社内ニートは辛いし逃げられないから転職した方が楽になる。仕事が無い事の恐ろしさとは?

社内ニートという言葉を知っていますか?
社内ニートとは、かつての窓際族とニており、仕事が出来ないというレッテルを貼られた人や上司に嫌われた人が、仕事を与えられず村八分にされ、就業時間中ずっと座っているだけ、何もすることが無く暇を潰しているだけの人を指します。

社内ニートという言葉だけを抜き出すと「仕事しないで金貰えるなんて最高じゃないか」と思うでしょうが、実際は何もせず8時間ぼーっとするのは苦行以外の何物でもありません。他人の監視がなく、割りきってネットゲームでもやれれば逆に良いのでしょうが、周りの目がありますから、いくら仕事が無くても大々的に遊ぶわけにもいかず、結局、ネットサーフィンくらいしか出来ません。

自己退職を迫る追い出し部屋でも社内ニートは相手を追い込む方法として使用されており、対象者から仕事を奪って「社内ニート」にして精神的に追い込みます。

今回は社内ニートについて、いかに辛いのかという事と社内ニートからの脱出方法を紹介します。


自然発生する社内ニートの仕組みとは?

社内ニートは追い出し部屋などの故意的な発生の他に、自然的に発生することもあります。よく新入社員が「やることがない」と嘆いている事がありますが、新入社員は時おり社内ニートになりがちです。出来る仕事が少ない、教える人も忙しい状態になると新入社員に出来ることは何もなくなり、机に座ってぼーっとしているだけ、仕事をしているフリをするだけ、という状況に追い込まれます。

仕事が無いからといって、帰ることも出来ず、かといってダラダラ遊んでいたら先輩に怒られる…という状況は非常に辛いです。アルバイトでも、お店が忙しいと大変ですが時間の進みが早くなりますよね。逆に暇だと時間の進みが遅く、逆に嫌だという意見が多いように、やることがない社内ニートは忙しい人より精神的にキツいのです。

また、同じように新入社員でなくとも仕事が出来ない人は「あいつはミスをするから重要な仕事は与えるな」という流れが周囲で出来上がり、仕事が割り振られず社内ニート化することが多いです。会社の利益を考えた合理的な判断の結果ですが、仕事が出来ない人はずーっと成長出来ず、仕事が出来ないまま給料だけ貰う給料泥棒になってしまいます。本人も辛いですし、周りも「あいつだけ定時に帰りやがる」とイライラしますね。

故意的に作られた社内ニートではなく、自然な流れで社内ニートになってしまった場合は脱出が難しく、暇すぎて鬱になってしまいます。人は仕事を任されることで、必要とされている、社会に参加しているという承認欲求、所属欲求を満たすことが出来ます。
しかし、社内ニートはそれを満たせないので、罪悪感と欲求不満、そして将来への不安だけが募ります。

社内ニートは、ある意味では、社会人の中で最も不幸な立場の人間といえるでしょう。
窓際族なら、まだ定年がもうすぐ、というゴールが見えていますが、社内ニートは若い人が多く、ニート化を受け入れるのは難しいです。

社内ニートから脱出する方法

新入社員であれば、先輩社員が暇になるまで我慢し、先輩社員の仕事が落ち着いたら声をかけて仕事を教えてもらいましょう。
仕事が出来ないために社内ニートになってしまった人は、まず社内の人とのコミュニケーションを見直し、根回しをする必要があります。例えば、誰でも出来る雑用やお茶くみを積極的に行い、やる気をアピールする、存在感をアピールして「仕方ないなぁ」と仕事を与えてもらう。
そして、頑張ってミスを無くし「そろそろあいつにも仕事を任せても大丈夫だろう」と思ってもらえるよう努力しましょう。

しかしながら、仕事が出来ない人が社内ニートから脱出するのは、簡単ではありません。
一度レッテルを貼られると、同調圧力によって仕事を与えちゃいけない雰囲気、空気というものが出来上がります。そうなると、なかなかイメージを挽回するのは難しいです。また、上司から嫌われて仕事を奪われた場合は、上司が異動するかやらかして左遷でもされない限り、社内ニート脱出は難しいでしょう。

一番手っ取り早い社内ニート脱出法は転職をすることです。

社内ニートはキャリアにも関わりますから、だらだら社内ニート状態で会社にしがみついていても仕方ありません。ブラック労働で過労死するよりはまし、と思いがちですが、社内ニートは精神的な辛さはブラック労働に匹敵します。
精神的な健康のためにも、自分のキャリアを守るためにも、社内ニートになってしまったら転職をしてリセットすることをオススメします。

転職エージェントを利用しよう

社内ニートの利点は、転職する時間が豊富にあるということです。そのため、在職しながら転職活動をすることが出来ます。オススメは転職エージェントを利用して、在職したまま転職活動をすることです。

面接や会社からの連絡は平日に行われることが多いですから、いくら社内ニートでも社内で転職の電話を受けるわけにはいきませんよね。しかし、転職エージェントを利用すると、転職エージェントが企業と連絡をとってくれますから、時間のミスマッチを防ぐことが出来ます。
面接日時もエージェントを通せば交渉が簡単で、例えば平日の夜8時などに調整することが出来ます。

在職中に転職活動をするなら、エージェントのサポートが必須です。

また、社内ニートを繰り返さないためにもキャリア相談をしてみましょう。もしかしたら、今のキャリアがあなたに合っていなかったり、新しいキャリア、進路が見つかるかもしれません。転職エージェントは転職のプロですから、キャリアについて適切なアドバイスをくれますよ。

オススメの転職エージェントは転職エージェントのアデコです。

転職エージェント『アデコ』

アデコはスイス資本の外資系転職エージェントです。日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
ハイクラスの転職から20代・第二新卒の転職、非正規社員からの就職まで幅広く対応しており、初めて転職・就職をする人にもオススメのエージェントです。

アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

アデコの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

転職エージェント『アデコ』 公式サイト

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職を成功させましょう。

社内ニートはなってみないと辛さは分かりません。会社にいるのに仕事が無いという事の恐ろしさ、孤独感は精神を蝕みます。社内ニートからうつ病になる人も多く、すぐに手を打つべき問題です。

もし社内ニートになってしまって、どうしようもない状態なら、ぜひ転職エージェントのサポートを活用して良い求人と出会いましょう。社内ニートの唯一のメリットは在職しながら転職活動をするのが容易という点です。
社会人として、やりがいのある仕事に就きたいものですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする