25歳の転職で成功する方法。第二新卒、職歴3年からのキャリアパスの描き方

f:id:moguhausu2:20151022150209j:plain
 25歳というと、22歳で新卒で就職したとすれば、社会人になって約3年経った頃だと思います。
 社会人として3年も耐えると、だいぶ業務にも慣れてきて仕事が楽になってきた人もいれば、仕事を任されて労働時間、責任がキツくなってきて、転職を視野に入れている人もいると思います。
 もしくは、ブラック企業に入ってしまい、早くも職を転々とし始めている人もいるかもしれません。

 社会人3年目で転職を視野に入れている人は、年収の上げ幅が低いことや年間休日の少なさに不満を持ち、待遇アップのための転職を考えていたり、業界そのものを変えて異業種に未経験で転職しようなど、様々な理由で転職という選択肢を考えています。

 どんな理由にせよ、25歳での転職はまだまだチャンスがたくさんあります。
 人材不足の業界はまだまだ多く、20代歓迎の会社は星の数ほど存在しています。

 しかし、25歳で転職する時はどんな戦略を持ってキャリアパスを描けばいいのでしょうか?

 中途採用なのか第二新卒なのか、25歳の転職について詳しく見ていきましょう


ミーハーな転職は諦めること

f:id:moguhausu2:20150426211605j:plain
 新卒の時のように「低学歴だけど集英社に転職したい!」というような野望溢れる就活はやめましょう。時間の無駄です。
 大手企業への転職は、ただでさえ新卒の倍率が100倍以上なのに、転職で入れる可能性は非常に低いです。唯一、大手企業で職歴を3年貯めていれば可能性はありますが、基本的にミーハーな転職は難しく、入っても続かないのでやめたほうが無難です。

 社会で3年働けば、大企業が天国ではないことが理解できていると思います。

 よくベンチャー企業やブラック企業で激務にもまれている人が「大企業に入っておけば」と後悔しているのを見ますが、大企業でも居心地が良いとは限りませんし、新卒での就活を後悔しているようでは大企業に入ることは到底出来ないでしょう。

 大企業は福利厚生や休日がしっかりしているように見えますが、実際は企業によりけりで、ホワイトな待遇もあれば高給激務の企業、内部の人間関係がギスギスしている企業もあり、悩みのない素敵な会社というのは存在しないのです。

 25歳の転職で大事なことは、現実的な転職を考えるということです。

 自分の需要はどこにあるのか? 自分の経験を買ってくれる企業はどこか? ということを踏まえ、自分の希望する条件(年間休日、職務、業界など)を掘り下げて、しっかり次につなげる転職をすることが大切です。

何のスキルもないというのはあり得ない

 25歳で転職する人の多くが「自分にはスキルがない」と思いがちですが、実はそんなことはありません。スキルがないのは新卒だけで、どんな職業でも一度、職務につけばそれなりにスキルを得ているものです。
 電話対応や見積書の作成、営業のアポ取りなど、やってみるとたいしたことのない業務でも社会人としての立派なスキルです。これは新卒が持っていないスキルで、中途採用、第二新卒での転職では十分強みになります。

 また、ブラック企業で激務をこなしていたというのも、立派な強みになります。25歳の採用では、まだまだ根性は評価されます。新卒で会社選びに失敗しても、ブラック企業で激務に揉まれた経験がある第二新卒と、ぬるま湯で仕事をしてきた中途採用者では、根性のある前者が選ばれることが多々あります。

 第二新卒の採用担当者が一番嫌うのが根性や責任感のないゆとり社員で、中途採用では特にそれらの人材を回避する傾向にあります。
 ブラック企業でしたが1年~3年耐えました! というのは立派なアピールになります。

転職しないことがリスクになることも

f:id:moguhausu2:20150526113244g:plain

 石の上にも3年、という言葉があります。3年いれば何でも物になるという意味ですが、転職に関しては、その職場に居続けることで転職のチャンスを失うリスクがあります。

 若さは有限で、もし新卒で業種選び、職務選びに失敗したら、早いうちに転職しないと、キャリアパスの訂正が難しくなってしまいます。

 未経験者は20代まで、と言われているように、新しい業種で働きたいならば、20代のうちが転職の最大のチャンスなのです。
 25歳という年齢は、社会人の基礎があれば、未経験であっても採用担当者が採用したい年齢なのです。

 また、新卒で就職した人が3年以内に3割離職します。その穴を埋めるのはどんな人材でしょう?
 そう、第二新卒なのです。第二新卒はいわば早期離職者の穴埋めであり、25歳はまさに転職が最も多い年齢なのです。

大きめの会社は第二新卒。小さい会社は中途採用。

 第二新卒の転職イベントと、中途採用者のイベント、どちらに行けばいいのでしょうか? 結論から言うと、企業の規模によります。比較的、規模が大きい会社は第二新卒を求めており、逆に中小企業は中途採用が多いです。

 大手企業と中小企業、どちらも特色があります。大手では研修や年収カーブがしっかりしていますが、職務の範囲や転勤の無さは中小企業に軍配が上がります。

 転職する時は転勤の有無、年収の推移、職務範囲などの希望も考えておくと良いでしょう。

 25歳での転職は失敗するとリスクが大きいです。
 下手をすると転職回数が増えてしまうので、しっかり自分の希望を見極めて転職をしましょう。

転職エージェントに登録して転職をサポートしてもらう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、現在の会社にこだわる必要が無いことに気付けて、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

 スキルや職歴が浅くても、20代は若さという価値があります。
 現在、労働者不足により20代の転職市場価値はとても高く、内定率が高い売り手市場になっています。

 もし現在、ブラック企業に勤めていて辛い思いをしていたり、給料の上がらない会社で未来が見えない、自分のやりたい事が見つかった、などで転職を考えているなら、ぜひ転職エージェントを活用して、新しい一歩を踏み出しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする