営業を辞めたい人が営業以外の職種に転職するコツ。営業から事務系や管理系になる方法とは?

f:id:moguhausu2:20150424133026j:plain

営業は利益を生み出す会社の最前線の部門と言われ、どの企業も営業所員を多く採用します。
しかし、営業はコミュニケーション能力をはじめとする対人技術が要求され、向く人と向かない人が顕著にわかれる業種でもあります。

現在、文系=営業しか仕事が無いと言われるくらい営業の求人が溢れており、事務や管理部門向きの人間も否応なく「とりあえず営業」にぶち込まれる傾向にあります。

しかし、営業に向いていない人にとって営業は地獄のような仕事内容であり、営業を辞めたいと思うようになるのも時間の問題でしょう。

営業を辞めたいと思った時、転職をして他業種に就くことは出来るのでしょうか?

下手に営業経験があるだけに「どうせだから営業をやろう」と言われないのでしょうか?

今回は営業を辞めたいと思っている人向けの、営業から他業種への転職のコツを紹介します。


営業ばかりが文系の仕事じゃない

営業は最も求人数が多く、ハローワークや転職サイトなどを見ても営業の求人だらけです。
確かに会社に利益をもたらす営業は必要不可欠な部署です。しかし、同時に生産管理や一般事務、経理、総務なども同じくらい重要な職種です。

こういった事務、管理系部門に転職するにはどうすれば良いのでしょうか?

「営業が苦手だな」

と思っている人は存外多く、事務、管理系の求人の競争率は高い傾向にあります。
しかし、営業経験があるのならば、上手くそこをアピールすれば事務・管理部門に他業種転職をすることは十分に可能です。

例えば、営業は数字に強い、コミュニケーション能力が高いといったポイントをアピールすることが出来ます。コミュニケーション力はどの部門でも必要ですから、営業の経験からコミュニケーション力をアピールするのは良い方法と言えるでしょう。

また、なぜ営業から事務・管理部門に転職したいのか? という点もしっかり煮詰めておく必要があります。

事務・管理系の仕事内容を事前に調べておき、志望動機を練っておきましょう。サポートや社内のフォローの方が得意、といった切り口でアピールする人が多く、最も無難な理由です。
一番やってはいけないのは「営業は向いていなかったから」「残業が多かったから」といったマイナスの志望動機を言ってしまうことです。営業に不向きだったとしても、表面上は前向きな理由での転職という事にしましょう。

営業を辞めたいなら徹底的に営業を避ける

意外と多いのが、営業を辞めるぞ! と意気込んで転職活動を始めたのに、お祈りを受け続けるうちに「もう営業でいいや」と同職種の転職で妥協してしまうことです。

確かに営業経験があるのですから、営業への転職が最も容易でしょう。
しかし、それでは転職の意味がありません。営業が嫌だから、向いていないから転職という道を選んだのにまた営業に戻ってしまったのでは堂々巡りです。
転職に妥協はいけません。他職種への転職は確かに難しいですが、必死に探せば必ず希望のポジションがあります。仕事は長い付き合いになるものですから、妥協をしてもまた離職してしまうだけですよ。

「うちの営業は酒を飲まなくていい」
「法人でルート営業だからノルマも無くて楽ですよ」

という甘い言葉に誘惑されてはいけません。
営業はどんな業界でも営業です。根本は変わりません。営業が嫌だな、営業を辞めたいな、と一度思ったら最後まで貫き通しましょう。

転職エージェントを利用して求人を絞って貰おう

他職種への転職にオススメなのが、転職エージェントを活用することです。
基本的に事務系や管理系の求人は未経験者ではなく経験者募集のところが多く、そういった職種に未経験で応募しても門前払いされるだけです。

そこで、転職エージェントを利用することで、未経験でもOKの事務・管理系の求人を紹介してもらいましょう。

転職エージェントは無料で利用することが出来、さらに非公開求人をたくさん抱えているので、営業を辞めたい人にはうってつけのサービスです。他職種転職の志望動機の書き方や面接での受け答えなど、転職ノウハウもしっかり教えてもらえるので、内定が出る確率も上がります。
エージェントが抱えている求人は事前にエージェント側が審査をしているので、ブラック企業や勤務条件が違う(事務で入ったのに営業をやらされる)といったことはありません。そのため、安心して転職活動をすることが出来ます。

他職種転職は転職の中でも少し難易度が高く、コツが必要です。
やはり転職のプロに直接アドバイスを貰うのが、一番の近道と言えるでしょう。今後のキャリアプランなども合わせて相談にのってくれるので、まずは転職エージェントに登録することをオススメします。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする