転職で職種変えるのは何歳までOK?内定を取るコツは?

転職で職種を変えるという事は、これまでのキャリアとは全く違うスキルを1から学ぶ…という事です。

正直な話、経営側からすれば教育コストがかかるので、職種変更を希望する転職者は敬遠されがちです。

しかし、だからといってチャンスが無い訳ではありません。

未経験の転職でも成功しているケースもありますし、職種を変えて前よりずっと働きやすくなった人も多いです。

職種を変える転職は20代まで…と思っている人もいますが、30代で職種を変えた人もおり、コツさえ掴めば職種変更は難しくありません。

また未経験といっても社会人経験があれば、社会人としての基礎能力は活かせます。そこを上手くアピール出来るか否かが重要と言えるでしょう。

今回は転職で職種変える場合の年齢制限や内定を取るコツを紹介します。

最も職種を変えやすいのが第二新卒での転職です

転職をして職種を変える場合、最も有利なのは第二新卒です。

第二新卒の場合、社会人経験が3年未満なので、社会人基礎力を持っていてなおかつ他社に染まっていない、若くて将来性もある…と雇う側から見ればメリットが多いです。

未経験の仕事に転職する場合は、やはり若さが一番大事なステータスになります。

若い人ほど柔軟性があり、1から教育しても飲み込みが早いからです。

30代で未経験に転職するなら年収ダウンに要注意

30代でも職種を変える事は可能ですが、年収はダウンする傾向が強いです。

事務職から総合職、あるいは中小企業から儲かっているベンチャー企業…といった転職であれば年収はアップしますが、そうでなければキャリアダウンは避けられません。

しかし、転職して年収が下がっても、その職種でキャリアを重ねていけば市場価値は上がるので、再び転職する時に年収がグッと高くなる可能性もあります。

異業種の場合、どうしても最初は低い年収ベースからのスタートになるので、そこは飲み込むしかありません。

30代で職種を変えるのは冒険…と言われているのは、得てして年収ダウンが大きいからです。

しかし、そのリスクを背負わなければ職種変更は厳しいので、1年目の年収ダウンは目をつむる事が必須です。

未経験の職種に転職するコツ・面接官がチェックするポイントについて

職種を変える場合、面接でのアピール方法や志望動機の掘り下げが重要になってきます。

前職で得た能力、それをどう新しい職種で活かすのか?
なぜ今のキャリアを捨てて新しい職種にチャレンジするのか?

といった点をしっかり考えておかないと、面接を突破することが出来ません。

未経験の人材を採用する場合、人事は

「途中で挫折するのではないか?」
「本気で1から学ぶ姿勢はあるか?」

といった面を気にします。
モチベーションや社会人としての能力、責任感をシビアにチェックしてくるので、こちらも入念な準備をして挑みましょう。

応募者の中に経験者がいた場合、厳しい戦いになりますが、志望動機やモチベーション、人柄をちゃんと経営者にアピール出来れば、逆転して採用されるケースはあります。

会社では即戦力が求められますが、それ以上に「この人と一緒に働きたいか?」という点を重視する会社も多いです。

やりたい職種があるのなら、未経験でも諦めずにチャレンジしていきましょう。

書類の準備や求人探しは転職エージェントを使って効率的に行おう

自分にあった求人選びや、面接ノウハウの会得、書類の作り方などは、プロに教わるのが一番効率的です。特に在職中に転職する場合は、細かい作業はプロに任せた方が楽です。

そこでオススメなのが、転職エージェントを使って効率的に転職活動を行うことです。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする