帰国後に日本で英語力を維持する方法は駅前留学NOVAが最強だった。留学後の体験談

f:id:moguhausu2:20150625123921j:plain
海外で英語を学び、日本で就職した留学生の悩みといえば英語力の維持です。
英語というのは、使わなければどんどん落ちていきます。単語は抜け落ち、リスニング能力は日に日に悪くなっていきます。日本では英語を使う機会なんてほとんどありませんから、留学後に日本で英語力を維持しようとなると、英語を使う仕事につく事が一番です。

しかし、英語を使う仕事といってもピンキリですから、英文メールのやり取りだけだったり、月に一回海外本社の人間と話すくらいで、他はオール日本語環境、なんてことも多いでしょう。

働きながら自主的に英語の勉強を続けるのは、非常に困難です。生活や仕事で毎日使わざるを得ない状況でない限り、悲しいことに人間のやる気というのはどんどん落ちていきます。

「こんなんじゃ留学に行った意味がない!」

そんな悩みを解決する方法が、いくつかあります。
格安のオンライン英会話、海外ドラマを英語字幕で見る、英語カフェに行く、定期的にTOEICを受ける、などなど。

私も英語力の維持という悩みを抱えていた時、英語力維持の方法を調べ、色々と実践してきました。

 そして、結論から言うと駅前留学のNOVAが最強だということに気付きました。

今回はその理由について紹介します。


維持するということの難しさ

英語圏に留学をした当初、その国で生活していくためには当然、英語が必須ですから、毎日必死に英語を勉強しました。英語が出来るようになるにつれて、その国で出来ることがどんどん増えていくので、英語へのやる気は右肩上がりでした。
ところが、日本に戻って働き始めると、あっという間に英語のやる気なんてどこかへ消え去ってしまいました。

帰国前は「日本に戻っても英語を続けるぞ!」と思っていたのですが、自分の意志の薄弱さを実感しました。

やる気が出ない理由の一つに「現状維持」という目的の低さがあると思います。
外資系企業に就職するためにTOEIC700点を目指すぞ! など具体的で、かつ達成すればメリットのある目標があれば英語学習もはかどります。しかし「現状維持するぞ!」という目標だと、なかなか重い腰を上げられないのが人間というものです。

よっぽど英語が好きだったり、近所に外国人が住んでいていてコミュニケーション必須だったりしない限り、日本では英語を必要としません。そのため、英語力の維持を目標にすると、相当な意志の強さがないと続かないのです。

オンライン英会話や英語字幕は能動的な学習法

よく格安のオンライン英会話をオススメする人がいますが、あれは学習意欲の強い人でなければ続きません。オンライン英会話の全てがダメというわけではないのです。もちろん、意識が高く、自分からせっせと学習出来る人にとってオンライン英会話は有効でコスパのいい学習ツールです。

しかし、強制力が無いと勉強が出来ないタイプの人間、あるいはそういった環境にいる場合は、自ら授業シフトを申請しなければいけないオンライン英会話は続きません。
英語字幕で映画や海外ドラマを見るのも同じで、だんだん面倒臭くなって日本語字幕や吹き替えで見るようになってしまいます。休日にゆっくり映画鑑賞したいのに、英語字幕で何回も見ていたら疲れてしまいますからね。特に社会人にとって英語字幕を英語学習ツールとして使うのは、リラックス出来ないためジレンマになると思います。

英語力の維持の最大の難しさは、維持することによるメリットが見えにくいことです。
いったん就職してしまうと、その職場で英語をどれだけ使うかによって英語力の維持の難易度は天と地ほどの差が出てきます。もし英語必須と書いてあったのに英文メールのやり取りだけだったら?
そして、使う単語や英文もだんだん固定化されていってルーチンワークになったら?

英語力はガクっと下がってしまいますね。

そこで、私が最後にたどり着いたのが駅前留学のNOVAでした。

改心したNOVAうさぎは最強だった

NOVAといえば、このCMで有名でしたよね。

www.youtube.com

NOVAうさぎは「CMキャラクター人気ランキング」で常に上位に入っている有名キャラクターでした。

しかし、経営陣の不正や不祥事により倒産、吸収合併されてNOVAは英会話ビジネスから消滅しました。

それから時はたち、今、NOVAは徐々に英会話スクールとして盛り返してきています。
グループレッスン月4回で月謝1万円という良心的な値段に加え、やはり駅前に教室があるという立地の強さから、生徒数を伸ばしてきています。また経営陣の一新により、料金やサービスも見直され、今では気軽に通えてブランドもある英会話スクールとして、無事に復活を遂げました。

さて、NOVAがなぜ良いかというと、理由は四点あります。

・英会話スクールなので強制力が強く続けやすい
・会社帰りに立ち寄れる
・マンツーマンレッスンとグループレッスンの使い分けが出来る。
・何だかんだ行ってECCやイーオンより質がいい

まず、英会話スクールだから強制力が強いという点。
これは自宅でやるオンライン英会話と違い、毎週決まった日にち(シフトは自由に組めますが)に通わなければいけないので、強制力が段違いです。勉強のやる気がでなくても、塾にいったら「まぁやるか」という気持ちに切り替えやすいですよね。
それと同じで、どうしてもダラダラしてしまう自宅と違い、NOVAなどのスクールでは通うことによって脳が勉強モードに切り替わるので、メリハリがつけやすいのです。

そのため、家ではゴロゴロしてしまう怠け者な私でも英語学習を続けることが出来ました。

二つ目はなんといっても会社帰りに立ち寄れるということ。
会社から家に帰って一服すると、疲労がどっと押し寄せてきて勉強なんてとても出来ません。しかし、駅前にあるNOVAに会社帰りにそのまま通えば、気を引き締めたまま勉強に入ることが出来ます。

「そんな小さなことかよ」

とバカにしてはいけません。
一回、家に帰ってもう一度学校に行く手間というのは、心理的にとても大きなハードルになるのです。ジム通いが続く人と続かない人の違いに、会社帰りに寄れるか否かというポイントが重要というのはよく言われています。

英会話も同じで、会社帰りに立ち寄れる立地というのは非常に重要なのです。

三つ目はマンツーマンレッスンとグループレッスンの切り替えが簡単に出来ることです。

NOVAはポイント制で、一ヶ月に割り振られたポイントを消費してレッスンを受けます。マンツーマンレッスンのがポイント消費が大きいですから、全てマンツーマンレッスンにすると月1~2回(月謝1万円コースの場合)になってしまうのですが、使わなかったポイントは繰越出来るので、仕事の忙しい時期は繰り越して後でマンツーマンレッスンにする、といった方法や、発音の練習をやりたいからマンツーマンレッスンにする、といった切り替えが容易に出来るシステムになっています。

最後に、他の英会話教室とくらべても、NOVAは使いやすい印象を受けました。
ポイント制による自由な組み合わせや「ボイス」と呼ばれるNOVA校内で行われる英会話カフェなど、サービスが多用であり全体的な講師の質、テキストの質も高いです。

NOVAは無料の授業お試しが行えるので、ぜひ英語力の維持で悩んでいる方はNOVAを訪ねてみてください。
公式ページから体験予約が出来ますので、まずは下記の公式ページを見ましょう。

駅前留学のNOVA 無料お試しレッスン



グループレッスンを受けていると、英語学習をする友人も作れますから、ぜひ帰国後の英語学習にはNOVAをおすすめします。私の妻もNOVAに通っているのですが、そこで英語友達が出来てよく買い物など一緒に遊びに行っています。

同じ趣味、目的を持った友人がいると、英語学習もグッと楽しくなりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする