留学経験を就職活動の武器にするなら海外勤務OKかダメかスタンスをはっきりさせておこう。外資系企業や商社など違いを理解しよう

新卒にしろ転職にしろ、留学経験を武器に就職活動をするなら海外勤務OKか否かをはっきりさせておかないと、応募するべき求人が定まらなくなります。
日本は英語が喋れる日本人の需要が多いと言われています。しかし、実際に求められるスキル・人材は語学力よりも現地に赴任して営業が出来るバイタリティです。

そのため、英語や留学経験を仕事に活かしたいけれど海外赴任は嫌だ、という人は就活において戦略を練る必要があります。

例えば商社系の営業は、まさに海外赴任が必須の職業で、留学経験を武器に就活をすれば内定は貰えますが海外赴任必須になるでしょう。一方、外資系企業の日本法人などであれば、本社の人間との交流に語学力が必要ですから、英語力は求められますが海外赴任は無いことが多いです(本社に出張はありますが長期滞在は珍しいです)。

よって、海外赴任はしたくないけれど日本で英語力を活かした仕事がしたい、というなら外資系企業を狙いましょう。

今回は留学経験を活かして就職活動をする時のコツを教えます。


自分の英語力を把握しよう

まず就職活動をする前に、自分の能力がどれくらいあるのか理解しておく必要があります。TOEICが600~700点以上あれば、外資系企業でも商社でも問題ありません。しかし、TOEICが500点以下などになってくると、英文でのメールのやり取りも怪しくなってくるので就活において不利になります。
できればTOEICは600点以上を取っておくのがベターです。

会社によって求められる英語力は異なります。
英語の商談を求められる企業もあれば、メールのやり取り程度のところもありますから、自分の英語力にあった求人に応募することが大切です。仮に自分の能力以上の企業に入ってしまうと、辛い思いをすることになります。英語力は簡単には身につきませんから、まず自分のレベルを把握して、身の程にあった求人を探しましょう。

ほとんどの求人はTOEIC○○点以上、とボーダーを出しているので、それを参考にしましょう。

留学経験よりも「何故留学したのか」という点を見られる

留学経験そのものは珍しいものではありません。それよりも、就職活動で必要なのは何故留学をしたのか、なぜその国を選んだのか、どんなことに何を意識して取り組んだのか、といった「なぜ?」という点です。

論理的に理由を説明出来なければ、ただ遊んでいたと思われるだけです。
留学経験によって得た国際力、適応力、バイタリティなどをアピールしましょう。文化の違いを感じたエピソードや現地人との交流などのエピソードがあれば、それらを前面に押し出したアピールをすることをオススメします。

日本人同士でつるんで遊んだ事をアピールしても意味がありません。
せっかく留学をしたのですから、留学先でしか出来なかったこと、得られなかったものをアピールしましょう。

英文レジュメや英語面接の準備をしておこう

多くの外資系企業、語学力を条件に敷いている求人では英文レジュメの提出や英語面接が必須となっています。
どちらもコツさえ掴んでしまえば簡単に対策出来るのですが、なかなか参考になる資料が少なく、準備が不十分だと合格ラインに届きません。

英文レジュメには定型文が、英語面接にはテンプレートがありますから、まずは定型を学んで、そこに自分の解答をしっかり書いて準備しておきましょう。

また英語面接では、マナーが日本の面接と異なります。

Interviewのコツはyoutubeなどにもありますから、参考にしましょう。

www.youtube.com

上記動画では、英語面接でしばしば聞かれる質問を取り上げています。

海外勤務について考えよう

海外勤務の経験があると、キャリア的にはとても大きな強みになります。
現地では英語を嫌でも使うことになるので、語学力の伸びは非常に大きいです。

また、海外勤務の経験がある人材は貴重ですから、年収の伸びしろもとても大きいです。

しかし、当然ですが日本とは勝手が違うので苦労することもありますし、家族や友人とは気軽に会える距離ではなくなります。

海外勤務をやってみるか、それとも日本で英語を使う仕事に就くか、キャリアとしてはかなり大きな分かれ道なので真剣に考えておきましょう。

もし海外勤務NGならば、外資系企業の日本支社や留学に関する仕事、貿易や輸入、輸出系の仕事などに就くことになります。海外勤務NGだからといって仕事の幅が狭くなるわけではありませんが、年収はやはり海外勤務有りの方が高くなります。

自分の目指すキャリアやライフスタイルに合わせて、後悔のない選択しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする