高卒社会人が3年以内に仕事を辞める理由とその後の転職方法。なぜ高卒就職組はフリーターになるのか?

http://www.hj.sanno.ac.jp/files/cp/page/5794/01.jpg

高卒で就職した新卒社会人の3年以内の離職率は5割。
約半分の高卒社会人が3年もたずに社会人からドロップアウトしてしまっているのが現代日本の高卒での就職事情です。

短期離職してしまった人のほとんどはフリーターになります。
その理由は、例え若くても高卒という学歴の壁によって転職活動が難しいからです。

高卒社会人が仕事を辞める理由

そもそも、高卒で社会人になった人が辞める理由は何でしょうか?
社会人経験の無さは大卒の新社会人と変わりませんが、一番の理由は大学や専門学校に進学した友人など周りが楽しそうなのに対し、自分たち就職組は余裕がなくなるからです。

大卒の新社会人は、当然、同年代の友人も新社会人になることが多く、愚痴を言い合ったりして境遇を共有することが出来ます。しかし、高卒の場合は進学組が多く、就職組は孤独感を味わってしまいます。

学生と違い、長期休みもあまりなく土日だけしか休めませんし、高卒の人が就職しやすい現場系の仕事や販売職、サービス職ならば休日出勤や平日休みは当たり前です。
またアルバイトと違い同年代よりも自分の父親くらいの、かなり年上の先輩と仕事をすることが多く、慣れないコミュニケーションで大きなストレスを味わうでしょう。

社会人になって正社員で仕事することのキツさを味わうのは高卒も大卒も一緒ですが、一番辛いのはまだ学生である友人との価値観の違いでしょう。

社会人の辛さを知っていれば「お前は仕事してるから金あっていいよな」なんて言えませんし、アルバイトしかしたことのない学生と正社員では超えられない壁があります。

唯一、同年代の同期がいれば頑張れますが、同じ年代は上記の理由で離職率が高く、同期がやめると連鎖的に自分も……と逆に離職する方向で影響を受けかねません。

フリーターの方が同年代も多くて休みも自由!

高卒社会人の給料は少ないです。厚生年金や年金などを引かれ、手取りは20万円を切ります。経験の少ない高卒社会人はついつい「フリーターのが気楽だし稼げる」と勘違いしてしまいます。

また、転職しようにも大卒のように求人の幅が広いわけでもなく、フルタイム勤務に嫌気がさしていることが多いです。

結果として、目先の楽さと友人と遊ぶ時間の確保のために、職歴を犠牲にしてでもフリーターになるのです。

高卒社会人にとってフリーターは最高に楽しい

20歳前後の高卒社会人にとって、居心地という点ではフリーターは最高です。嫌なら気軽に仕事場を変えられるし、働く同僚は同年代ばかり。面倒な年上の先輩も、面倒な飲み会や付き合いもありません。責任も少なく、シフトも自由が効きます。
おまけに、お金も頑張れば就職していた時くらい軽く稼げる。

これほど楽しい環境があるでしょうか?
もし永遠の18歳でいられるなら、誰だってフリーターを選択するでしょう。

やがて寿命は尽きて行き詰まる

しかし、それが通用するのは20代中盤までで、25歳を過ぎるとだんだん周りに正社員が増えて、焦り始めます。フリーターの居心地がいいのはあくまで25歳までで、それ以降は焦りや焦燥感に苛まれます。

しかし、いざ転職をしようとしても、高卒という学歴の壁とフリーターは職歴にならないというペナルティが重くのしかかります。
25歳以上になると、大卒の社会人も第二新卒として転職市場に乗り出してくるため、短期離職した職歴しかない高卒フリーターはかなり厳しい状況に立たされてしまいます。

手に職をつけるべし

高卒フリーターの転職は難しいです。
しかし、職歴がなくても若さという武器はまだあります。20代を欲しがる市場が必ずあり、うまく潜り込むことが大事です。

ダラダラとフリーターを続けると最悪で、30歳を超えると途端に転職が難しくなります。そうなった場合は起業したりタクシー運転手など職歴無しでも潜り込める業界に行くことになります。

一つ言えることは、フリーターを続けても未来はありません。
起業するなり、こういった職歴なしでも歓迎してくれる業界に潜りこむなりして、食い扶持を手に入れることが大切です。

自分にあった企業に就職する方法

高卒社会人は一度、フリーターになるとなかなか正社員として復帰出来ません。
そこで、今度は自分にあった企業、仕事を選ぶために転職エージェントを利用することをオススメします。

転職はたくさんのエネルギーを使います。
履歴書作成やエントリーシートの作成、求人情報のチェックなどなど…。

転職エージェントはそれらの手間を省いてくれます。
あなたと面談をして希望条件にあった求人、企業を選んでくれますし、ブラック企業を弾いて良い企業を選んでくれます。

最近は20代向けの求人を積極的に扱う転職エージェントが出てきており、そういった転職エージェントを利用すると高卒で短期離職の経歴があっても内定率が高いです。
20代の若手人材、未経験OKの求人を取り扱っているので、本気で若手を育てたい、若手の人材を欲しがっている企業の求人を見つける事ができるので、人材使い捨てのブラック企業や即戦力を希望する求人を避けて効率よく転職活動が出来ます。

就職、転職のプロであるエージェントがしっかり求人を審査していますから、求人の質が高いのが特徴です。通常の求人サイトですと、どうしても企業の良し悪しは見分けがつきません。
エージェントを仲介することによって、企業の見極めを安心して任せることが出来ます。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

「高卒だから…」
「正社員はあわないから…」

と弱気にならず、まずは転職エージェントに相談をして正社員でのキャリアを再スタートさせましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする