入社3年目で転職をする時のコツ。年収アップや待遇改善を確実にする転職のやり方とは?

入社3年目になると、そろそろ自分のキャリアや将来の展望も見えてくると思います。
他社と比べて年収が高いか低いか、残業時間は多いか少ないか…などなど、入社3年目になると今の会社に勤め続けるか、それとも転職するかの材料が客観的に見えてくる頃ですね。

正社員の人材不足が顕著になり、転職市場が活発な昨今、職歴2年~3年の20代の正社員は転職しやすい売り手市場になっています。そのため、転職をしてキャリアを変えたい、キャリアアップしたい、休みの多い会社、給料の多い会社に移りたいという転職希望組にとっては良い時代と言っていいでしょう。。

しかし、転職はやり方を間違えると年収ダウンやキャリアアップの失敗、思っていたよりも満足度が低く短期離職してしまう、など取り返しがつかない失敗に至ることもあります。最悪なのはブラック企業に入ってしまい、心身ともに疲弊してしまうことです。

社会人として3年働いたのならば分かっていると思いますが、社会には罠がたくさんあります。やり方も分からず適当に転職活動を始めてしまうと、あっという間に転落してしまいます。

ここでは、入社3年目の転職で失敗しないためのコツを紹介します。


なぜ転職したいのか理由を明確にしよう

何となく転職したい、という曖昧な理由で転職をする人はいないと思いますが「理由が曖昧なまま転職活動を開始する」というのが一番ダメな転職の始め方です。
転職において一番大切なのは希望条件です。例えば、年収が低いから今より年収が100万アップする会社に入りたい、昇給がしっかりした会社に入りたい、年間休日を増やしたい、他業種でやりたいことが見つかったので未経験でもしっかり教育してくれる会社に入りたい…など、具体的にどんな会社に転職したいのかイメージを作っておかなければ転職のしようがありません。

もし、この希望条件を曖昧にしておくと、ブラック企業の求人にありがちな甘い言葉に騙されてしまったり、せっかく転職したのにイメージと違った、などミスマッチが起こってしまいます。

転職は今の会社では出来ないこと、不満点を解消するために行うのが基本です。
まずは転職先に望む希望条件を書き出してみましょう。待遇でもキャリアでも、何でも良いです。セクハラやパワハラが無いところ、などの理由でも構いません。新卒の就職活動の時とは違い、転職活動ではこれまでの社会人経験をもとに自己分析が出来ますから、希望条件もなるべく具体的に書きましょう。

これまでのキャリアを見直してみよう

入社3年目にもなると、管理職以外の仕事は一通り経験したと思います。現場での経験は転職においてアピールすべき強い武器であり、できれば具体的な数字を伴った経験があると転職する際に強くアピール出来ます。
もちろん、具体的な数字で結果を示せない経理や総務などの事務職であっても、自分がどんな経験をして、どんな工夫をしたか、アピールポイントを書き起こす必要があります。どんなに小さな仕事でも3年間やってきたのですから、必ずアピール出来る経験があるはずです。

また、これまでの経験から、自分の得意分野、不得意分野が見えてくるはずです。そこも踏まえて、転職の方向性を明確にしていきましょう。

同業他社に転職するのか、まったく未経験の他業種に挑戦するのか、職種は今と同じにするのか別の職種に挑戦するのか、など、方向性は多種多様です。入社3年目であれば、まだまだ20代ですから、未経験の仕事にチャレンジする事を恐れてはいけません。自分のやりたいこと、輝ける仕事をしっかり探して転職の軸を作りましょう。

結婚やマイホーム購入などライフプランも考慮しよう

20代後半、アラサーに突入すると、結婚やマイホームなど今まで考えたこともなかったライフプランが頭をよぎります。結婚したりマイホームをローンで購入するならば、当然、最低限の収入は欲しいですから、年収のチェック、キャリアプランの吟味は欠かせません。
また、女性であれば結婚、出産後も働けるか否か、育休制度は万全かどうか、といった点も転職でチェックすべきポイントです。

現在、共働きの家庭が増えており、特に都内では専業主婦はほぼ見かけなくなってきています。
入社3年目となると、これから子供の学費やマイホームのローンなど、出費がどんどん増えていく年齢ですから転職では待遇にしっかり目を通して納得のいく年収を探るべきです。

仕事を通じてやりたいこと、学びたいスキルを考えよう

入社3年目で転職となると、定年まで30年以上、まだまだ働かなければいけません。
仕事は多くの時間を費やすものです。仕事にやりがいや面白さを見出だせなければ、一生奴隷としてひぃひぃ言いながら生活することになります。できれば、仕事はやりたいこと、満足感の得られる仕事をやりたいですよね。

また、時代と共に流行り廃りはあります。かつての大企業が没落することもあり、手に職がなければ食っていけない時代になりました。

世の中にはたくさんの仕事や資格があります。そのなかで、将来性があり自分がやりたい仕事、職種、スキルを考えてキャリアを選択しましょう。入社3年目での転職は、人生の大きなターニングポイントです。ただやりたいだけの仕事ではダメですし、お金だけが良くて満足感を得られない仕事も長続きしません。
ぜひ、自分の中で優先順位を作って「これだ!」という仕事を見つけましょう。入社3年目の転職で妥協してしまうと、かなり痛いことになりますから、時間をかけてでも慎重に選ぶことが大切です。

転職エージェントに相談して求人を紹介してもらおう

新卒の時に一番苦労したのは、求人の検索だと思います。
リクナビやマイナビには求人情報が溢れて、どれが自分にあった仕事なのか分からず混乱しましたよね。しかし、中途採用、転職の場合は求人サイトで混乱する必要はもうありません。

転職エージェントを利用すれば良いのです。

転職エージェントは、登録してキャリアカウンセリングを受けると、あなたのキャリア、希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれます。求人はエージェントがしっかり審査をした非公開求人なので、ブラック企業だったりいい加減な企業である危険性はありません。
求人の取捨選択をしなくて良いので、新卒の時の就活に比べて格段に楽をすることが出来ます。

また、転職エージェントは職務履歴書の作成のやり方や面接でのノウハウを教えてくれるので、転職が始めての方でも効率的に転職活動が出来ます。エージェント経由で転職をすれば、不採用だった時に直接フィードバックを貰えるので「何で不採用だったんだろう?」とやきもきする事がありません。次の求人にすぐ活かせることが出来るので、内定率が高くなります。

転職エージェントを活用すると、平均して5社応募、転職活動2ヶ月以内で内定を貰う人が最も多く、一人で行う転職に比べて時間がかかりません。転職エージェントは転職のプロですから、あなたにマッチした求人を紹介してくれるので、内定後の満足度も高く、転職成功率が高いのが大きなメリットになっています。

オススメの転職エージェントは転職エージェントのアデコです。

転職エージェント『アデコ』

アデコはスイス資本の外資系転職エージェントです。日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。ハイクラスの転職から20代・第二新卒の転職まで幅広く対応しており、初めて転職する人にもオススメのエージェントです。

アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

アデコの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

転職エージェント『アデコ』 公式サイト

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職を成功させましょう。

入社3年目は転職するか今の会社で頑張るか、考えるべきタイミングです。
もし今の会社にいても自分は幸せになれないな、と思ったら思い切って転職をしてみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする