年収250万の正社員は今すぐ転職するべき。年収300万以下は正社員でもワーキングプアです

f:id:moguhausu2:20150911142221j:plain
ボーナスが出ない、一ヶ月以下という企業では年収300万に届かず、年収250万になってしまうこともザラにあります。
残念ながら、人件費を切り詰めて企業を運営している会社では年収250万という数字がリアルに存在しています。

特に20代のメディア関係、クリエイター関係は年収の格差が激しく、若者を「やりたいことをやっているんだから」「好きなことを仕事にしているんだから」という理屈で搾取する会社が非常に多いです。
そのため、都内であっても年収300万以下、年収250万という数字がリアルに出てくるのです。

今回は年収250万の人向けに、いかに年収300万以下が厳しいかという事を書いていきます。

非正規社員よりも年収が低い正社員

f:id:moguhausu2:20160428132524j:plain
残念ながら、年収250万の正社員は非正規社員よりも待遇が悪いと言えます。
非正規社員、例えば派遣社員であれば、ボーナスが出なくともフルタイムで働けば年収300万円は到達します。そのぶん正社員より雇用が不安定ですが、サービス残業や休日出勤などを強制されない、大きな責任は負わないといったメリットがあります。

一方で正社員ですと、多くの人は雇用が安定しているがゆえに、多少の無茶(サービス残業や休日出勤)には耐えます。しかし、それはあくまで安定した雇用とそれなりの年収があるからこその話です。
残念ながら、年収250万の正社員にとって、そういった労働の安売りを受け入れるメリットは全くありません。

なぜなら、いくら雇用が安定していても年収が派遣社員以下であれば、正社員というメリットはあまり無いからです。せいぜい職歴がつく、簡単にクビを切られない程度であって、そのうえサービス残業や休日出勤なんて強制されたらたまったものじゃありませんよね。

年収250万は普通?いいえ、異常です

f:id:moguhausu2:20160427203716j:plain
周りに年収200万台の人ばかりだったり、親や上司から「贅沢言うな!」と叱責されると、あまり他の会社を知らない人は年収250万前後=普通なのだと勘違いしてしまいますが、はっきり言って年収250万は異常です。

介護職や一部の地方の会社、ブラック企業などは年収250万をあたかも普通だと煽り、安く人材を買い叩いているのです。

そんな職場にいても、何も良いことはありません。
年収はもちろん、キャリアとしてもプラスになるどころかマイナスになってしまいます。貴重な時間と労力を奪われ、損をするのはあなただけです。

目を覚ましましょう。
ここは日本です。どんな人でも、正社員なら年収300万は稼げるのが当たり前なのです。
それ以下の場合は、会社に問題があるのです。あなた自身に問題があるのではありません。

自分の将来のためにも、脱出準備を着々と進めるべきなのです。
あなたが年収250万の違法な会社に勤め続ける義務は、何もありません。

まともな企業なら未経験でも年収300万からスタート

f:id:moguhausu2:20160303145312j:plain
まともな企業であれば、年収300万がスタート年収になります。
年収250万というのは丁稚奉公に近く、スキルを得るための修行、独立のための修行といった要素が無ければ、明らかな搾取です。そもそも、アルバイトですらフルタイムで働けば月25万、年収300万に到達します。
にも関わらず、正社員で年収250万というのは明らかな搾取、正社員詐欺と言っても過言ではありません。

現在、正社員がいかに素晴らしいかテレビや雑誌では煽っていますが、それはあくまで年収が300万円以上の場合です。年収200万代の正社員は、いってしまえば名ばかり正社員、ワーキングプアです。

年収250万で家が買えるでしょうか?
将来のために貯金が十分に出来るでしょうか?

30代になっても年収300万に届かなければ、みじめな思いをすることになります。独身なのにお金が自由に使えず、会社が潰れた時に過ごせる貯金もたまらず、良いことは何もありません。

今、あなたの年収が250万前後なら、すぐに転職することをオススメします。仮に良い会社だったとしても、年収300万円も出せないということは、業績が悪化しているか社長が裏で贅沢をしている泥船だということです。

数字は誤魔化せません。まともな企業なら未経験でも年収300万スタートですから、年収250万の正社員が転職をするならデメリットは全くありません。今すぐ転職活動を開始しましょう。

転職エージェントを利用して年収の良い企業を探そう

年収の良い企業、まともな企業を探すには転職エージェントを活用するのが一番です。
どんな企業も、求人に嘘はつきもの。ハローワークなどに行くと、ボーナス4ヶ月と書いておきながら入ってみたら1ヶ月も出ないという事がザラにあります。

そんな嘘まみれの求人の中から、本当の年収を引っ張りだすためには、転職のプロ、転職エージェントのサポートを受けるのが一番です。

転職エージェントは登録するとエージェントがマンツーマンでサポートしてくれて、転職者にかわって年収交渉や待遇のチェックなどを企業に行ってくれます。
また、あなたの希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれるので、ハズレ求人を引く危険性が無くなります。近年、多くなってきているブラック企業に当たる可能性も無くなるので、ハローワークや転職サイトを使って一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする