夫が浮気しても問い詰めてはいけない理由。証拠集めが大事

夫の浮気が発覚した時に、怒ってすぐ問い詰めてしまう人って多いですよね。

「今まで散々尽くしてきたのに!」
「子供もいるのに無責任すぎる!」

と、愛する人に裏切られたショックと怒りで、感情的になってしまうのは無理もありません。

しかし、その後に浮気が原因で「もう離婚しよう」となった時に、証拠隠滅をされてしらを切り通されれば、泣き寝入りするしか道が無くなってしまいます。

夫の浮気が発覚した時は、問い詰めてはいけないのです。
いかに怒りをおさえて、証拠を押さえるかがポイントになります。


浮気の証明には証拠が必要

よく「夫の浮気が原因で離婚して慰謝料を貰った」という話を聞きます。

一見すると、夫が浮気して離婚になったら自動的に慰謝料が貰えるように聞こえるのですが、実は浮気の証拠がないと慰謝料は払わなくても良いのです。

離婚になった際、お互いが合意の上ならば慰謝料や財産分与は二人で決めることが出来ます。しかし、浮気が原因で離婚になると、9割の夫婦がこじれて第三者である弁護士を交えての話し合い、交渉になります。

 その際に「夫が浮気したから離婚をするので慰謝料を請求したい」と言っても、証拠がなければ弁護士はどうすることも出来ません。

浮気の場合は、浮気相手にも慰謝料を請求することが出来ます。
しかし、それも証拠が無ければしらを切り通されて終わりです。

後悔を残さない離婚のために

浮気による離婚の場合、慰謝料の相場は100万円前後です。
高額とはいえませんが慰謝料はけじめ、懲罰の意味をこめた罰金です。慰謝料を請求出来なければ「浮気した夫が悪いのに、何も仕返し出来ない」と後悔を残した離婚になってしまいます。

浮気した夫が浮気相手と一緒にニコニコしていたら、悔しいですし、離婚してもずっと苦しむことになります。
また、子供が居るならば、シングルマザーになるにあたって、慰謝料は大切な再スタートの資金になります。

「弁護士に相談なんて大げさだから」
「ショックで何も考えられない、離婚出来れば何でもいい」

と後ろ向きになってはいけません。
悪いのは浮気した夫と浮気相手です。しかるべき懲罰を与えなければ、今後の生活の再スタートが切れなくなってしまいます。

探偵を雇って効率よく証拠を得よう

証拠を集める方法は、まず自力でスマートフォンのラインの履歴やメール履歴などを保存する、などの地道なところから始めましょう。

しかし、夫のガードが固くしっぽを握れない場合は、探偵を雇って夫が浮気しそうな日に張り込みを当てるのが一番効率的です。

探偵ときくと高そうなイメージがありますが、夫が浮気する可能性の高い日や曜日が分かれば、意外と簡単に証拠がつかめてしまいます。

そのため、10万円~20万円でしっかりとした証拠を手に入れることが出来ます。この金額で100万円以上の慰謝料とスムーズな離婚調停、相手への懲罰が得られるのですから、無駄な出費にはなりません。

また、探偵事務所にはカウンセラーもおり、離婚に向けての相談も無料でやってくれます。浮気が発覚すると、どうしても相談出来ず一人で抱えてしまうことが多いです。
そんな時に相談出来る探偵がいれば、心強い仲間になります。

大手探偵事務所を利用しよう

オススメの探偵事務所は総合探偵社MRです。

[総合探偵社 MR]24時間365日受付・相談無料!



テレビなどで広く特集されている最大手の探偵事務所で、女性捜査員が多く、相談も24時間受け付けており安心出来るサービス内容になっています。

離婚するかしないか、慰謝料の請求方法、今後の動きなど幅広く相談に乗ってもらえるため、浮気が発覚したらまずMRに相談するのが一番オススメです。
プロからアドバイスをもらうことで、気持ちを落ち着けることが出来ます。

証拠は武器にもお守りにもなります。
「浮気しているかもしれない」という曖昧な状態だと、気持ちにけじめがつかず気持ち悪いですし、家族生活も上手くいきません。

悩むよりも探偵事務所に相談して、真偽をはっきりさせることが大切です。

夫の浮気が分かっても、怒りに身を任せて問い詰めるのではなく、まず探偵事務所に相談して今後の対策を考えましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする