会社にバレずに転職する方法まとめ。会社バレする原因を知っておけば対策は簡単です

screenshot-2014-12-02-10-11-01

在職中に転職活動をする場合、転職活動をしている事が会社や同僚にバレると厄介です。

当然ですが、会社にとって『転職しようとしている人物』は目の上のたんこぶ以外の何物でもありません。

特に、上司なんかに転職活動がバレた日には、冷遇&罵倒を覚悟する必要があります。優しい上司であれば面談などで寄り添ってくれますが、それはそれで会社を辞めにくくなるので辛いですね。

とにかく在職中の転職をするなら、会社にバレるのはご法度。もはや転職のマナーといっても良いくらい基本中の基本です。

しかし、鋭い同僚や上司がいると、どういう訳か転職活動がバレてしまうもの。

そこで今回は会社にバレずに転職する方法を紹介します。

なぜ転職活動は会社にバレるのか?転職バレする理由まとめ

OY151013119766_TP_V-768x512

対策をするなら、まず原因を知っておくことが大事です。

まず第一に、なぜ転職活動は会社にバレるのでしょうか?

代表的な原因が、下記の4つです。

1:会社で転職サイトを見ている
2:スマホで転職サイトを見ている所を見られる
3:同僚に話してそこから漏れる
4:平日の有給が増えた・定時上がりが増えた

1つ目は論外ですね。
会社でついつい転職サイトを見てしまう人は多いですが、これはリスクが大きいです。

ネットの閲覧履歴を見られたらアウトですし、物理的に後ろから見られてもアウト。
PCが監視体制にある企業であれば、もちろんアウト。

会社のPCで転職サイトや当記事のような転職コラムを読んでいると、転職活動が会社にバレる確立は飛躍的にアップします。

「もう会社は絶対辞める。抗議の意味もこめて勤務中に転職サイトを見てやる!」

という反骨精神?がある人は別ですが、基本的に会社のPCで転職活動はやめておきましょう。

2つ目。
ならば個人のスマホなら大丈夫…かというと、意外と油断ならないのがココ。

昼休憩の時に、サッと転職サイトをチェック。あるいはメールボックスをチェック。

そんな事をしていると、意外と後ろから見られて「あ、こいつ転職サイト見てる…」とバレるもの。

個人のスマホだからバレない、とタカをくくっていると、つい人間、油断してしまうものです。

人の目はどこにあるか分かりませんから、スマホで転職サイトを見る時は必ずトイレの個室などクローズドなスペースで見るようにしましょう。

3つ目。
ある意味、一番怖いのがコレ。

信頼している同僚に「俺、転職しようと思ってるんだ」と告げたら、次の日に上司に呼び出された…なんてケースは多々あります。

同僚や先輩にとって、現場から一人抜けるのはキツいもの。
そのため、よかれと思って上司に報告したり、あるいは嫉妬や恨みからチクられる事はあります。

二人だけの秘密だぞ! と約束しても、つい他の人に喋ってしまったり、誰かに聞かれていたりするケースもあります。

居酒屋で同僚に転職を打ち明けたら、後ろに上司が座っていた…なんてホラー体験も。

4つ目。
特に、女性に多いのですが、普段と違う行動をしていると「こいつ転職活動してるな?」とバレるケースがあります。

平日に有給を取ったり、定時上がりをしていると、考えられるのは転職活動。

面接は平日に行われますから、有給を使って他社の面接を受けているのでは? と鋭く推測する女性は意外と多い。

特に男性は嘘をつくのが苦手ですし、普段から不満を抱えていれば、不意に事務方の女性に転職活動を見抜かれる事があります。

こういった時のために、事務職の女性とは良い関係を保っておきましょう。

女性が上司の場合は…もうすっとぼけるしか無いです。

「最近、ネットゲームにハマってまして」
「映画にハマってまして」

なんて言って、ごまかしましょう。
相手はそれ以上、追求出来ないはずです。

会社に転職がバレない為には「孤軍奮闘」の意識が大事

person-woman-relaxation-girl

以上のように、会社に転職活動がバレる原因は、ほとんどが自分の油断です。

4番目だけは避けられませんが、しっかり気をつけていれば、大抵の場合は転職バレは避けられます。

転職活動をし始めると、ついつい罪悪感や不安にかられて、同僚に相談したり転職サイトをこまめにチェックしてしまうものです。

しかし、そこはグッと我慢して、孤軍奮闘…孤独な戦いを覚悟して挑みましょう。

在職中の転職活動が会社にバレて、良いことは一つもありません。

嫌がらせをされたり、ボーナス前に退社するよう促されたりする悪質なケースもあります。

転職活動をバラすのは、内定が出てからが一番。

バカ正直に「俺、転職活動をしています!」なんてアピールしないようにしましょう。相手も反応に困りますからね。

転職エージェントを使えば安全に転職できる

pexels-photo-119694-medium

しかし、そうはいっても会社に隠れながら転職活動をするのは大変です。

書類の制作や、面接対策、面接日のセッティングなど整えるべき事がたくさんあります。

在職中ですと、普段の仕事に加えて転職の事務作業が発生するため、どうしてもキツくなるもの。その油断が会社バレを引き起こします。

そこでオススメなのが、転職エージェントを使って効率的かつ会社に秘密で転職活動を行うことです。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトはこちら

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする