やせたい!けど、運動が面倒くさい人がダイエットを継続するコツ

「今年こそ、やせたい!」

と思ったものの、運動が続かず、結局またゴロゴロしてしまう…という人は多いですね。

よほど運動好きな人でない限り、運動は意識して行わないと続きません。特に、大人になると、仕事や家事、育児など様々なタスクが毎日押し寄せてくるので、習慣化するのは大変です。

そこで今回は、簡単に出来る、面倒くさい運動を継続するコツを紹介します。

『ながら運動』出来る器具を活用する

「ジムに通う」
「毎日、スクワットと腹筋をする」

などのダイエット方針は、建てるのは簡単ですが続けるのは非常に難しいです。

「今日は疲れてるからいいや」
「忘れてた。もういいや」

と投げ出してしまう人も多く、運動=苦痛、めんどくさいと思ってしまう人には向いていません。

そういった挫折を繰り返している人に一番おすすめなのが、ながら運動が出来る器具を活用することです。

昨今は、お腹につけるだけで腹筋を刺激するベルト型器具などもありますが、私のおすすめはながらウォークです。

▼ ショップジャパンの公式紹介動画

ながらウォークは、座ってゆらゆらとお尻を動かすだけ、腹筋のインナーマッスルが鍛えられる器具です。

スマホをいじりながら出来るので、ネットや動画を楽しみながら運動が出来ます。

私はネットフリックスで海外ドラマを見るのが趣味なのですが、海外ドラマを見る時、冒頭の10分間だけながらウォークをしながら見るようにしています。

このように、海外ドラマを見る、映画を見る、アニメを見る…なんでも良いので、夜のホッと一息つけるリラックスタイムにながらウォークを組み込むと、非常に継続しやすいですよ。

海外ドラマの更新が無い時は、youtubeを見ながらながらウォークで運動をしています。

ながらウォークを使わなくても、スクワットなどもながら運動可能です。

ただし、スクワットは負荷が大きいので、疲れてしまい続かない可能性が高いです(私は挫折しました)

ウォーキングを意識して行う

一番継続しやすい運動は、ウォーキングです。

ウォーキングは負荷も少なく、かつ気軽に買い物ついでに出来るのでオススメです。

ダイエット効果は小さいのでは? と侮るなかれ。ウォーキングをすると血液循環がスムーズになり、便通が良くなる、ポジティブな気分になる…など様々な恩恵があります。

何より一番気軽に出来る運動であり、ダイエットの入り口として最も最適です。(雨の日や猛暑日は出来ないのが難点ですが…)

ウォーキングをする時のコツは、ウォーキングをメイン目的にするのではなく、例えばお菓子を買いに行く、少し離れたカフェに行く…などご褒美を用意することです。

隣駅などに美味しい和菓子屋、パン屋、カフェなどがあるか調べて、そこまで歩いて行きましょう。
帰りはバスや電車で構いません。

ケーキなどの洋菓子はカロリーが高いのでイマイチですが、和菓子がおすすめです。

和菓子は、大豆を豊富に使っており、太りにくい甘味になっています。
ご褒美を用意することで、ウォーキングもやる気がグッと上がりますよ。

カレンダーにマークをつける

アプリでも紙でも良いのですが、運動をした日はカレンダーにマークを入れておきましょう。

カレンダーにマークをしておけば「前回の運動から◯日あいてる」「今月は週3回運動できた」など自分の努力が可視化出来ます。

記録をつけることは、継続をする上で大切です。
目標に対して、どれくらい継続出来たのか。どのくらいのペースなら続けられるのか明確にすることが出来ます。

コツとしては「毎日運動をする!」と無理に高い目標をいきなり建てるのではなく、まずは「週2回やる」といった低いハードルを用意することです。

週2回程度なら、運動嫌いな人でも続けやすいですし、ながら運動や買い物ついでのウォーキングなら、なおさら負荷が小さいので楽に続けられます。

スクワットや腹筋など負荷の大きいトレーニングは、たしかに効果はありますが、その分、キツくてなれていないと続きません。

まずは自分に出来る範囲で続ける事が大切ですよ。

一気に短期間でやせようとすると、必ず挫折します。まずは「やせる」目的ではなく「運動を継続する」事を第一目標に始めてみましょう。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする