるようになり、ニートからフリーターにランクアップしました。
ところがバイト先が不況によりシフト削減。
給料は月3万くらいしか稼げず「フリーターじゃいいように使われるだけだ…」と思い始めました。

やはり正社員にならないと安定した生活は送れない。社会復帰したと言えない、と思った私は、専門学校への入学を決意しました。なぜ大学ではなく専門学校を選んだかというと、当時の私はすでに21歳だったので、大学を選ぶと就職時に25歳になってしまい、ちょっとキツイかもしれないと思ったからです。
後は、親がお金を出してくれ無さそうですし、受験も何年かかるのやら、といったレベルだったので、だったら入学試験が無くて技術を学べる専門学校にしようと思ったのです。

21歳の新入生

当時、パソコンくらいしかまともに出来ることが無かったので、プログラミングの専門学校に入学しました。
資料を10校ぶんくらい集めて、オープンキャンパスにも行き、その中から一番技術が学べそうな学校を選びました。高いお金と2年の月日をかける学校ですから、慎重に選びました。ネトゲでアイテム厳選をしている時くらい集中しました。

私がチェックしたのは

・資料を取り寄せて、そこに書かれている学習要領がしっかりしているか
・オープンキャンパスでの職員の対応、学校の雰囲気

などです。

最終的に一つのプログラミングの専門学校に選び、入学を決めました。
入学した当時は21歳で、周りはみんな高校を卒業したばかりの18歳ばかりだったので気まずいかな、と思ったのですが、みんな気にせずラフに絡んでくれて、久々に友達が出来て「人生が輝きだした!」と感じたことを覚えています。

やはり、学校は友達がいないと続きません。
私の進学したプログラミングの専門学校は、その性質上、オタク系の学生ばかりが集まったのでネトゲの話題ですぐ友達になれました。もしリア充イケメンの集まるアパレルの専門学校に入学していたら、速攻ぼっちになって退学していたでしょう…。

自分の性質、性格にあった学校を選ぶのも大切だと思いました。

就職活動を経て正社員に内定しました

2年間の専門学校時代は、私の中で黄金時代でした。
友達と一緒にプログラミングを学んだり、夏休みにみんなで集まってゲームをしたり、彼女は出来ませんでしたが楽しいオタライフを送れました。
授業で分からないところがあっても、詳しい友人に聞いて乗り越えることが出来ましたし、何よりヒキニートの時は得られなかったリアルの友人がたくさん出来たのが嬉しかったです。

就職活動では、高校中退が足かせになるかなーと思ったのですが、そんなことはなく、どの企業も技術を評価してくれました。
やはり専門学校で技術をしっかり学べば、就職活動で高校中退やニート歴が傷になることはないんだ、と思いました。

ニートはまず専門学校の資料を集めよう

高校中退ニートから専門学校に入学して、私は無事、正社員として働けるようになりました。

もし高卒、もしくは高認の資格を持っているのにニートをやっているなら、専門学校への進学はぜひオススメです。
バイトをしてもお金は稼げますが、学校生活は送れませんし、何より将来、正社員になりにくいです。

今さら専門学校なんて、と思うかもしれませんが、21歳の私でも馴染めたので、学校をしっかり選べば問題なく卒業まで楽しく学校生活を送れると思います。

もし専門学校に興味がわいたら、まずは専門学校の資料を集めましょう。
今はネットから資料請求が出来るので楽ですよ。

私が利用した資料請求サイトはマイナビ進学です。

全国の専門学校の資料請求がここから出来るので、ぜひ興味のある専門学校を探して資料請求してみましょう。

専門学校の資料(パンフ)には、授業概要やスケジュールだけでなく、学校で行われているイベント、雰囲気、就職先の詳細、オープンキャンパスの日時などたくさん情報がのっているので、ぜひ資料を集めて自分にあった専門学校を選びましょう。

皆さんの参考になれば嬉しいです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする