不動産の営業を辞めたい人が転職を成功させるコツ。残業少ない仕事に就くための就活術とは?

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain
不動産の営業職はホワイトとブラックの差が激しく、離職率の高い業界です。
それを知らずに入社してしまい、そのあまりにも激しい体育会系の文化、激務、場所によっては電話営業を終電まで強要される会社もあったりのブラックっぷりに、入社して間もなく「辞めたい」と思い始める人が多いです。

不動産業界はマンション投資の勧誘など詐欺まがいの押し売りを行っている会社もあるため、グレーな部分もある業界です。そのため、下手な会社に入ってしまうと残業代無し、朝から終電まで12時間労働、営業ノルマと詰めの文化など離職率が高いのもうなずける要素がてんこ盛りです。

今回は不動産業界の営業を辞めたいと思っている人が、転職を成功させるコツを紹介します。


こんなにヤバイ不動産業界

不動産会社に内定をもらうのは簡単です。
不動産業界、特に仲介業者、賃貸、管理部門は常に人手不足で、運転免許があればだれでもウェルカムと言われています。

ただし、仕事においては契約と売上が絶対で、勤務時間は売上がでなければ休日など無いも同然です。一見、楽そうな賃貸の担当になっても、家賃対応、騒音、ゴミ出しの苦情などクレーム対応をしなければならず、これらは成績にもならないのでトータルで考えると本当にキツい仕事です。

そんなキツイ仕事をやりぬいても、待っているのは管理職で、管理職になるとさらに苛酷さはアップします。上からも下からも叩かれて、宅建や資格の取得を強要され、独立しない限り荷馬車のように働き続けなければいけません。

鬱病になって辞めていく人も多く、3年で顔触れが大体変わると言われているくらい離職率が高いです。3ヶ月で新人が飛んでいくのは、不動産業界では、もはや当たり前の光景です。

不動産会社の内情:チラシ配りに電話営業

不動産会社の営業と募集しておいて、仕事内容は一日中チラシ配り、電話営業など、とてもスキルになるとは思えない仕事ばかりをやらされる事もあります。全国規模の賃貸不動産の営業でも、ノルマが厳しく人の入れ替わりが激しいのが特徴的です。

売上が出ないと、営業所では居場所が無くなります。
上司がクソだと最悪で、右も左も分からないままノルマ未達成で詰められたり、クビを切られたりします。

不動産業界の営業というのは、売上が0か100しかない世界です。
普通の営業であれば20,50といった数字は出ますが、不動産営業、特に一軒家やマンション販売だと0か100しかありません。

不動産の営業はどんなにやる気があっても売上がでなければゴミ扱い、という世界です。
よほどの野心が無い限り、辞めて転職をすることをオススメします。

入社からすぐに辞めるなら不動産業界の経験は捨てよう

とんでもないブラックな不動産会社に入ってしまうと、入社1ヶ月~2ヶ月で辞めたくなるのは当然の流れです。暴力や罵声が当たり前のブラック不動産会社では、ヤクザ事務所かと間違えるくらいの劣悪な環境ですから、早めに逃げるのが正解です。

しかし、そうなると経歴に短期離職という傷がついてしまいます。
特に新卒ですと、もう新卒カードは使えませんから非常に就活が厳しくなります。ブラック企業に入ってしまったという致し方ない理由があるとはいえ、やはり短期離職をフォローするにはそれなりのテクニックが必須になります。

通常、転職は前職のスキルをアピールすることが大切ですが、短期離職の場合は、あえて不動産会社での経験は捨てましょう。新卒ならば、学生時代のことをアピール。前々職がある方はそっちをアピールするべきです。

転職エージェントを使って転職を成功させよう

不動産の営業を辞めて、別業界に転職する時のコツは転職エージェントを活用することです。

転職エージェントは第二新卒、短期離職の方のサポートにも対応しており、履歴書、職務履歴書の書き方や面接でのノウハウなど転職に役立つテクニックを教えてくれます。
短期離職の場合、退職理由のフォローが難しいですが、転職のプロである転職エージェントに相談すれば、上手いフォローの文章が書けます。

特に初めての転職の場合は、1から自分でやるのは非常に大変なので、転職エージェントの手を借りるのがオススメです。

また、転職エージェントに登録すると、エージェントがあなたのキャリア相談にのってくれて、希望条件を伝えれば希望にあった求人をピックアップして紹介してくれます。
エージェントが抱えている求人は非公開求人の物もあり、全体的に厳選されており質が良いのが特徴です。紹介してもらえる求人はエージェントが事前に審査して、離職率の高いブラック企業の求人を弾いてくれるので、安心して転職活動を行う事ができます。

残業時間や職場の雰囲気、営業ノルマの有無、年収など個人では聞きにくいところも、内部情報を知っているエージェントが教えてくれるので、情報面でだいぶ有利になります。

転職エージェントは最初から最後まで無料で利用出来るので、ぜひ転職エージェントに登録して転職をしましょう。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

不動産業界は特殊な業界です。
ブラック企業も多く、営業の中でもノルマがすこぶる厳しい業界ですから「自分はダメなやつだ」と自分を責めずに、自分にあった働き方が出来る企業に転職をして幸せに働きましょう。

ぜひ転職エージェントのサポートを活用して、これだ! という仕事を見つけましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする