契約社員で経理の経験を積むことの有効性。企業は非正規の職歴も経験年数に含めるの?

未経験から経理になろう! と思って転職サイトを見ていると、どうしても引っかかってしまうのが「経理の経験3年以上」の条件。簿記二級を持っていても、経験が無いとなかなか転職市場では評価されないのが辛いところです。

しかし、経理はどんな企業でも必要な部署で、転職のしやすさは高く、一旦経験さえ積んでしまえば強い武器になることは間違いありません。そこで、最初は非正規雇用の契約社員で経理の経験を積むことをオススメします。

契約社員とは:

非正規の従業員、非正社員。 主にアルバイト、パート、嘱託、非常勤の雇用形態で働く従業員のことを指す。

契約社員であっても職歴にカウントされる!

よく皆さんが勘違いしてしまうのが、非正規雇用(アルバイトや派遣社員・契約社員)だと職歴にカウントされないという話です。これは、業種が単純労働だった場合の話で、経理や貿易事務など専門性のある職種での職歴はちゃんとカウントされます。

そもそも、派遣や契約、非正規社員という雇用形態はもともと専門性のある人を一定期間雇うという形であったのが、単純労働のイメージが強くなりすぎて、非正規雇用=使えない、職歴にならない、企業内で差別される、不安定・・・などのネガティブなワードになってしまっています。

経理に関しては、正社員としての就職を目指す場合、未経験からではなかなか新卒以外だと難しいのが現状です。しかし、契約社員であれば、未経験であっても簿記二級の資格があれば比較的すんなりと入ることが出来ます。

そこで三年経験を積めば、堂々と「経理の経験3年以上」の条件を突破し、経理職に正社員として就職できる確立がグンとアップします。

ただし、簿記の資格はとっておくべきです。最低でも三級、出来れば二級が欲しいです(一級は合格するために必要な勉強時間が膨大なので、スルーして構いません)。

簿記は、独学でも十分合格出来ますが、ハローワークの職業訓練校でも科目としてありますので、失業保険を受給中の方は職業訓練校に申し込むのもオススメです。

経理って採用競争が激しいのでは?

一般事務職の求人倍率が0.19倍にもかかわらず、一般事務職希望の女性が多いというニュースをよく耳にします。

では、似たような経理職も採用競争が激しいのでは? とお考えの方もいるかと思いますが、経理職は簿記などの資格も必要ですし、責任感も重く忙しい時期は残業もあります。

また、前述した通り正社員採用は経験3年以上の条件がほとんどですので、倍率としては一般事務よりも低く、契約社員から正社員になりやすい職業の1つです。

一般事務職より経理の方が転職しやすい!

経理は一度経験を積んでしまえば、企業が違ってもやるべきことは同じことが多いので転職には強い職種です。しかし、一般事務職の場合は各会社によって業務範囲が違ったり、専門性がほとんど無い、いわゆる代わりの効く職務であるため、私は一般事務職よりも経理をすすめています。

今後、転職活動をしていく上で重視して欲しいのは『将来性』です。一般事務職はIT化に伴って作業が単調になり、どんどん非正規化が進んでいます。非正規雇用で済む部署というのは、今後ますます増えていくと思います。

転職の際には、ぜひ手に職をつけて、正社員として必要とされるスキルを得られるキャリアを進んでいくことをオススメします。

契約社員の求人を探すならDODAがオススメ

契約社員として求職活動をするにあたって、サポートをしっかりしてくれる求人サイトはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

正規雇用有りの経理の契約社員求人も多く抱えており、エージェントがあなたの希望にあった求人を紹介してくれます。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

最近は、ブラック企業への規制も強くなってきましたが、未だに契約社員をこき使うブラックな会社も多いです。

ぜひDODAを活用して、ちゃんと教育や正規雇用への道が整っている企業に経理として就職しましょう。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする