23歳で転職を成功させる方法。第二新卒なら未経験でも業界に潜り込める

f:id:moguhausu2:20150603112909j:plain
高卒なら働き始めて5年。大卒なら働き始めて1年。
23歳になった時、ふと「自分が本当にやりたい仕事は今の仕事なのだろうか?」と思った事はないでしょうか?

はじめての就職は、多くの人が待遇やイメージ、流れで決めてしまうものです。
社会人として働いたことによって、新卒の時は見えてこなかった「本当に自分のやりたい仕事」がわかってくるということは多々あります。

しかし、転職を考えた時、ふと「未経験」だったり「職歴が短い」自分が転職出来るのだろうか? 3年ほど職歴をためてから転職をしたほうが有利なのではないだろうか? という不安が出てきてしまうものです。

結論から言うと、職歴が浅くても23歳という若さがあれば、未経験でも他業種に転職することは可能です。

詳しく、その理由と転職成功のコツを見ていきましょう。

新卒の時は会社のことなんて分からない

f:id:moguhausu2:20160428132524j:plain
新卒で入った会社で、いざ働き始めたら「こんなはずじゃなかった」とギャップを感じる人は多いようです。

イメージと違って泥臭い仕事だった。
思ったような職務につけなかった。
予想以上に残業が多くキツかった。

などなど、イメージと現実のギャップを知るのは、だいたい就職してから1年ほどたった頃だと思います。
社会には理不尽なこともありますし、憧れの業界が実はブラック企業のはびこる業界だったということもよく聞きますね。

そうなってくると、転職が選択肢として浮かんできますが、転職する時に必ずやっておいてほしいことがあります。

それは「自分の希望条件」をしっかり把握しておくことです。

希望条件が分からないまま転職するのは、すなわち「どこでもいいから逃げたい」という逃避と同じことであり、その態度は面接や書類に出てしまうので、内定が出にくくなります。

内定が出ても誰でもウェルカムなブラック企業だったりして、そこも短期離職したら、職歴に大きな傷がついてしまいます。

日本において転職回数には限りがあります。
ヘッドハンティング以外の転職は三回まで、と言われているように、職を転々としていると履歴書における信用度が下がってしまいます。

「転職上限三回」のルールは今も変わりませんが、しかし「職歴3年」ルールは現在少しだけ変わってきています。

というのも、日本の20代の転職市場は、少子高齢化と労働力不足により売り手市場です。
そのため職歴が3年未満であっても、喉から手が出るほど若手が欲しいという企業が増えてきており、第二新卒での転職が容易になってきてるのです。

未来のない職場で3年間も我慢するよりも、早く自分のやりたいことが出来る会社に転職したほうが実りのある社会人生活が出来る、というのが現在の転職市場の動きです。

では、転職をするにあたって、まず何をすればよいのでしょうか?

転職の第一歩は希望条件決め

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
まずは前述した通り、自分の希望条件を決めましょう。

難しいことではありません。

「最低限、これだけ欲しい」
「今の職場ではこんなことが不満だ」

ということをピックアップすればよいのです。
例えば

・残業は月10時間以下
・土日休みで年間休日120日以上
・ボーナス夏冬合わせて4ヶ月 年収320万以上
・企画に直接関われる
・責任あるポジションを若いうちに任せてくれる
・経理としてキャリアアップが可能
・アニメ業界、及びアニメに関われる業界

上記のように、具体的であればあるほど好ましいです。

希望条件さえ出来てしまえば、求人を探す時の取捨選択が楽になりますし、自分の軸が出来るので会社選びもはかどりますね。

「よし、さっそく転職サイトから良さそうな求人に応募しよう!」

と行動を起こす前に、知っておいて欲しいことがあります。

 それは、転職は一人でやるよりもエージェントを通して転職活動をしたほうがずっと効率的だということです。

転職エージェントを利用することにより、以下のようなメリットがあります

・履歴書、職務履歴書、エントリーシートの作成時にアドバイスを行ってくれるため、書類作成とが楽になり通過率もアップする。

・希望条件にあった求人を探してきてくれる上に、年収や残業時間など聞きにくい情報をしっかり聞いてきてくれる。

・転職エージェントの報酬は内定を出す企業側から貰うので、求人者の利用は無料。

このようなメリットがあります。
転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

20代向けの求人を多く扱っている転職エージェントを利用しよう!

f:id:moguhausu2:20160428132955j:plain
転職エージェントというと、リクナビエージェントやマイナビエージェントなど大手が行っているものが多いですが、大手は30代~40代の中途採用組も取り扱っているので、20代向けの求人が手薄いです。

そこで、20代の転職に強いオススメの転職エージェントは オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする