収入の低い男性より激務の男性の方が女にモテない理由。結婚しても家族との時間が無ければ離婚の危機

f:id:moguhausu2:20150612153930j:plain
収入の高さは男性のステータスとしてしばしば取り上げられますが、実は年収の高さよりも休日数の多さ、世暇時間の多さが恋愛において関係していることが多いということを知っていましたか?

よく「仕事と私どっちが大事なの?」という台詞がドラマなどで出ていますが、現実もまさにあの通りで、女性は恋人関係におけるパートナーと一緒に過ごす時間を大切にします。いくら将来のために仕事に集中したいと男性が説得しても、理解を示してくれる女性は少ないです。
特に若い女性は構ってくれない事に不満を持ちやすく、年収の高い男性よりも、より一緒に時間を過ごしてくれたり気をかけてくれる男性に心を惹かれます。

逆に、最初から結婚が視野に入っている20代後半~30代の女性は一緒に過ごす時間よりも年収を重視します。

しかし、それでも女性は構ってほしいタイプが多く、放置を嫌います。

そして驚くべきことに、時間はあるけど収入の低い男性と高給激務の男性、どちらがモテるかというと、収入の低い男性に軍配が上がったのです。

今回は収入の低くても時間のある男性の魅力について紹介します。


収入が低くてもモテる男性は女性に気をかけている

収入が低くても、彼女がいたり結婚している人は大勢います。逆に高給激務の男性の方が独身率、彼女いない率が高い傾向にあります。このような結果が出たのは、女性や恋愛にかける時間の差であると言われています。
というのも、女性はいくら収入が多くても構ってくれない男性と恋愛、結婚をしたいと思いません。
特に子供を欲しがっている女性であれば、夫が子育てに参加してくれないとなると、いくら収入が多くても心細く感じます。

また子育て中は精神的に不安になりやすいですから、その時にパートナーが話をちゃんと聞いてくれないと、女性は不満を持ちます。産後離婚という言葉があるように、産後に離婚する家庭は非常に多いです。
その理由は、やはり夫が仕事仕事で子育てに参加してくれない、というものが多いそうです。

一方、収入が低くてもきちんと家族や妻に時間を割ける男性は、家族関係も安定しています。
結婚で大事なのは信頼関係です。お互いを信頼出来ていれば、収入の低さも乗り越えられますし、不仲になることもありません。

収入の多さによる幸福感は年収900万で頭打ちになる

収入が多いと幸福感を感じますが、収入による幸福感はおおむね年収900万で頭打ちになるという研究結果が出ています。
それ以上は収入が増えても幸福度に関係せず、むしろ贅沢に慣れてしまい、退屈するそうです。

そうなると、多くの男性は游びに勤しんでしまい、浮気などの問題を引き起こし家庭崩壊に繋がることも多いです。

やはり、高い年収というステータスがあると既婚者でも女性は寄ってきますし、男性も仕事のストレスで遊んでしまいがち。
そうなると、妻の方も不信感や不満を覚え、妻まで不倫を始める…なんて負のスパイラルに陥る家庭が少なくありません。

いくら収入が多くても、家族がしっかり作れなければ不幸です。
もし幸せな家庭を作りたいのであれば、収入の高さを誇るのではなく、より家族との時間が作れる仕事に就くことも考えるべきです。

休日のデートや誕生日のお祝いをちゃんとしてる?

恋人関係において、女性はどんなにパートナーの年収が高くてもデートや誕生日のお祝いをしてくれない男性には愛を感じません。

「家族を養うために働いているんだ」

と男性の理屈を言っても、逆効果です。
女性は構ってもらうことで愛を感じる生き物です。お金では寂しさは埋められませんし、信頼も得られません。

休日を作りデートしていますか?
仕事を言い訳にして誕生日や記念日を放置していませんか?

仕事を言い訳に恋愛を怠けると、結局、関係は破綻します。
これはどんなに年収が高くても同じで、もし仮に関係が続いたとしても、それは空虚な関係です。年収目当ての女性と結婚したいと思いますか?

本当の信頼はお金では買えない貴重なものなのです。

将来、結婚を考えているならワーク・ライフ・バランスを考えよう

日本人はワーカーホリックが多く、特に高給取りになればなるほどプライベートの時間が無くなります。

仕事に生きるのも悪くありませんが、家族との時間や人生における仕事と家庭のバランスを、今一度見直してみる機会は作るべきでしょう。

子供は学費や教育費などお金がかかります。しかし、一番大切なのは、親と子供のコミュニケーションではないでしょうか?

家族にとって一番大切なものを、見誤らないようにしていきたいですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする