TOEIC700点で転職活動するなら年収600万以上を狙うのが基本!語学力を武器に強気の転職をする方法

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain
英語は転職活動において武器になる、というのは良く聞く話ですが、具体的にはTOEIC何点以上から武器になるのでしょうか?
転職活動のプロである転職エージェントに問い合わせたところ、TOEIC700点以上で外資系や語学を活かしたポジションに関われるか否か足切りが行われるそうです。

TOEIC700点というと、なかなかの高得点に感じますが、TOEICは形式的なペーパーテストなので留学などの経験が無くともしっかり対策をすれば700点に届きます。

しかし、TOEIC700点をとっても、それだけでは転職活動を成功させる事は出来ません。語学力をいかにアピールするか、どうやって仕事に活かすかを面接の場で答えられなければ「ただTOEICが得意な人」として低評価を受けてしまいます。

今回はTOEIC700点をとった方が年収600万以上の正社員に内定する転職のコツを紹介します。


TOEICが出来ても英会話が出来なければ使えない

よく聞く話が、TOEICの点数は高いけれど英会話になると全然喋れない、という話です。
TOEICはあくまでペーパーテストですから、リスニングはあれどライティングやスピーキングのテストは一部を除いてありません。そのため、TOEICの点数は高くてもいざ英会話になると全然言葉が出てこない、英会話にならないという人がとても多いです。

英会話は実践練習が大切です。自分の意志を伝える時に、どの表現を使えばいいのか、反射神経でパッと答えられる能力を身につけなければビジネスでは使えません。
もしTOEICの点数をとったけれど英会話の経験が無ければ、まずオンライン英会話や英会話スクールに通って英会話の「慣らし運転」をしておくことをオススメします。私も留学後は英会話のNOVAに通い、英会話力を維持してから転職活動をしました。
詳しくは下記の記事をご覧下さい。

www.hazimetetensyoku.com

また、英語力は使わない期間が長ければ長いほど腐っていきます。
英語力を落とさないためにも、英会話スクールに通ったり、勉強を持続する環境を作っておくことが大切です。

英語面接の練習もしっかりしておこう

英語力を活かした転職といえば外資系が思い浮かびますが、外資系の面接の多くはネイティブスピーカーが相手の英語面接です。
英語面接となると、多くの人が慌ててしまい失敗することが多いです。しかし、コツさえ掴んでしまえば使う単語やフレーズはそれほど難しくないので、英語面接の対策本を読んだり、事前に英語面接の練習をしてもらい、しっかり対策をしておきましょう。

後述しますが、外資系転職に強い転職エージェントを活用すると、英語面接をしてくれるので便利です。

自分を安売りしない!年収600万以上を狙おう

近年、無駄に英語力を要求する企業が多くなりました。楽天の社内英語公用語など、日本人相手なのに無理やり英語を使って話すなど、突っ込みどころ満載のなんちゃってグローバル企業が増えてきています。

英語はあくまで海外の人とコミュニケーションをするのに使用する共通言語です。日本人同士でコミュニケーションするなら日本語で良いのです。

こういった無駄に英語力を求めてくる企業の多くは、実際に入ってみたら英語もたいして使わず年収も低い、キャリアアップも出来ない企業であることがほとんどです。英語力を活かしたキャリアプランを立てるのならば、こういった企業を受けず、求人をしっかり吟味することが大切です。

また年収も高めに設定しておきましょう。TOEIC700点以上の人材は、やはり希少価値が高いものです。
初期の年収を低く提示してくる会社は、買い叩きをしていますよと主張しているようなものですから、将来性を考えても期待は出来ません。キャリアにもよりますが、中途で転職するならば年収600万以上を狙って行きましょう。
外資系企業の営業であれば、年収600万はひよっこレベルの年収です。英語力を活かしてバリバリ働くのであれば、ぜひ1000万プレーヤーを目指しましょう。

外資系に強い転職エージェントを活用しよう

外資系企業の求人の多くは、転職サイトに出まわらず非公開求人として転職エージェントが握っていることが多いです。
外資系企業は他社の人材をヘッドハンティングすることが多く、わざわざ公募する必要がないからです。そこで、転職エージェントを使って外資系企業やグローバルな活躍が出来る優良企業の求人に応募しましょう。

オススメの転職エージェントは転職エージェントのアデコです。

転職エージェント『アデコ』

アデコはスイス資本の外資系転職エージェントです。日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。

「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」
「フリーター、既卒or第二新卒で職歴に自信がない」
「ブラック企業から脱出したい。定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

アデコが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

アデコの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

転職エージェント『アデコ』公式サイトを見てみる

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。

しかし、覚えておいて欲しいのは、TOEIC700点はあくまで足切りラインだということです。面接では英語に加えて何が出来るのか、今後どういったキャリアを積んでいきたいのかを問われますから、その点も含めて転職のプロであるエージェントと相談して考えておきましょう。

外資系企業では男女関係なく年収1000万プレーヤーが多く存在しています。仕事も世界を相手にしたやりがいのある仕事なので、ぜひTOEIC700点を武器にチャレンジしてみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする