20代で社畜になるな。転職をして自分らしく働ける会社に移動しよう

20代の人にとって転職をするという行為は一大イベントのように感じます。これまで慣れ親しんだ仕事を辞めて、転職活動をして内定を得る、となると、やはり脳裏に浮かぶのは大変だった新卒時の就職活動のこと。
お祈り続きで精神的にも辛い思いをして、やっと取れた正社員の内定です。転職するとなったら、またあの時のような苦労を背負うのではないか、という恐怖感が転職の大きなハードルになっていることが多いようです。

しかし、新卒時の就職活動と転職活動は大きく異なります。
転職では自分の強みが新卒時よりもはっきり分かりますし、社会を経験したことによって仕事の本質や、理想と現実のギャップを認識出来ていますから、新卒の時のように無理に高望みしたり、逆に自分を低く評価しすぎるといったミスも避けられるはずです。

むしろ、転職が容易な20代のうちに、自分らしい働き方ができる会社に転職すべきなのです。

今回は20代で社畜にならず、ちゃんとした社会人になるための転職のコツを紹介します。


社畜は主体性がなく惰性で働いている

最近、よく聞くようになった社畜という言葉は、会社に依存して主体性のない働き方をしている人や、会社のために自分を犠牲にして働いている人を指す言葉です。
基本的にネガティブな意味を示しています。

社畜になりやすい人は、真面目な人、責任感が強い人、手を抜けない人、他人の意見に流されやすい人などです。

「転職したほうが良いのは明白だけど、転職する自信・勇気がない」

という人も、社畜に多いですね。

しかし、惰性で働いて会社に止まっても、なんのプラスにもなりません。
あなたが50代後半で、あと少しで定年だというのなら会社にしがみつくのもわかります。しかし、20代で会社にしがみつくのはナンセンスです。

20代は転職によるキャリアチェンジが最も簡単な年代で、転職においても選択肢はたくさんあります。
なんとなく会社に入って、ちょっとブラックだけど、転職は難しそうだからなんとなく続けている、といったタイプのぬるい社畜が最も危険で、30代になってから「この会社やばいかも」なんて思って転職しようと思っても、難易度がグッと高くなっていて後悔するはめになります。

もし「今の会社に勤めても将来は暗いな」とおもったら、すぐに転職の準備を始めるべきです。
今動くか動かないかで、10年後の年収は大きく変わります。30代、40代になっても年収300万以下では、あまりにも辛いですし、仮に年齢が上がった時に会社が倒産したら途端に生活が困窮することになります。

転職は準備して掛かれば楽勝

転職は大きな時間と労力を使います。しかし、しっかりと準備をしておけば新卒時のように内定が出るまで時間がかかったり、ブラック企業に入ってしまうようなことはありません。
逆にいえば、新卒時に企業選びに失敗した人ほど、転職をするメリットは大きいのです。なぜなら、今いる企業がブラック企業ならば、ある程度、下のラインの目安がつけられるからです。

例えば、残業を月に40時間していて、それが不満ならば残業が月20時間もしくはそれ以下であることを基準に求人を取捨選択すれば良いのです。

転職で最も大事なことは、転職先に求める希望条件を明確にしておくことです。新卒時にはいまいち分からなかった残業時間の目安や年間休日、年収カーブなども、一度、社会人を経験することによって、より明確にラインが引けるようになっているはずです。

そのため、転職は新卒時よりも具体的に企業選びの条件を出すことが出来ます。

転職の際は転職エージェントをうまく活用しよう

転職時に負担になるのは、面接の他に書類作りや求人のチェック、企業の提示する条件や年収、残業時間のチェックなどがあります。正直、これらを全て自分一人でやろうとすると、負担が大きすぎてまいってしまいます。
今の企業に勤めたまま土日だけで転職の準備をしようというのであれば、時間はいくらあっても足りません。

 そこでオススメなのが転職エージェントを活用することです。
転職エージェントは転職者を1からサポートしてくれるサービスで、無料で利用することができます。履歴書や職務履歴書などの書き方、アドバイスから転職時の面接のノウハウ、そしてあなたの希望条件にあった求人を紹介してくれます。

転職エージェントの抱えている求人は、事前にエージェントが審査しているのでブラック企業に応募してしまう危険性がなく、また労働時間や年収、企業規模など詳しい内部情報もエージェントを仲介すれば分かるので、一人で求人を取捨選択するよりもずっと豊富な情報をもとに求人の吟味ができます。

一人で転職をするとなると、どうしても不安になってネガティブになりがちです。しかし、相談出来るプロがいれば、精神的にもグッと楽になりますよ。

オススメは20代・関東の転職エージェントならハタラクティブ

オススメの転職エージェントは20代・関東での就職を希望なら20代特化の就職エージェント【ハタラクティブ】がオススメです。



ハタラクティブは20代を専門で取り扱う転職エージェントで、若手の人材を希望している企業の求人数が多く揃っており、サポートも充実しています。

登録者を20代の若手に限定しているので、難易度の高い28歳からの未経験の他職種転職など、フォローする方法をしっかり持っており、エントリーシートの作成方法や面接の受け答えのノウハウを教えてくれます。
そのため、書類通過率、内定率も高くなっています。

ハタラクティブのエージェントは転職活動の基礎のノウハウを熟知しているので、ぜひ相談してみてください。一人で悩んで書くよりも、プロに相談しながら履歴書や職務履歴書を作ったほうがずっと効率的です。

もちろん、求人もエージェントが事前に会社訪問をして審査をしていますから、ブラック企業の求人に当たる可能性もありません。
関東圏で就職を希望する方はぜひ利用してみましょう。

 ハタラクティブは登録後に担当者から確認の連絡があります。
平日10~21時であれば1時間以内に。上記時間帯以外は、翌日の朝、土日祝の場合は月曜の朝に連絡がきます。
電話を取り逃がさないために、要望のところに連絡して欲しい希望の日にちや時間を書いておきましょう。
 また、面談は渋谷駅近辺のレバレジーズ社で行います。渋谷までのアクセスを確認しておきましょう。

【ハタラクティブ】登録ページはこちら

関東以外で転職希望の場合はリクルートエージェントがオススメ!

関東以外でオススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。またキャリアカウンセリングの満足度も高く、他業種転職や未経験の職種への挑戦など、新しいキャリアへの道を見つけたい人にもうってつけのエージェントサービスです。

リクルートエージェントの面談では転職相談の他に、キャリアプランの参考モデルなどを教えてもらえますから、今後の転職活動の参考にもなります。様々な業界の求人を扱っているので、今まで知らなかった新しい分野に出会える事もありますよ。

20代で転職未経験だと、どうしても転職は怖いもの、難しいものだと思ってしまいがちです。
しかし、社畜になって惰性で働くくらいなら、思い切って転職をしたほうが将来的にも良い結果をもたらす可能性が高くなります。もし新卒時になんとなく就職して、不満はあるけどダラダラ働いてしまっているのであれば、20代のうちに「主体的に仕事を選ぶ」ということをやっておきましょう。

ぜひ転職エージェントのサポートを活用して、これだ! という仕事を見つけましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする