営業を辞めたい人が営業以外の職種に転職するコツ。営業から事務系や管理系になる方法とは?

f:id:moguhausu2:20150424133026j:plain

営業は利益を生み出す会社の最前線の部門と言われ、どの企業も営業所員を多く採用します。

しかし、営業はコミュニケーション能力をはじめとする対人技術が要求され、向く人と向かない人が顕著にわかれる業種でもあります。

現在、文系=営業しか仕事が無いと言われるくらい営業の求人が溢れており、事務や管理部門向きの人間も否応なく「とりあえず営業」にぶち込まれる傾向にあります。

しかし、営業に向いていない人にとって営業は地獄のような仕事内容であり、営業を辞めたいと思うようになるのも時間の問題でしょう。

営業を辞めたいと思った時、転職をして他業種に就くことは出来るのでしょうか?

下手に営業経験があるだけに「どうせだから営業をやろう」と言われないのでしょうか?

今回は、営業を辞めたいと思っている人向けの、営業から他業種への転職のコツを紹介します。

営業ばかりが文系の仕事じゃない!事務部門への転職という選択

営業は最も求人数が多く、ハローワークや転職サイトなどを見ても営業の求人だらけです。

確かに、営業は会社に利益をもたらすので、必要不可欠な仕事です。

しかし、同時に生産管理や一般事務、人事、経理、総務といった事務部門も同じくらい重要な職種です。

こういった事務、管理系部門に転職するにはどうすれば良いのでしょうか?

「営業が苦手だなぁ」

と思っている人は存外多く、事務、管理系の求人の競争率は高い傾向にあります。

しかし、営業経験があるのならば、上手く営業の経験・スキルをアピールすれば事務・管理部門に他業種転職をすることは十分に可能です。

例えば、営業は数字に強い、コミュニケーション能力が高いといったポイントをアピールすることが出来ます。

コミュニケーション力はどの部門でも必要ですから、営業の経験からコミュニケーション力をアピールするのは良い方法と言えるでしょう。

また、なぜ営業から事務・管理部門に転職したいのか? という点もしっかり煮詰めておく必要があります。

事務・管理系の仕事内容を事前に調べておき、志望動機を練っておきましょう。

志望動機について、具体的なアドバイスを1つ紹介します。

通常、未経験での事務に転職する際の志望動機は「気配りが得意なので、サポートや社内のフォローに向いています」といった切り口でアピールする人が多いですね。

しかし、そこから更に一歩踏み込んで

『無駄な経費をなくす改善案を、積極的に出します』

『経費をスムーズに集計することで営業の負担を減らします』

といった会社の利益になる強気のアピールを加えてみましょう。

正直な話、事務部門(経理など)は営業と違って売上を生まないので、雇うメリットを探すのは難しいです。

しかし、サポートを通して無駄をなくし、効率化を図り、結果として利益を生み出します…という攻めの切り口であれば、採用担当者も「未経験だけど、これなら期待できそうだ」と思うでしょう。

一番やってはいけないのは「営業は向いていなかったから」「残業が多かったから」といったマイナスの志望動機を言ってしまうことです。

営業に不向きだったとしても、表面上は前向きな理由での転職という事にしましょう。

事務職への転職なら、弁護士事務所や会計事務所が狙い目です

事務職の求人が多く、狙い目なのは弁護士事務所や会計事務所です。

士業は、基本的にペーパーワークが多いので、事務職員を多く雇う傾向にあります。

また事務所によっては、アシスタント業務や、ちょっとした専門業務も手伝わせてもらえる事務所もあるので、専門知識がつきます。

法律や会計の知識は強い武器になり、次回の転職でも必ず役立つでしょう。

専門知識が必要なケースもあるため、一般企業の事務より大変ですが、その分、実践的なキャリアがつきますよ。

また、事務職に採用されにくい男性でも、士業事務所では採用されやすい…という特徴もありますよ。

営業を辞めたいなら徹底的に営業を避ける

意外と多いのが、営業を辞めるぞ! と意気込んで転職活動を始めたのに、お祈りを受け続けるうちに「もう営業でいいや」と同職種の転職で妥協してしまうことです。

確かに営業経験があるのですから、営業への転職が最も容易でしょう。

しかし、それでは転職の意味がありません。

営業が嫌だから、向いていないから転職という道を選んだのにまた営業に戻ってしまったのでは堂々巡りです。

転職に妥協はいけません。

他職種への転職は確かに難しいですが、必死に探せば必ず希望のポジションがあります。仕事は長い付き合いになるものですから、妥協をしてもまた離職してしまうだけですよ。

「うちの営業は酒を飲まなくていい」
「法人でルート営業だからノルマも無くて楽ですよ」

という甘い言葉に誘惑されてはいけません。

営業はどんな業界でも営業です。根本は変わりません。営業が嫌だな、営業を辞めたいな、と一度思ったら最後まで貫き通しましょう。

営業以外でオススメの職種は、WEBディレクターやECショップ管理者です

経理や総務、人事といった事務職は、どうしても人気が高く、競争倍率が高めです。

かといって、エンジニアは文系ですとなかなか難しいでしょう。

そこで営業からの転職先としてオススメなのが、WEB業界の仕事です。

1つ目のオススメはWEBディレクター。WEBディレクターとは、WEBメディア運営を担う職種です。

昨今は、雑誌が廃り、そのかわりにWEBメディアと呼ばれるネット上のニュースサイトやコラムサイト運営が多くなってきています。

WEBメディアの中心となるのが、WEBディレクターです。

ディレクターは、ライターやイラストレーターを管理し、ユーザーを呼び込める魅力的なコンテンツを作っていくのが仕事です。

いわば制作進行のような職種で、WEBの知識は必要ですが、文系でもなれる営業以外の仕事です。

WEBの知識といってもプログラミングやデザインは必要なく、どちらかというとマーケティングや話題になりそうなテーマの選定などがメインの仕事になるので、文系でも問題ありません。

営業のように、知らない人に何かを売り込む必要もなく、WEB業界は新しい業界なので酒の慣習が無く、気持ちよく働けます。

他にも、ECショップ(楽天に出店しているネットショップなど)の管理業務なども、文系であっても就職出来ます。

注文の管理や、発送、仕入れの管理などをする仕事で、パソコン作業が出来るなら未経験でも転職可能です。

IT業界は、他にもスマホゲームのディレクター、企画者など、様々な新しい職種があるので、ぜひチェックしておきましょう。

必ず営業以外の、自分にぴったりの仕事が見つかりますよ。

転職エージェントを利用して求人を絞って貰おう

他職種への転職にオススメなのが、転職エージェントを活用することです。
基本的に事務系や管理系の求人は未経験者ではなく経験者募集のところが多く、そういった職種に未経験で応募しても門前払いされるだけです。

そこで、転職エージェントを利用することで、未経験でもOKの事務・管理系の求人を紹介してもらいましょう。

転職エージェントは無料で利用することが出来、さらに非公開求人をたくさん抱えているので、営業を辞めたい人にはうってつけのサービスです。他職種転職の志望動機の書き方や面接での受け答えなど、転職ノウハウもしっかり教えてもらえるので、内定が出る確率も上がります。
エージェントが抱えている求人は事前にエージェント側が審査をしているので、ブラック企業や勤務条件が違う(事務で入ったのに営業をやらされる)といったことはありません。そのため、安心して転職活動をすることが出来ます。

他職種転職は転職の中でも少し難易度が高く、コツが必要です。
やはり転職のプロに直接アドバイスを貰うのが、一番の近道と言えるでしょう。今後のキャリアプランなども合わせて相談にのってくれるので、まずは転職エージェントに登録することをオススメします。

オススメの転職エージェントはSpring転職エージェントです。

『Spring転職エージェント』(by アデコ)



『Spring転職エージェント』は人材会社アデコが運営するスイス資本の外資系転職エージェントです。

日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。

「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」
「フリーター、既卒or第二新卒で職歴に自信がない」
「ブラック企業から脱出したい。定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

▼ 7ステップで内定までサポート


Spring転職エージェントが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

Spring転職エージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

Spring転職エージェント 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする