定時で帰れる工場に転職する方法。残業無しのホワイト工場の見つけ方とは?

f:id:moguhausu2:20150821150121j:plain
みなし残業制度のせいで毎日残業の営業マンからすれば、基本定時上がり、残業代満額支給の工場は憧れの的です。
しかし、大卒=営業orスーツ仕事という風に割り振られる事が多いため、なかなか大卒で工場に就職するのは難しいです。また、工場と一口にいっても経営が怪しい工場や、サービス残業を強要するブラックな工場もあるので注意が必要です。

定時上がりの工場に転職した人の多くは、その働き方に満足しており、営業に戻るつもりは無い、という人がほとんどです。
営業と工場、働き方が真逆な職種ですが、工場のほうが性に合っている人が営業をやっても上手くいきません。もし工場の方が向いているかも、と思ったら、ぜひ工場の求人を中心に転職活動をして、工場に転職しましょう。

そんな訳で、今回は定時で帰れる工場に転職する方法を紹介します。


なぜ工場は労働環境がいいの?

工場は残業なし、あっても残業代満額支給、など非常に労働環境が良好だと巷では言われています。
確かに工場はみなし残業や年俸制で残業代をごまかせる営業や販売職と違って、定時上がりがしやすく労働環境が良いところが多いです。

その理由は、工場の多くは労働組合を持っており、労働組合が強い工場が多いからです。

労働組合は経営者の搾取を防ぐ目的で作られた労働者の団体で、多くの工場は労働組合がしっかり機能しており、賃上げや残業の規制などをしっかり決めています。納期に追われて残業することはあっても、基本的には営業などのスーツ職ほど無茶な労働はさせられません。

そのため、スーツ組の中には「工場が良かった」とぼやく人も多いようです。

労働環境の良い工場は人気職なので、競争率も高く、なかなか求人が出ません。しかし、探せば必ず空きがあります。工場は高齢化によって定年退職する人がどんどん出てきており、若手の人材を育てたがっているところが多いのです。

大手企業の子会社が狙い目

工場といっても大規模な工場から、小規模な工場まで日本にはたくさんの工場があります。
単純作業をひたすら行う工員は、派遣社員やパートに割り振られることが多く、多少の技術が必要、将来、生産管理などの部署に上げる予定の人材は正社員というふうになっています。

目指すべきは、定時上がりが可能で残業代も満額出るホワイト工場への転職です。
ホワイト工場の条件として、まず経営がしっかりしていることが大前提です。

中小企業の中にも、ニッチ産業でトップシェアをとっており、業績が安定している工場はたくさんあります。しかし、そういった工場は求人があまり出回らず、見つけるのは困難です。また、中小企業は当たり外れも激しいので、もし業績の不安定な会社、家族経営の会社で経営者だけが儲かる工場に入ってしまったら最悪です。
大手企業の子会社なら、その点、経営がクリアで労働組合もしっかりしているので安心です。

転職初心者は、まず大手企業の子会社の工場に狙い目をつけて求人を探してみましょう。

大手企業の子会社は、基本的に親会社が安定していれば心配することは何もありません。
給料も大手企業に準ずることが多く、ボーナスや福利厚生が充実しているのが特徴です。

大手企業の子会社の工場の求人を見つけたら、すかさずストックしておきましょう。

大卒でも工場に転職出来る

よく言われるのが、大卒だと工場に回してもらえず、入社しても営業に回されるという話です。
確かに新卒採用では、高卒は工場、大卒は営業、という風に割り振られることが多いです。しかし、転職であれば大卒であっても工場に就職することは十分に可能です。

工場の工員といっても単純作業や組み立てだけが仕事ではありません。管理職になれば書類仕事も増えますし、生産管理などは数字を扱い、頭脳労働が中心になります。

工員のキャリアの最終地点は、管理する側、つまり管理職ですから、大卒でも高卒でも区別なく入ることは出来ます。

大卒は工場に就職出来ない、なんてことはありませんので、先入観を取り払いましょう。

ホワイト工場の求人は転職エージェントにあり

労働環境が優れているホワイト工場の求人は、求人誌や求人サイトにはなかなか出ません。
そこで、転職エージェントを利用して非公開求人の中に工場の求人が無いか調べてもらいましょう。

転職エージェントは大手企業の求人を任されていることが多く、その子会社の工場の求人もしっかりマークしているケースが多いです。そのため、転職エージェントを利用すれば、定時上がりの工場に転職出来る可能性がグッと上がります。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

定時上がりにあこがれている人は、スーツ職のままだと難しいことが多いです。
一方で工場ならば、定時にしっかりあがれてプライベートを充実させることが出来ます。

あなたが大卒ならば「大学出て工場職なの?」と嫌味を言われるかもしれません。しかし、大切なのは自分にあった働き方です。

より良い労働環境を手に入れるためにも、ぜひ転職エージェントのサポートを活用して、ホワイト工場の求人と出会いましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする