休みが取れない激務の会社で働き続けるより転職して人間らしい生活をしよう。幸せは休日があってこそ

休みが取れない仕事をしている人は、お盆休みや夏休み、ゴールデンウィークなど長期休みも取れず、やっと取れた休みも疲れで爆睡。
そんな生活をしていませんか?

かつて日本ではモーレツ社員と称してプライベートを犠牲にして仕事に費やす人々が賛美を受けてきました。しかし、今では休みを削って仕事に専念しても、給料は上がりませんし不景気になればすぐに首を切られてしまいます。
会社に奉仕しても対価が得られない今の時代、休みが取れない仕事を続けていても良いことはありません。

今回はワーク・ライフ・バランスについて考えていきます。
休みが取れない激務の仕事を続けることのデメリットは、たくさんあるのです。


激務だと家族が作れないor家族が壊れる

激務で休みが取れない人は、まず家族を持つのが困難になります。恋愛をする時間も余裕もなく、休みの日は惰眠をむさぼるだけで終わってしまう…そんな状態がずっと続けば男性も女性も婚期を逃してしまいます。
また、仮に結婚出来たとしても、休みが取れなければ夫婦で対話する時間も取れず、子どもと向き合う時間も取れず、家庭が崩壊するのは時間の問題です。

さらに転勤などがあり単身赴任などあれば、さらに家族との距離は離れます。

仕事のために生きるのであれば、家族を切り捨てなければいけません。しかし、それでは何のために仕事をしているのか分からなくなりますし、離婚一直線です。

結婚して家族を作りたいのであれば、休みが取れない仕事は諦めるべきです。しかし、家族よりも大切な仕事なんてあるのでしょうか? もう一度、冷静になって考えてみましょう。

会社に尽くしても裏切られるだけ

どんなに会社に尽くして働いても、例えば親の介護などで第一線から退かなければならなくなった時、会社はあなたを守ってはくれません。
激務の会社では介護と仕事を両立するなんてことは不可能ですし、役立たずになった社員は退職勧奨を受けて首を来られるだけです。

福利厚生のしっかりしている、介護と仕事が両立出来る会社は普段から社員に休みを取らせています。ワーク・ライフ・バランスに理解のある会社は社員に激務を強要しません。

休みが取れない会社だからこそ、恩を返してくれると思ったら大間違いで、むしろ逆であることが多いです。激務の会社に勤めていて、今はよくても将来的に介護や何らかのトラブルで一線を退く必要に迫られた時、困るのはあなたですよ。

休日が取れない会社でのキャリアは将来性が無い

年齢が上がれば体力も落ちますし、若い時のようにバリバリ働くことは出来ません。
そのため、年齢が上がったら人を動かす管理職や経営に携わる職務に就くのが一般的です。しかし、激務の会社では基本的に経営陣や管理部門は席が埋まっていることが多く、現場あがりで管理部門に昇進出来る可能性は低い会社が多いです。

また、年齢が上がった時のために若いうちにスキルと経験を積んでおかなければいけません。しかし、激務の会社では現場仕事ばかりで、肝心の管理職の経験や経営に携わるスキルが置いてきぼりになりがちです。
現場の仕事しか出来ないまま30歳を超えてしまうと、転職も出来ず激務の会社にしがみつくしか選択肢が無くなってしまいます。

キャリアの面でも、激務の会社にしがみつく事は危険なのです。

転職して休みの取れる会社で働こう

激務の会社に勤めていると、精神的にも将来性を見ても、良い結果につながりません。
年間休日120日以上の会社に転職しましょう。有給のとりやすさも大切で、良い会社はきちんと社員に有給を取らせています。有給取得率の悪い会社は、組織が激務に慣れている可能性が高く、休日出勤なども多い傾向にありますから注意が必要です。

40代になると簡単に転職が出来なくなりますから、20代、30代のうちにワーク・ライフ・バランスの取れる会社にキャリアを移しましょう。

退職理由のフォローについてプロからアドバイスを貰おう

退職理由について、短期離職の場合はフォローが必要になります。
短期離職の後の転職、再就職だと、どうしてもマイナスのイメージが強くなってしまいますから、まずはプロの転職エージェントにアドバイスを貰うのが良いと思います。

転職エージェントでは短期離職からの転職について、十分なノウハウがあるため、自分一人であれこれ考えて書類を作るよりも、エージェントにアドバイスをもらいながら二人三脚で転職準備をした方が内定までスムーズに進みます。

特に第二新卒、初めての転職の場合はキャリアが浅い分、面接において志望動機が勝負になるので、しっかり準備をしてから応募しましょう。

転職エージェントは掛け持ちせず一社に絞ろう

転職エージェントは数多く存在していますが、エージェントを掛け持ちするとスケジュールが回らなくなるので、なるべく掛け持ちをしないことが大切です。エージェントとの相性が合わなければ、変えて欲しい旨を連絡すれば担当替えは可能です。

また、ハローワークや転職サイトで転職が決まれば、その時点で利用を取りやめてOKです。無料で利用出来るので、気軽に登録して転職に役立てましょう。

オススメの転職エージェントは転職エージェントのアデコです。

転職エージェント『アデコ』

アデコはスイス資本の外資系転職エージェントです。日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。

「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」
「フリーター、既卒or第二新卒で職歴に自信がない」
「ブラック企業から脱出したい。定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

アデコが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

アデコの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

転職エージェント『アデコ』公式サイトを見てみる

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。

転職の準備は在職中からでもOK

可能であれば、転職の準備は在職中にやっておくとスムーズに転職が出来ます。
エージェントへの登録や、履歴書、職務履歴書の準備など、少しずつ準備をしておけば空白期間を短くすることが出来ます。転職エージェントは土日でもキャリア相談可能ですので、まずは求人のチェックやキャリア相談を受けて、自分のキャリアの方向性をしっかり決めましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする