タクシー運転手の年収は200万?タクシー運転手の労働時間や転職する方法

gr_taxi

 タクシー運転手というと、リストラされた人が成り手になっているイメージが強いですね。実際、タクシー運転手は職歴が無くても年齢が40代、50代でもなれる男性労働者の受け皿とも言われています。
 キツイ、客がわがまま、給料安い、労働時間が不規則で体に悪い等々、タクシー運転手はブラックなのでは? と思う人が多いと思います。

 確かにわがままなお客さんもいますし、酔っぱらいに絡まれることもあります。タクシー強盗の危険もありますし、シフトは深夜3時頃まで運転しなければなりません。

 年収の平均は200万で、月20万前後の収入の人が一番多いようです。

 しかし、実はこの年収には歩合制によるカラクリがあるので、一概にタクシー運転手が稼げないとは言えないのです。


タクシー運転手には営業のノウハウが求められている

http://blog-imgs-46.fc2.com/j/b/c/jbccon/2011102515094959b.jpg

 タクシー運転手の給料は歩合制の場所が多く、一定以上の稼ぎは自分のポケットに入ります。
 長距離のお客さんを乗せれば乗せるほど稼げるので、長距離のお客さんを見つけるコツを持った運転手は年収400万~600万稼いでいます。10年間無事故無違反で個人タクシーの資格を得ると、タクシー会社からの天引きがなくなるので、年収500万近く稼げます。

 しかし、当然ですが、それだけ稼ぐベテランのタクシー運転手になるには知識と経験が必要で、多くの新人~中堅タクシー運転手は家族を養えず自分の世話で手一杯なのが現状です。

タクシー運転手の労働時間は1日中

http://xn---a-gd4a7f4gub7489axyq132aee9a.com/wp-content/uploads/2014/01/15.jpg

 また、タクシー運転手の労働時間は、朝7時から深夜、朝方までの12時間シフトで、1日起きに休みがあるため非常に不定期です。生活習慣が崩れやすく、また座りっぱなしなので腰も痛くなります。

 最大のリスクは交通事故で、人身事故をやってしまえば免許取り消しもあり得ます。運転手になるということは、人の命を預かるリスクがあるのです。

タクシー運転手に向いている人は多い

 こうしてみると、だいぶキツイ仕事のように見えますが、実はサラリーマンに向いていない人ほどタクシー運転手が天職になることが多いようです。
 というのも、タクシー運転手で接するのはお客さんだけなので、嫌な上司やノルマで詰められることがあまり無いです。
 もちろんタクシー会社によっては1日のノルマがありますが、形態は自営業に近く、非常に気楽に勤務出来るメリットがあります。

 人間関係で退職したサラリーマンが、タクシー運転手になって活き活きすることはよくあります。60歳までと割りきって、タクシー運転手を続けている方もおり、タクシー運転手は一部の男性にとっては天国なのです。

タクシー運転手はほとんどが男性

 40代、50代になると、女性はスーパーやイオンモールなどでパートが出来ますが、男性はなかなかアルバイトやパートというわけにはいきません。その理由は過去記事にある通り、中年男性の居場所が無いからです。
 

30代40代の中年男性がバイトで差別され応募出来ない国。その背景にある絶望 – 大人のための転職活動支援塾

 ところが、タクシー運転手の成り手は中年男性が多く、元サラリーマンで挫折した経験があったり、ギャンブルで大失敗して流れ着いた人だったり、訳は様々ですが基本的に同年代が固まりやすい傾向にあります。

 当然、仲良くなりやすく話も合いやすいので、仕事仲間がたくさん出来る確立が高いです。運転手同士ならば上下関係もなくフラットな関係が築きやすいです。
 そのため、タクシー運転手になって活き活きする人は多いのです。

出世競争のない平和な世界

 会社勤めで辛いのが、出世競争や嫉妬、派閥争いです。社内での格差が大きいほど、他人と比較してみじめになることも多いです。しかし、タクシー運転手ならば格差は小さく、なぁなぁの関係であることが多いので、非常に気楽です。

 クライアントからのわがままを聞く必要も、面倒な飲み会に付き合う必要もありません。運転手になると飲酒運転防止のためのアルコール検査があるので、飲み会が苦手だった人も、タクシー運転手になれば飲み会から解放されます。
 よくよく、タクシー運転手はサラリーマンと対極的な位置にあるのです。

都内は客層が悪いことも……

 都内で深夜のタクシーを使う人は、酔っぱらいやホスト、鬱憤の溜まったサラリーマンなど面倒な客が多いこともあります。車内で眠られたり絡まれたりすると面倒で、非常にストレスになります。
 タクシー運転手を続けられるか否かは、この面倒な客をどうさばくか、その手法にかかっています。

 眠っている客は警察に送り届ける事が多いようです。お客さんの身体に触れることはNGで、セクハラや暴行で訴えられることがあるので、まずは警察に連れて行って、警察官に起こしてもらうのです。

 都内を避けて田舎でタクシー運転手になると、今度はお客さんを探すのに苦労します。京都などの観光スポットならばお客さんの層も良いですが、長距離のお客さんが少なく稼ぎは小さいです。やはり稼ぎやすさだと都内の深夜が一番のようです。

タクシー運転手は負け組ではない

 タクシー運転手になんかなってたまるか! と意地を張る人がいますが、タクシー運転手は社会に必要な職業です。社会の底辺でもなければ、キツすぎるブラックな職業でもありません。

 もし50歳でリストラされても、65歳まで働けるお仕事です。60歳で引退するにしても、10年間と割りきって業務をすれば、意外と楽しいセカンドキャリアになるかもしれませんよ。

 どんな職業にも苦労がありますが、楽しさもあります。タクシー運転手をしていると、色々なお客さんの話が聞けたり、人間ドラマを垣間見ることが出来ます。乗った直後に泣きわめく女性や、事業で一発あてて興奮しているお客さんなど、人生は千差万別です。

 リストラされたり倒産で職を失っても、腐らないで下さい。タクシー運転手は門戸が広く、友達も出来やすいので、いざという時はタクシー運転手への転職を考えてみましょう。

まずは求人サイトに登録して良い求人を紹介してもらおう

 タクシードライバーになるなら、まず求人サイトに登録しておくことをオススメします。
 というのも、求人サイトで応募をしている会社は業績が良い会社であることが多く、教育制度もしっかりしているケースが多いからです。

 特に求人サイトの最大手「リクナビNEXT」は企業が負担する広告掲載料も高い分、質の高い求人が集まっています。
 ぜひリクナビNEXTに登録して、未経験でも働きやすい会社でタクシードライバーをやりまそう。もちろん、転職して待遇アップを目指すのにも最適な転職サイトです。

リクナビNEXT 登録ページ



 審査がざるで掲載料も無料のハローワークなどでは、とんでもないブラック企業が紛れ込んでいることも珍しくありません。
 運送業界は労働者を使い捨てにする悪どい企業も多いので、なるべく多くの求人を見て「求人を見極める力」を養いましょう。良い会社なら定年まで働けるので、皆さんが良い縁に巡りあうことを願っています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする