女性の入院のお見舞いにオススメのお花とは?お花の選び方やお見舞いにNGのお花などまとめ

http://image.rakuten.co.jp/anne/cabinet/00277019/img24881726.jpg

入院のお見舞いに何を持っていくべきか、迷うことって多いですよね。入院中は暇だろうと本をお見舞いとして差し入れる事も出来ますが、同僚やビジネスパートナー、妻側の親族など公的な関係の人にはなかなか好みが分からず、選び方も難しい……。
特に男性から女性にお見舞いを渡す時は、何を選んでいいのか分からなくて困ることも多いと思います。旅行のお土産なら、甘いものなど食べ物でいいのですが、入院中の相手に食べ物はマナーとしてNG。特に胃の病気だったら最悪ですね。

そこで、女性のお見舞いにオススメなのはお花です。
体調回復を願い、お見舞いにお花を贈るのは昔から変わりません。しかし、お花にはそれぞれ意味があり、中にはお葬式で使うお花もあることはご存知だと思います。

 まずは、お見舞いにオススメのお花を紹介します。


生のお花よりもプリザーブドフラワーを選ぼう!

生花は花粉などの関係で、衛生上、良くない事が多くお見舞いとして贈るのは難しいです。
そこで、お見舞いにおすすめなのは、プリザーブドフラワーという造花のフラワーギフトです。

造花であれば花粉や雑菌の心配がなく、また小物が多いため邪魔になりません。
値段も3000円からの物が多く、女性への入院のお見舞いとしてはぴったりです。人気のものをいくつかピックアップしましたので、参考にして下さい。

ポプリキューブ

ラベンダーの香りが微かに香るフラワーギフトです。手の平サイズなのでスペースを取らず、お見舞いに最適です。

フォトフレーム

写真の他にポストカードを入れられるので、海外の風景のポストカードを入れておくと、味気ない病室が華やかになります。落ち込み気味な入院中の女性に喜ばれるお見舞いのフラワーギフトです。

 続いては、お見舞いに選んではいけないNGなお花の選び方を紹介します。
入院のお見舞いに選んではいけないお花は下記の通りです。

お見舞いにNGのお花一覧

・ユリの花

ユリは花粉がつきやすく、匂いがきついため大部屋などではとても迷惑になってしまいます。花粉アレルギーであれば、患者はベットから逃げられないため、大変嫌なお見舞い品となってしまいます。
また、テッポウユリなどは下向きになってしまうため、快方に向かうことを願うお見舞いの花としてはよくありません。

・菊・小菊

菊はお葬式の時に備える葬儀用のお花です。これをお見舞いとしてプレゼントするのは、ずばり相手の死を願うことと同じで、嫌がらせとして捉えられてしまいます。
知らなかったではすまない、NGなお花なので、お見舞いとして菊を選ぶのは絶対に避けましょう。

・シクラメン

死と苦を連想する名前のため、入院中のお見舞いにおくる花としては避けたほうがよいでしょう。また、温度管理や水やりなどが大変な品種なので、手間のかかるお見舞い品になってしまう可能性が高いです。

・バラなど赤色の花

愛や情熱を表すバラですが、赤は血の色と同じで、お見舞い品として贈るのはふさわしくありません。入院している恋人にこっそりプレゼントするにしても、バラは避けるのが無難です。入院中は、特に女性はナーバスになっていることが多いので、気持ちが落ち着くお花をプレゼントしましょう。

・花瓶、鉢植え

花瓶や鉢植えは割れたり雑菌が繁殖すると危険なので避けましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする