30代無職・ニートが未経験から介護職の正社員に就職する方法。介護なら社会復帰が可能な理由

f:id:moguhausu2:20150808122522j:plain
30代で無職・ニートになってしまうと正社員への復帰は非常に難しくなります。

薬剤師や看護師などの資格持ちであれば就職は容易ですが、何も資格が無く技能も無い場合、30代という年齢は大きなネックになりますし、職歴が飛び飛びだったり、浅かったり、職歴無しだったりした場合はさらに就職の難易度は高く、求人に応募してもお祈りされる→やる気を失う、という負のスパイラルに入ってしまいがちです。

20代なら未経験でも就職の道はありますが、30代になると企業は管理職、リーダーシップ経験などを求めてくるため、中途採用で入れるのは飛び込み営業や電話営業などのブラック企業ばかりになってしまいます。
そんなブラック企業に勤めても長くは続きませんし、最悪の場合、精神を病んでしまいます。

やはり、30代無職・ニートからの社会復帰、就職活動となると、やみくもにやっても勝ち目はありません。冷静に、戦略を考えて立ちまわる必要があります。

そこでオススメなのが、介護職の派遣社員として働きながら介護職の資格をとって正社員になる、という進路です。

今回はそのやり方を詳しく紹介していきます。


介護職は医療系資格の最後の砦

看護師や薬剤師の転職が簡単なのはご存知ですか?
医療系の仕事は専門性が高く、資格保有が絶対のため転職市場では引っ張りだこで、転職が容易なのです。しかし、看護師や薬剤師に30代からなるのは敷居が高く、学費もかかります。

そこで最後の砦になってくるのが介護職です。
介護職は医療系で、専門的な分野ですが唯一、未経験無資格でも働くことが出来ます。未経験の場合、仕事内容は介護ヘルパーの補助になりますが、それでも医療系の中で無資格で働けるのは介護職だけです。

介護職はご存知の通り人手不足で、なり手の少なさと需要の多さがアンバランスです。
そのため、資格取得支援が強く、未経験無資格でも、派遣社員として働きながら資格取得をサポートして、資格取得したら正社員にする、という未経験者の進路が充実しています。

30代の求職者にとって、働きながら、おまけに資格取得のサポートが手厚い業界というのは介護職しかありません。

介護職に就職する人は30代、40代が多く、年齢層も比較的高いので、物怖じする必要もありません。
介護職は今や30代や40代の職の受け皿として人気になっているのです。

介護職は資格があれば転職も簡単

介護職の資格を取ると、正社員になることが容易になります。
年収は300万前後ですが、資格保有という武器は強く、例えこれまでの職歴がイマイチでも、介護職の分野では一気に強くなります。

資格があれば、正社員として働いてキャリアアップしても良いですし、派遣社員としてキッチリ定時上がり、残業なしでワーク・ライフ・バランスを重視した働き方をしても良い、と働き方を自由に選択出来ます。

私の友人は、介護職の派遣社員という働き方を選択し、夏前には一度辞めて7月~9月は海の家でバイトをするというライフスタイルの人がいます。そんな自由な働き方が出来るのも、介護職の資格があるからです。
今後、ますます需要が大きくなる介護職の資格は、私たち労働者に自由を与えてくれるパスポートのようなものなのです。

さて、未経験から介護職にアプローチする一番の方法は、就職サポートサイトを使うことです。

転職サポートサイト「DODA」を活用しよう

オススメの就職サポートサイトは、無資格、未経験でも派遣社員からスタート出来る求人を多く抱えているDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、未経験でもOKの介護職から、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

エージェントに相談すれば、資格取得をサポートしてくれる求人も探してくれます。

DODAを利用して未経験の介護職員として働き、資格を習得して介護職の正社員を目指す。これが30代後半職歴なしでも社会復帰できる有効なルートです。

また、未経験者でもしっかり介護の仕事を教えてくれる教育体制が整った施設の求人のみ吟味して紹介してくれるので、安心して働くことが出来ます。パワハラが蔓延しているブラック施設は、エージェントが事前に審査して求人を弾いているので、施設選びの失敗の危険性が無くなります。

30代無職・ニートから正社員になって社会復帰するのは、厳しい道のりです。しかし、介護職になって資格と経験を得られれば、大きな武器になります。
私の叔父も、かつて芸術家でしたが38歳から介護職にチャレンジして、今では現役の介護士としてバリバリ働いて稼いでいます。

人の役に立ち、お金を得るということは素晴らしいことです。
ぜひ介護職への就職という進路を検討してみてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする