20代の契約社員は第二新卒で条件のいい正社員に転職出来る。契約社員は職歴になる

高卒や大卒で契約社員になってしまうと、正社員になれないのではないか? と思う人が多いと思います。契約社員は正社員に比べて定時上がりや残業が保障されているため、ついつい居心地がよく就職活動をやめて契約社員になってしまいます。

しかし、どんなにホワイト企業でも契約社員のままでは、5年以上同じところで働くことは出来ません。また大企業であれば契約社員から正社員になるのは至難の業で、どんなに部署の人と仲が良くても見えない壁があり、ほんとうの意味で居場所にすることは出来ません。

30歳、35歳になった時、契約更新に怯えたり、5年毎に転職するのは、やはり辛いです。20代のうちに正社員になることが大切です。

「契約社員から転職で正社員になるのは難しいのでは?」

 と思う人が多いですが、契約社員は職歴になるためフリーターよりも正社員になりやすいのです。

ここでは契約社員から第二新卒で条件のいい会社に転職するコツを教えます。


第二新卒枠で転職する

第二新卒は正社員歴がないとダメなのでは?
25歳までが第二新卒?

などなど、第二新卒の定義に関しては皆さん曖昧です。

実は、契約社員でも職歴があり26歳までの人は第二新卒枠で転職が出来るのです。

昔は3年以内で辞めた新卒正社員という括りでしたが、現在では働いた経験のある26歳までの若者を示しており、非正規雇用でも職歴に含まれます。

第二新卒枠は職歴有りの26歳までと年齢を制限しているため、未経験OKの中途採用求人よりも競争率が低く、条件のいい求人も多いです。
そのため、若さという武器を使い第二新卒枠で転職を狙いましょう。

契約社員の職歴をエントリーシートに書く

職歴は、その人がどんな仕事をしてきたかという証明です。契約社員でも職歴に書けますし、強い武器になるので仕事内容はしっかり書いておきましょう。

特に事務は仕事内容が契約社員と正社員で共通している部分が多いので、経験者+第二新卒という二重の強みがあります。
しかし、求人と関係のない業種でも、第二新卒枠では基本的に未経験者歓迎の求人であるため、問題なく書類選考を通過出来ます。

なぜ正社員にならず契約社員になったのか?
契約社員としてどんな仕事を担ってきたのか?
契約社員としての経験をどう活かすのか?
なぜ正社員への転職を決意したのか?

こういった質問が予想されるため、自己PRや志望動機にはしっかりとこの部分を書いてアピールしましょう。

第二新卒に強い転職エージェントを使う

転職活動をしたくても、金銭的に今すぐ仕事を辞めるわけにはいかない、時間がない人もいると思います。特に一人暮らしをしていると、家賃や生活費もあるため、転職は必然的に平日の夕方以降や土日に偏ります。

そこで、オススメなのが第二新卒に強い転職エージェントを使うことです。

オススメの転職エージェントは転職エージェントのアデコです。

転職エージェント『アデコ』

アデコはスイス資本の外資系転職エージェントです。日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。

「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」
「フリーター、既卒or第二新卒で職歴に自信がない」
「ブラック企業から脱出したい。定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

アデコが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

アデコの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

転職エージェント『アデコ』公式サイトを見てみる

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。

契約社員は30代を超えるとだんだんキツくなってきます。
待遇も正社員に比べて弱いですし、何かあった時に転職出来なくなります。ぜひ正社員に転職して安定した居場所を手に入れましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする