大学中退からの就職活動はどうする?中退から正社員になるためのコツ

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
大学中退後の就職活動は、二の足を踏む人が多いのではないでしょうか?
中退をしてしまうと、学歴的に不利になりますし、何より新卒というカードを持っていないため中途採用での就職活動になります。

中途採用は基本的に職歴のある人を対象にした求人なので、職歴の無い大学中退者には厳しいのが実情です。

しかし、かといって採用の簡単なアルバイトや契約社員でいたずらに歳を重ねても、ますます正社員への道が遠ざかるだけです。正社員登用有りの求人が多いですが、実際は3年働いて1人か2人正社員にするだけで、倍率は通常の就職活動と変わりません。釣り餌として求人の欄に書いているだけの悪質な会社もあります。

非正規社員のまま30代になってしまえば、いよいよ就職が困難になってしまいます。ぜひ20代のうちに正社員のキャリアを手に入れるべきです。

今回は大学中退後の就職活動について、内定をゲットするコツを紹介します。


中退後に落ち込んでいる暇はない

中退には様々な事情があると思います。
学費が払えなくなった、単位を落として留年してしまった、他。

中退後は落ち込むことも多いでしょう。しかし、落ち込んでいる暇はありません。

人間はやることが無くなると、非常に生活習慣が乱れます。引きこもりがちになったり、無気力になったりしてしまいます。

そうならないためにも、中退後は素早く就職活動にシフトするべきです。
やるべきことがあれば、人間はやる気がわいてきます。一番いけないのは、投げやりになって怠惰な生活をすることです。一度、怠惰な生活をはじめると抜けだすのが難しくなります。中退する時は、まず考えるよりも先に動くことを意識しておきましょう。

20代なら正社員の席はたくさんある

大学中退と聞くと、正社員は難しいと思う人が多いと思います。
たしかに新卒や既卒に比べれば選択肢の幅は狭くなりますが、そうは言っても10代後半~20代前半です。年齢という武器があるため、正社員は絶対無理という訳ではありません。求人を選んでしっかり就活をすれば正社員の椅子は必ず見つかります。

中退者が働けるのはブラック企業ばかり、というのも嘘です。
実際、大学中退から工場に就職し、週休二日でボーナスも出る立派な企業に勤めている中退者もたくさんいます。もちろん有名企業や大企業は難しいですが、業績が安定していて待遇の良い中小企業であれば、20代の若手社員を欲しがっていますから席はあるのです。

高望みはし過ぎない。まず職歴を手に入れよう

「俺はオフィスでマーケティングがしたいんだ!」
「企画職以外はやらない!」

というような高望みは今すぐ捨てましょう。
ただでさえ条件が悪いのに、自分で選択肢を狭めたら、内定を得るのは宝くじに当たるよりも難しくなってしまいます。

まずは正社員で働き、社会とはどんなものか知ってから高望みをしましょう。職歴が無い状態では、どんなに頑張っても武器がないのですから意味がありません。まずしっかりファーストキャリアを手に入れて、社会人としての武器「職歴」を手に入れましょう。
もちろん、最初に勤めた会社が良い会社で、長く働くのが一番良いですよ。

中退コンプレックスは捨てて前向きに就活をしよう

中退してしまったことに負い目を感じると、どうしても考え方がネガティブになってしまいます。一度、中退がコンプレックスとして根付いてしまうと、就活の失敗を「中退したからだ」と中隊のせいにしてしまいがちになります。
しかし、中退はもうどうにも出来ませんし、中退のせいにしてエントリーシートの作り込みの甘さや志望動機の掘り下げ不足の言い訳にしてしまっては、いつまでたっても正社員になることは出来ません。

中退という傷を受け入れて、もし面接で中退した理由や意見を言われても、しっかり自分が中退した理由や反省点、これからの展望を語って前向きに就活をしましょう。

ネガティブな思考は就活において大きなマイナスになります。
バカみたいに前向きになれとは言いません。しかし、いつかは中退という事実を受け入れなければ前に進むことは出来ません。

面接をする面接官も完璧な人間ではありません。ミスもしますし、苦い過去もあるでしょう。中退したあなただけが、ダメ人間という訳ではないのです。その失敗をいかに活かすか、その答えをしっかり言えれば、面接において中退のハンディキャップは軽減されるでしょう。

職歴が無くても登録出来る転職エージェントに相談してみよう

しかしながら、一人で就活をしていると、どうしても塞ぎこんでしまう事が多くなり、中退コンプレックスが頭の中に広がってしまう事はあると思います。また、面接で不採用になってしまった時、何がいけなかったのか分からず、中退という学歴のせいにしてしまうことも多いはずです。

そんな思考の塞ぎ込みを防ぐためにも、転職エージェントに登録してエージェントから客観的な意見を貰うというのは有効な一つの手段です。

転職エージェントは、職歴のある社会人の転職のみならず、若手社員を求める中小企業と20代のまだまだキャリアの浅いor社会経験が無い求職者をつなげるマッチングサービスで、フリーターや無職、中退者、第二新卒といった方でも登録、利用が可能です。

中途採用というフィールドになると、どうしても大学中退だと門前払いされてしまう求人がいくつかあり、それを見極めて取捨選択するのは非常に困難です。
転職エージェントに登録すれば、転職エージェントが選び抜いた20代を本気で採用したい企業の求人を紹介してもらえるため、求人への無駄撃ちを防ぐことが出来ます。また、キャリア相談やエントリーシート作成、面接のアドバイスなども貰えるため、客観的なフィードバックを得ることが出来ます。

エージェントは就職活動のプロで、特に20代のキャリアの浅い人の就活ノウハウを知っていますから、活用すれば効率よく就職活動が出来ます。また近年、猛威をふるうブラック企業も、エージェントが事前に求人の審査をしているので引っかかるリスクがありません。
ハローワークなどを使うと、どうしてもブラック企業の求人が前面に出てきてしまいますが、就職エージェントはそういった不穏分子を排除してくれるのです。

もちろん、転職エージェントは報酬を企業から貰っているので、私たち求職者の利用料は無料です。
企業に内定後、企業からエージェントに報酬が支払われるので、無料でサポートを受けられるのです。

転職エージェントはDODAがベストです

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。

現在は少子高齢化+人手不足によって、20代の若手人材の需要が大きくなり、転職エージェントもより20代を強くサポートするようになりました。
最初から一人で全部頑張ろうとするのではなく、プロのサポートをうまく活用して、負担を最小限にすることが賢い就職活動のやり方ですよ。

大学中退というハンデは、熱意と就活のコツを知っていれば必ず乗り越えられます。まずは勇気を持って第一歩を踏み出しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする