30歳で転職したいと考えている人が知っておくべきキャリアの話

30歳を超えると転職の幅はグッと狭くなると言われています。
30歳の時に「転職をするぞ」となった時に、ふと自分が30歳の壁を超えてしまっていることに気付き、持っている資格やキャリアがイマイチなことに気付き転職を辞めてしまう……

そんな経験をしていませんか?

30歳の転職は「30代の転職」において、まだまだ前半戦です。
平均年齢の高い企業からすれば「働き盛りの若手」であり、まだまだ転職市場では価値のある存在なのです。

今回は30歳で転職する際に気をつけるべきポイントや、キャリアの役立つ話をしていきたいと思います。


未経験で他業種転職は難しい?

20代の時の転職では「未経験歓迎」であってもバンバン書類が通過していましたが、アラサー、30代になるにつれて「お祈りメール」の頻度が高くなってしまった……という体験談はよく耳にしますね。

実際、業界or業種未経験で、30歳から入社したという話は珍しいです。
どの会社も30歳に求めることは「即戦力」「業界or業務の知識がある」というのが一般的で、早い段階で管理職、すなわちプレイヤーからマネージャー職について欲しいというのが会社の本音なようです。

実際、30歳を中途採用するとなると、年収も高くなりますし、生え抜きの管理職の部下としてつけるには年齢が高すぎます。
そのため、平均年齢が低い会社ほど30歳未経験の人材に難色を示す傾向があるようです。

できれば同業種、あるいは同じ職務、似たような職務に転職するほうが転職の成功率は高いです。
また「年下の上司」「年下の先輩」は予想以上に気を使いますし、お互いやりにくいものです。できれば経験値や知識でカバーしていきたいところです。

「年下の上司の態度が気に食わない」といって転職しても辞めてしまうようでは、前途多難です。

未経験でも可能性はゼロじゃない

しかし、30歳から未経験の業界に飛び込むことは不可能ではありません。
むしろ30歳は未経験の職種につく最後のチャンスと言えるでしょう。

ストーリー.jpに30歳未経験で昔からの憧れだったゲーム業界への転職に成功した体験談があります。退職後、プログラミングの専門学校に入り、技術を学び転職活動に成功したとのことです。

未経験で中途入社を狙う場合は、この体験談のように技術なり知識なりを、最低限持っておかなければ門前払いです。

しかし、逆に未経験ながらも独学で技術を学んでいれば、意欲と熱意を買われて入社することも可能なのです。
熱意のある人材は1年で一人前になります。
30歳はまだまだ熱意や学習意欲で、未経験の転職が可能な年齢なのです。

そのため、どうしても「やりたい仕事」があるなら、この機会に挑戦してみるのも手です。定年まで30年もあるのですから、やりたくもない仕事で一生を終えてしまうのはあんまりでしょう。

年収と働きやすさのバランスを考えよう

30歳で家族、子どもがいるなら年収についてもしっかり考えなければいけません。
子どもの養育費や学費、マイホームの住宅ローン、そして老後の生活資金など、あらゆる方面でお金がかかるのが30歳です。

このように家庭がある30歳の人にとって、収入が途切れる事はかなり辛いです。
転職において、なおさら慎重にならなくてはいけません。

逆に独身であれば未経験の転職であろうと何であろうと、挑戦するリスクが下がります。とはいえ、30歳は転職の壁が立ち塞がっているので、失敗が許されるわけではありません。

そこで、しっかり考えておきたいのが年収と働きやすさのバランスです。

どんなに高収入でも、激務で長く働けそうにないなら辞めておいたほうが無難です。
逆に働きやすいけど低収入の場合も、対策を考えなければなりません。副業可能ならば副業をしたり、それが出来ないなら辞退するべきです。

20代であれば低収入でも経験を積むという意味合いがありますし、守るべき家庭があることもまだまだ少ないですから、キャリアを重視する場合は問題ないでしょう。

しかし、30歳は年収に関してシビアに見ていかなければいけません。

30歳の転職は難しいと言われているのには、このように支出リスクが大きいから、という側面もあるのです。

長期的な目線でキャリアプランを練り直そう

30歳の転職で大切なのは長期的な目線でのキャリアプランです。
「この仕事がやりたいから未経験でも入る!」という短絡的な思考ではなく「未経験で入社して、35歳までに管理職レベルまでスキルを伸ばす」というように5年後の目標を決めて転職を考えるべきです。

その際、キャリアだけでなく年収や家族のことも考慮に入れなければなりません。

30歳での転職は自分の人生の方向性を決める大切なイベントです。
しっかり

「自分に何が出来るのか」
「自分が何をしたいのか」

ということを決めて転職に挑んでください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする