30代で期間工から正社員になれる?期間工から自動車工場の正社員になれる確率

未経験でもガッツリ稼げる期間工の仕事。

トヨタや日産、ホンダなど大手自動車メーカーで働けて、時給が高く年500万ほど稼げるのが強みですね。

しかし、期間工は非正規雇用なので、不況になるとクビを切られてしまいます。

今は景気が良いですが、かつてリーマン・ショックが起きた時は、一斉に期間工が契約を打ち切られ職を失いました。

そんな期間工ですが『正社員登用あり』と書かれているケースが多いです。

しかし、30代で期間工から正社員になる事は出来るのでしょうか?

今回は30代期間工が正社員になれるか解説します。

いきなり結論:期間工から正社員はかなり難しい

いきなり結論からいきますが、期間工から正社員になる道はかなり難しいです。

というのも、期間工から正社員になるためにはテストがあり、筆記試験→面接を経て正社員になります。

しかし、その筆記試験は難しく、おまけに倍率も高いので、正社員になれるのは下記の条件を満たしている人だけです。

・筆記試験をクリアする頭脳がある

・期間工としての経験1年以上。かつ職を転々としていない

・27歳くらいまで

・上司の推薦を貰える

能力だけでなく、年齢、さらには上司の推薦もないと正社員にはなれないのが、実情です。

倍率は毎年50倍ほどで、100人希望者がいても2人合格するかどうか…といったレベル。

実際にデンソーの合格倍率を見てみましょう。

2010年度 54倍 合格率 1.83%

2011年度 50倍 合格率 2.00%

2012年度 52倍 合格率 1.90%

だいたい合格率は1%前後ですね。
相当な狭き門です。

冷静に考えてみれば、新卒で入社するのも大変な大企業なのに、現場あがりでそこに入ろう!というのは、かなりキツいですよ。

だって、大企業には優秀な高卒の新卒がいっぱい入ってきますから、それで人員は確保できますからね。

わざわざ期間工から正社員採用するか? となると、ごく一部の優秀な人だけ選んで採用するでしょう。それ以外はいらない! といった感じ。

期間工の広告では『正社員登用あり!』なんて大々的に言っていますが、実際は合格率1%と正社員になるのは、ほぼ無理ゲーです。

20代でも厳しいのですから30代で期間工から正社員になれる確率は、ほぼ0%でしょう。

企業の本音と建前に騙されるな!

期間工でなくても「いつか正社員にしてあげるから、今は派遣でよろしく!」と言って正社員登用をチラつかせる会社は多いです。

しかし、企業の本音は『できるだけ正社員は雇いたくない』というもの。

なぜなら、派遣や契約社員の方がイザという時に簡単にクビに出来るからです。

その本音は、大手であろうと中小企業であろうと同じ。

でも、そんな事を言ったら人が来ない。だから正社員登用あり!とデカデカと宣伝するのです。

もちろん本当に優秀で上司に気に入られた人なら正社員になれます。

しかし、基本的には派遣・契約・期間工から正社員になるのは無理です。早めにこの真実に気付いておかないと、非正規雇用のまま年齢だけ重ねてしまいますよ。

正社員を目指すなら期間工ではなく最初から正社員求人を狙おう

正社員になりたいのであれば、期間工から狙うのではなく、最初から正社員求人を狙うのがオススメです。

大企業は難しいですから、大企業の下請けや関連会社を狙いましょう。

例えば、トヨタと契約している工場、京セラと契約している工場などなど…

大手企業と関係が深い会社は、大手ほど待遇は良くないものの、安定しています。

また、可能であれば貯金を使って『クレーン免許』や『フォークリフト免許』など特殊車両の免許を取っておくと、30代以上でも正社員になりやすいです。

特殊車両の免許は、やはり工業系の就職ではとても強い資格ですし、潰しも効くので、ただのライン工として就職するよりも安定しますよ。

クレーン運転士の平均年収は400万円~500万円で、期間工と同じくらい稼げますし、正社員+免許ありの特殊技能ですから、不況になっても仕事に困る事はありません。

他には、電気工事士など電気・インフラ系の資格を取って正社員を目指すのもオススメです。

電気工事士について詳しく知りたい方はこちら。

・電気工事士の資格は就職に使えるのか徹底解説。未経験30代以上でも稼げる資格って本当?

期間工のように、資格無しで誰でも出来る作業は、いずれ機械化によって消えます。資格や免許をしっかり取っておけば、手に職になるので安心ですよ。

正社員になれば、社会的信用も上がって、住宅ローンも組めます。

期間工のまま40代、50代になっていくとだんだんキツくなってきますから、30代のうちに正社員を狙いましょう。

正社員の求人の中には、上記のような資格取得をサポートしてくれる未経験OKの求人もあります。

特にクレーンや電気工事士などは人材不足のため、未経験・資格無しでも入社後サポートしてくれる企業が多いですよ。

自分で資格取得するよりコストパフォーマンスが良いので、そういった求人を狙っていきましょう。

正社員を目指すなら、無料で求人斡旋&就職サポートをしてくれる転職エージェントを活用するのが一番オススメです。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

・DODA 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

こちらの記事も、合わせてどうぞ。
転職エージェントの効果的な使い方について紹介しています。

・転職エージェントの効果的な使い方。任せっきりは絶対ダメ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする