理不尽な上司・マネージャーのストレスから逃げる方法。サイコパス野郎から自分を守るための対処法まとめ

f:id:moguhausu2:20161024105305j:plain
 どんな会社でも、上司やマネージャーにあたる人物が素晴らしい人であれば、楽しく仕事をすることが出来ます。

 働きやすさ=人間関係という方程式は、社会人であれば誰もが感じることですよね。

 しかし、世の中、傲慢な上司やあさましいマネージャーの多いこと。
 自身の保身のために責任を押し付けてきたり、サービス残業を強要したり、気にくわないと露骨にいじめてきたり…。

 どんなに好きな仕事をやっていても、上司やマネージャーが最悪だったら、会社に行くのが嫌になりますよね。

 こういった問題ある上司やマネージャーには、どう対処したらいいのか?
 今回は理不尽な上司・マネージャーのストレスから逃げる方法を紹介します。

1:同僚や先輩との結束を強める

f:id:moguhausu2:20161024105410j:plain
 職場の人間関係の問題において、よくある解決法として『嫌いでも飲みに誘って、少しずつ歩み寄る』というものがあります。

 しかし、理不尽な上司・マネージャーと仲良くなろうとしても、やはり難しいものがあります。

 特に仕事の方針が合わなかったり、人間として仲良くなりたくないのであれば、無理に付き合う必要はありません。

 尊敬出来ないのに、無理やり「すごいですね~尊敬します」なんてごまをする必要もありません。

 嫌な上司・マネージャー対策で重要なのは、同僚や先輩との結束を強めることです。

「あの上司、どう思います?」

 と探りを入れて、自分と同じように嫌な目にあっている仲間を見つけるのです。

 悪口は結束を強める最高のスパイスと言いますが、実際、嫌な上司の下で働いている者同士は愚痴を言い合うことによって、結束を強める事ができます。

 同僚や先輩も同じく「上司が嫌い」であれば、連合を組むことが出来ます。

 そして、いざという時、お互いにフォローし合うことで上司からのストレスを小さくすることが出来ますし、上司にいじめられた時も「一人じゃない」と精神的に楽になります。

 ただし、中には上司にごまをする「ねずみ男(女)」もいるので、そういう子は仲間に入れないように注意しましょう。

2:仕事で突っ込まれないようミスを無くす

f:id:moguhausu2:20161024105457j:plain
 あなた自身、仕事が出来ない、ミスが多い場合、イジワルな上司やマネージャーにいじめる口実を与えてしまいます。

 仲間がフォローしようにも、あなた自身が会社の足を引っ張っていると、どうしても上司・マネージャーの方に歩がある展開になってしまうのです。

 ですから、嫌な上司・マネージャーがいる場合は、なるべくミスをしないよう確認を細かく行う。仕事で一人前になって突っ込むスキを与えないようにするのが、一番の防衛策です。

 仕事が出来ない新人時代などは「お前ほんと使えねーな。クビにするぞ?」と言われても反論出来ませんが、仕事が出来るようになれば「私をクビにしたら売上XX円飛びますよ」と逆に脅し返すことが出来ます。

 新人時代は、どうしても仕事を一人でこなすことが出来ないため、上司にいじめられても反論しにくいです。

 しかし、1年、2年と耐えて仕事を覚えていけば、会社内での自分の立場も強くなるので、嫌な上司やマネージャーと戦うことが出来ますよ。

 もし、どうしても耐えられない。もう上司・マネージャーと関わりたくない、限界…と感じたら、最終手段として『転職活動』を行いましょう。

3:転職で人間関係をリセットする

f:id:moguhausu2:20161024105612j:plain
 人間関係が原因で転職…というと、なんだかネガティブなイメージがありますが、実は転職の理由第一位は10年連続で『人間関係』なのです。

 日本の会社は終身雇用制ですから、会社の人間関係はそう簡単に変わらず固定されています。

 そのため、どうしても気が合わない上司と当たってしまうと、戦う以外に逃げ場がないのが現実です。

 皆さん大人なので、受け流したり、同僚と愚痴を言い合って耐えていますが、何事も限度というものがあります。

 私の友人で、10年以上一つの会社に勤めてきた方がいますが、ヘッドハンティングされてやってきたマネージャーに

「サービス残業の強要」
「度重なるパワハラ」
「曖昧な指示」

 などの仕打ちをうけて、サッと退職して同業他社に転職してしまいました。

 彼は、その会社が好きでしたが、どうしてもマネージャーの理不尽さに我慢ができず飛び出したそうです。

 今は楽しく仕事をしているようで、何よりです。

 彼のように、どうしても我慢できない場合は、無理に我慢をせずササッと辞めて、同業種に転職してしまうのが一番です。

転職ノウハウや求人探しはプロの転職エージェントに頼もう

f:id:moguhausu2:20160805170019j:plain
 転職をする上で一番のハードルが『情報の少なさ』です。

 本屋にいけば転職の本は置いてありますが、いかんせん一般論しか書いていないので、例えば

「事務職に転職したいけど、可能なの?」
「残業が少ない会社はどこなの?」

 といった具体的なところまでは書いていません。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを利用して、キャリア相談や求人情報、転職ノウハウなどをすべて無料で教えてもらう方法です。

 就職・転職活動は一人でやると負担が大きいですよね。
 求人を一つ一つ精査するにしても、どの求人が自分に向いているのか、自分の経歴やスキルが活かせるのか…といった点を分析していれば、時間がいくらあっても足りません。

 転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるエージェントがあなたのキャリアをしっかり精査して、あなたにあった求人をオススメしてくれます。

 管理職からの転職…というケースも、プロの担当者がしっかりケアしてくれますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする