就活の面接に落ちる人の特徴ランキング。第一印象で落とされることも十分あり得ます

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
就職活動において避けて通れないのが面接です。
履歴書やエントリーシートはじっくり書けても、面接はそうは行きません。
どんな質問が来るのか、面接官はどんな人なのか、どう評価されるのか、面接はやってみないと分からない不確定要素が大きいです。

そのため、面接はその場での対応力が問われます。
面接官はあなたの対応や顔立ち、話しぶりを見て総合的に判断します。

そのため、面接に連続で落ち続けると

「自分には魅力が無いのかも……」
「社会不適合者なのでは……?」

とネガティブになりがちです。

しかし、実は気付いていないだけで、初歩的なミスで落とされているのかもしれませんよ。

今回は面接に落ちる人の特徴をランキング形式で紹介します。


第三位:服装や髪型が乱れている

学生やブランクがあって久々に就職活動をする人にとって、スーツは着慣れない服です。
そのため、ネクタイを緩めたり、シワに気付いていなかったり、後ろに汚れがついていたりしても気付いていない就活生が意外と多いものです。

また、髪型も同じで、寝癖がついていたり、ピシっとまとまっていないだらしのないボサボサ髪で就活をしている人も多く、そういった就活生は一発で落とされます。

髪型や服装は就活における基本中の基本です。
もし、社員として企業の一員になるのであれば、社員として恥ずかしくない格好をしなければいけません。

髪がボサボサだったりスーツの着こなしがだらしないと、性格や仕事の出来もだらしないのでは? と思われてしまいます。

面接前は事前に余裕を持って、服装・髪型のチェックをしておきましょう。
スーツにはアイロンをしっかりかけて、汚れがついていないかチェックしておくことが大切です。

面接前には鏡の前で身なりのチェックを。
身だしなみを整えるのは、社会人の基本マナーですから、しっかり手を抜かず準備を整えましょう。

第二位:猫背

身なりも大切ですが、姿勢が悪いと見た目が醜悪で印象も悪くなります。
PCやスマホを日常で使うことが多い現代人は、猫背の人が多く面接の場でも知らず知らずのうちに猫背になっている就活生がいます。

座っている時はぴんと背筋を伸ばしていても、面接を終えて部屋を出る時に猫背に戻ってしまったり、最初から最後まで猫背の人もいます。

猫背だと、声に張りが出ませんから、元気のない暗い印象を与えます。
また、猫背は自然と顔が下を向きがちになりますから、ネガティブな気分になりやすいと言われています。

背筋をピシっと伸ばしていれば、面接官に「やる気があるな!」と思わせることが出来ます。
面接は第一印象が肝心です。どんなにやる気マンマンでも、姿勢が悪いと「やる気無いのか?」と思われてしまいますから、猫背に気をつけて面接に挑みましょう。

猫背は腰のストレッチや腹筋・背筋をすることで緩和することが出来ます。
またPCをするときやスマホをいじる時に、なるべく意識して背筋を伸ばしておきましょう。

第一位:自分の意見が無くコピペばかり

一番多いダメ就活生が、就活マニュアルをそのまま使う「コピペ就活生」です。
就活本はあくまで一例やコツ、フォーマットを紹介しているだけで、それがベストということではありません。にも関わらず、自分で考えることを放棄して

「サークルのリーダーをやっていました!~~という困難がありましたが~~で乗り越えました!」

と自信満々にオリジナリティの無い返答をする就活生が後を絶ちません。
志望動機や自己PRがフォーマットに沿っている程度であれば、面接官もそこまで意地悪ではありませんから、マイナスにはしません。しかし、突っ込んだ質問をした時に「自分の意見」が無い答えを返してきたり、薄っぺらい上辺だけの話をペラペラ喋っているようでは一生内定は貰えません。

構成はテンプレートでも構いませんから、とにかく自分の意見、自分の経験をちゃんと入れましょう。

あなたはその時、どんな事を感じ、どうしてそうしようと思ったのか、という「なぜ?」という質問にしっかり「私は~~と思ったので~~をしました」と自分の答えを返せなければ「嘘なんじゃないか?」「マニュアル通りで全然見えてこない」と面接官に思われてしまいますよ。

面接での受け答えはしっかり自分の頭で考えよう

面接で上手に受け答えするのは難しいものです。
しかし、だからといって、とってつけたようなマニュアルコピペ解答では、面接官の心には響きません。

就活では、ライバルよりも上位に食い込まなければ内定は貰えません。
熱意や個性、あなたならではの答えをしっかり考えて、自己PRや志望動機、面接での答えに組み込みましょう。

とはいえ、自分の意見を上手にアピールするのは、書類においても面接においても難しいものです。

 もし書類や面接に自信がなければ、就職エージェントに登録して面接のプロであるエージェントに相談し、書類や面接のアドバイスを貰うのも有効な手です。
就職エージェントを利用すれば、就職のプロがしっかりサポートしてくれますし、あなたの希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれます。模擬面接や業界セミナーなども合わせて行っており、求人の弾が残り少ない人や、一人で就活するのが辛くなってきた人にはぜひオススメです。

一人で就活するよりも、プロのサポートがあったほうがグッと楽になりますし、エージェントを仲介することによってブラック企業の求人に引っかかるリスクも少なくなります。というのも、就職エージェントは求人を出す企業の内部調査をしっかり行っているので、残業時間や会社の雰囲気などを把握してブラック企業は自動的に弾いてくれるのです。

現在は20代向けのエージェントや新卒も利用可能なエージェントも出てきており、年代やキャリアに合わせて利用すると効率よく就職活動が出来ると思います。

オススメの就職エージェント

就職を希望している第二新卒、既卒、フリーターなど非正規雇用の方(新卒除く)にオススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする