入社1年未満で会社を辞めると再就職は出来ない?第二新卒の嘘とホントを教えます

f:id:moguhausu2:20160315122439j:plain
「内定を貰って入社したけど、何かが違う」
「イメージと違っていた。自分のやりたいことじゃなかった」
「ブラック企業過ぎて今すぐ辞めたい」

せっかく就職活動を終えて、内定をもらい入社をしても上記のように違和感を覚えて、入社1年未満で辞めてしまう人は年々増えています。
新卒三年未満の離職率は七五三と言われており、大卒は3割、高卒は5割、中卒は7割の新入社員が入社3年未満で辞めていきます。

いくらミスマッチだった、と言っても入社1年未満だと再就職は難しいと世間一般では言われています。

しかし、本当に入社1年未満で会社を辞めると再就職は不可能なのでしょうか?
新卒の時、あれほど苦労した就職活動をまたやらなければいけないのでしょうか?

 結論から言うと、第二新卒での就活のやり方を知っていれば問題なく再就職は可能です。
今回は入社1年未満で会社を辞めてしまった人を対象に、再就職の方法を紹介します。

ミスマッチが発生したら早めに転職するべき

f:id:moguhausu2:20160428132852j:plain
「自分のやりたかった仕事と違う」

というミスマッチが起きた時、多くの人が三年は我慢しろ、といいます。
三年やれば仕事の面白さが見えてくるし、職歴に3年の経験があれば転職でも有利になる、という事からそういったアドバイスをするのでしょう。

しかし、三年という月日は長いです。いまこの瞬間、ミスマッチによってやる気を失っているのに三年我慢しろというのは、あまりにも酷ですし長過ぎます。

むしろ早めに退職をして第二新卒として別の仕事に就く方が幸せになれる可能性が高いです。

直感的に「この会社(業界)は合わないなぁ」と思ったら、それを信じるべきです。直感や感覚というのは馬鹿に出来ません。チャラいテニサーとオタクが相容れない関係であるように、文化や雰囲気に馴染めないと直感で感じれば、おおむねそれは正しいです。

文化や雰囲気、仕事や人間関係は変えることが出来ません。ミスマッチが起きたら、転職をするか我慢するかの二択しかないのです。

入社1年未満で辞めるのはデメリットが大きすぎると思う方もいると思います。
しかし、実は第二新卒の需要は大きく、入社1年未満でも再就職は問題なく出来るのです。

第二新卒の需要は大きい

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
現在、20代の人材需要は大きく、新卒の学生は奪い合いになっています。
しかし、大手以外はなかなか新卒を採るのもコストがかかりますから、若い人材をとるのにどの会社も苦労しています。

一部の優秀な学生が内定を複数持って、内定辞退をするので新卒の採用数が予定より少なく補充しなければいけない、という会社が多いのです。

そこで需要が大きくなっているのが第二新卒です。
第二新卒とは入社三年以内に辞めた22歳~25歳を指し、基本的なビジネスマナーを学んだ若手社員として扱われます。

第二新卒の需要増加によって、20代なら職歴が少ししかなくても、積極的に質の良い求人を紹介してもらえます。

入社1年未満で効率よく再就職するには、転職エージェントを利用するのが一番オススメです。

第二新卒なら転職エージェントを使うことで楽に転職・再就職が出来る

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain
転職エージェントというと、ハイキャリアの求人やヘッドハンティング、実績のある即戦力人材に求人を斡旋するサービス…という印象が強いかもしれません。

しかし実は、転職エージェントはハイキャリア以外に第二新卒の転職や若手フリーター、非正規社員からの就職活動など、幅広いユーザーのサポートを行っています。

前述した通り、第二新卒、ならびに20代の若手人材の需要は大きいです。
今後、少子高齢化によってますます企業は20代を取り合うようになるでしょう。

そこで転職エージェントは、企業の需要を満たすべく、若手人材の就職や転職サポートを手厚く行っているのです。

転職エージェントは、報酬は企業から払われるので利用者である私達は最後まで無料で利用出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当者があなたの希望条件や職歴などをヒアリングして、二人三脚で転職・再就職を手伝ってくれます。

エージェントを使うメリットはざっくり分けて3つあります。

1:履歴書や職務経歴書などの書類作成、面接ノウハウなど転職活動を全面的にサポートしてもらえる

2:エージェントが厳選した、優良な求人を紹介してもらえる

3:転職のプロによるアドバイスを貰えるため、一人で悩む必要がなくなる

新卒時の就職活動では、どうしても一人で行う必要がありました。
新卒の就職をサポートする民間企業は少なく、どうしても情報収集から書類作成、求人選びまで自分一人でやらなければいけないケースが多いです。

しかし、こと転職や再就職となると、優秀な転職エージェントのサービスが無料で使えるようになるので、新卒時よりグッと効率的に動くことが出来ます。

特に20代は転職エージェントにとっても紹介したい人材ですから、しっかりサポートしてくれます。
(逆に、40代、50代の再就職などはエージェントのサポートが薄くなります。求人そのものが少ないため、どうしようも出来ないのです…)

転職や再就職となると、新卒時の大変さを思い出して踏みとどまる人も多いですが、エージェントを使えば負担は大幅に減ります。

在職中でも、退職後でも利用出来ますから、まずは転職エージェントに登録し、担当者と面談をして求人を見せてもらう事をオススメします。

エージェントを利用する・しないは、個人で決めることが出来ますし、エージェントも押し売りはしてきません。
ですから、お試しでの登録、お試しの面談も気軽に行えます。

「自分が転職出来る求人はどんなものがあるんだろう?」

という疑問にしっかり答えてくれます。一人で悩むのではなく、エージェントのアドバイスや求人紹介を受けて、材料を検討しつつ、具体的に今後の進路を考えていきましょう。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする