アラサー女性の平均収入は年収300万円以下!シングルマザーのリスクを考えたら独身でいるほうがマシな現実

http://lmedia.jp/wp-content/uploads/2014/05/shutterstock_1331765751.jpg

 女性が働きやすい社会、などと国会では騒がれているが、実際にアラサー女性の年収は300万円以下、良くてもギリギリ年収400万という悲しい現実が浮かび上がってきた。
 女性でバリバリ働いて高給をとっているのはごく少数で、多くのアラサー女性は年収300万円の狭間で揺れ動き、将来に不安を持ちながら働いている。

 男性の年収も大手企業をのぞいて400万で頭打ちになるなど、結婚してパート主婦になる、なんて言ってられないのが庶民の現実だ。

 なぜ、アラサー女性の年収がここまで下がっているのか?

 その裏には厳しい現実があった。


女性総合職の離職率は高く事務職に流れる

 女性総合職であれば、20代後半になれば年収400万を超える人が多いだろう。
 しかし、多くの女性がそこに到達する前に総合職からドロップアウトしている。

 ドロップアウト後は事務職などいわゆる定時で上がれる職種につく事が多く、事務職だと年収は300万前後になってしまうし昇給も期待出来ない。それでも女性が事務職にこだわるのは、総合職で嫌というほど働いて分かった『総合職のきつさ』だ。
 給料が高くてもノルマがあったり残業ばかりで心が荒んだりと、総合職はもうこりごりという人が多いのだ。そのため、年収が100万下がっても定時で帰ってプライベートの時間をとりたいという心情がある。

 事務職は未だに男性には厳しく、事務職の男性採用はあまり無い。一方で女性は事務職に就職出来るチャンスはたくさんあり、今では事務職の椅子を奪い合って採用倍率が右肩上がりである。
 結果としてアラサー女性の平均年収は下がる。プライベートの時間はとれるようになったが、しかし、やはり年収300万円では心もとないというのが皆の本音のようだ。

出産したら年収300万も厳しくなる

 女性にとって一番の懸念事項が出産と子育てだ。一度、出産で退職してしまうと正社員の椅子にもどるのは難しい。離婚をしてシングルマザーになったら最悪で、それこそ生活保護しか手がなくなってしまう。
 今の日本では育休や産休なんてものは幻想であり、例え取得出来ても復帰は難しい。子供有りで正社員で働けるところは大企業が、一部の女性に理解ある会社だけであり、皆が皆、そういった恵まれた会社で働けるわけではない。

 市や県が運営する認可保育所もまったく供給が追い付いていない。
 認可保育所に余裕があれば、シングルマザーでも何とかフルタイムで働けるかもしれない。その希望すらないのが、情けないことに今の日本の社会である。市立の保育所は高く、とても年収300万では負担出来ない。

 手に職なしでシングルマザーになったら詰みなのだ。せいぜい、市営住宅に優先して入れる可能性が少し上がる程度で、社会的にはまだまだ支援が足りず宙ぶらりんになっている。

 こういった現実を知っているからこそ、アラサー女性は結婚や出産に躊躇している。生活破綻のリスクを恐れて子無しを選択する夫婦(DINKS)も増えてきた。結婚は共働きならリスクが減るが、子供が出来て、どちらかが仕事を失うと、とたんにリスキーなものになってしまう。

 少子化に苦しむ日本のジレンマだ。
 未だに、この問題は全国各地で起こっている。

育休も形ばかりの日本企業

 子育て支援の一環である育休制度も、大企業はさておき中小企業では浸透していない。
 育休を取るくらいならやめろ、という圧力があり、いわゆるマタハラをされる事が多いようだ。

 女性が働ける社会、安心して子供を産める時代なんて政府は言っているが、実際の現場では、子供を産ませない、産むなら辞めろといった圧力があるのが現実だ。
 これでは、アラサー女性が出産に躊躇するのも不思議ではない。人間は合理的な判断をする。こんな環境では少子化を減らせるわけがない、と私は思う。

独身女性だからこそ副業や貯金や資産運用でリスク管理をするべき

 社債や株式投資などで資産を運用する女性が増えてきている。こんな時代だからこそ、攻めの投資に出て少しでも過剰資金を増やそうという考えが広がっているようだ。
 アラサーになると、両親の介護や30代、40代以降のキャリアや収入など不安要素がどんどんわいて出てくる。そんな時に、貯金があれば生活破綻のリスクを減らすことが出来る。

 また、在宅ワークなどの副業を土日に行い、貯金を増やすシングルマザーも多い。
 調査した中で、在宅ワークの中で最も時給が高かったのは、男性の愚痴や悩みを聞くテレフォンレディのアルバイトだ。

 聞き上手、カウンセリングのスキルが要求されるが、在宅で時給3000円以上を稼げるのはテレフォンレディのアルバイト以外は無かった。
 詳しくは下記記事で紹介しているので、参考にしてください。www.hazimetetensyoku.com

年収に不服ならアラサーのうちに転職でキャリアアップをするべし

 アラサーは転職するなら最後のチャンスといえる年代です。
 業界や業種によって、年収は大きく異なります。事務職一つにとっても、金回りの悪い業界では年収250万。一方、Web業界や外資系などの金回りの良い業界では年収320万と70万近く差が出ることもザラです。

 どうせ同じ仕事をするなら、年収の高い業界に行きたいですよね。
 アラサーを超えると、明確な実績、強みがないとキャリアアップの転職は難しくなります。もし今の年収に不満、不安を感じたら、転職を考えましょう。

 転職をするなら、在職中であってもキャリア相談に乗ってくれて、転職可能な求人をピックアップしてくれる転職エージェントを利用するのが一番です。

 オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



 リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

 非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

 日本は少子化対策を真面目にやっていません。
 シングルマザーのリスクは大きく、形式化した官僚による女性支援にはため息しか出ませんね。

 だからこそ、自分の身は自分で守りましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする