わがまま医者のパワハラで鬱になりそうな看護師は病院を変えよう。転職で働きやすい病院を探すコツ

f:id:moguhausu2:20150815135607p:plain
看護師の転職理由で最も多いのが「人間関係」。
看護師同士の仲違いや派閥争いなどもありますが、意外に多いのが医者からのパワハラや、わがまま医者が原因での転職です。

医者は看護師より立場が上だと思っている人も多く、看護師のミスや態度に怒鳴りつけたり、いじめをする医者も少なくありません。
看護師同士の仲が良い職場なら「あのDr酷いよね」とお互いにかばいあう文化が出来るので、まだ働きやすいのですが、看護師同士の中でも連携が取れていないと、誰か一人にパワハラドクターのいじめを押し付けるような「いじめ」に近い図式になることも珍しくありません。

こうなってしまったら、その病院に勤め続けても精神を病むだけなので、転職するべきです。

今回はパワハラをする医者、わがままな医者に遭遇した時の対処法、転職方法を紹介します。


命に関わる仕事だから怒鳴っていい訳じゃない

よく「看護師は患者さんの命に関わる仕事だから、ミスをしたら怒鳴られるのが当たり前」と言う人がいますが、それは間違いです。ミスをした時、怒鳴れば解決するというのは旧時代的な考え方で、むしろ怒鳴ることによって看護師にストレスが蓄積してしまい、さらにミスを生み出す悪循環になってしまいます。

教育と叱責は異なるもので、本来はミスした時こそ、しっかりと論理的に説明をしなければいけないのですが、とにかくミスをしたら叱責すればいいと考えている病院、医者は多いのが現状です。
その結果、病院内の雰囲気が悪くなり、ボス格である医者に逆らわないようにしようとミスを隠蔽したり、ゴマすりやスケープゴートを作ろうという悪い流れになってしまいます。

特に若い看護師、新卒の看護師はパワハラを受けても「未熟な私が悪いんだ」と自分を責めてしまいがちです。
どの職場にいっても同じようなものだ、と思い込んで、自分を責めてはいけません。過度な叱責、医者のパワハラは最悪の場合、看護師の鬱病に繋がります。
もしパワハラを受けて、これ以上、この病院で働けないと思ったら転職を考えましょう。例えキャリアが浅くても、高ストレス下のパワハラ病院で働き続けるよりは転職をして心機一転した方がずっとメリットが大きいです。

看護師という資格職だからこそ職場を主体的に選ぼう

看護師は会社員と違って、資格職であるため転職が容易です。
キャリアや経験を積むことは大切ですが「この病院で働くのはキツイな」と感じたら、主体的に転職をすることも大切です。常に緊張感を持って働かなければいけない救急病棟や、無休の勉強会やカンファレンスの多い総合病院が看護師の働ける職場の全てではありません。
病院の規模や科によって看護師のワークスタイルは異なりますから、自分にあった職場を選択することが大切です。

職場によって横柄な医者が幅を利かせている事もあれば、人柄の良い医者がいる事もあります。
人間関係は病院それぞれ異なりますから、わざわざパワハラ医者のいる職場で我慢を続ける必要はありません。ぜひ尊敬出来る医者のいる病院で働きましょう。

転職エージェントを利用して良い病院を探そう

良い病院を探すコツは、転職エージェントを利用することです。
病院の人間関係や雰囲気は、転職するにあたって外部からは分かりにくい要素です。しかし、転職エージェントは求人を出している病院のチェックをしているので、エージェントを仲介することで病院の雰囲気はもとより、残業時間や看護師の人数、医者の性格まで教えてくれます。

そのため、希望条件に「医者の性格、病院の雰囲気」を条件として出すなら、転職エージェントを活用するのが一番です。

看護師専門の転職エージェントならマイナビ看護師がオススメです。



全国規模で展開する大手マイナビの転職エージェントなので、抱えている求人数、非公開求人が多く希望条件にあった求人を見つけやすいというメリットがあります。また看護師の転職ノウハウを知り尽くしたエージェントが担当となり最後までサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもぐっと楽になります。

エージェントを仲介することによって、病院の雰囲気や福利厚生、労働条件などを教えてもらうことが出来ますから、労働条件の悪いブラックな病院を避けることも出来ます。パワハラ医師がいる病院は看護師の労働条件が悪いところが多いため、なるべく労働条件の良い病院を選びましょう。

マイナビ看護師は非常勤の求人もカバーしているので、フルタイムはもうきつい、非常勤で自分の時間を確保したい人にもオススメです。
ぜひ転職エージェントを活用して自分の肌にあった病院の求人を探しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする