先生にプレゼントするならお花がオススメ!予算別に綺麗なフラワーアレンジを紹介

卒業や進級、先生の退職・異動など、中学や高校において、いつか訪れる先生とのお別れ。そんな時に、クラスや個人的なプレゼントとしてお花をプレゼントをすると喜ばれるでしょう。

しかし、お花といっても、どんなフラワーアレンジが良いのか?
予算内だと、どんなお花が買えるのか? などなど、選ぶ時に迷ってしまう人も多いと思います。

そこで今回は、先生へのプレゼントにオススメのフラワーアレンジを予算別に紹介します。

予算3000円台ならポプリキューブかフラワーリースで決まり!

予算が3000円~4000円の場合、花束なども良いのですが、やはり持ち運びに苦労しますし、保存も大変です。

そこでオススメなのが、プリザーブドフラワーを使ったフラワーアレンジです。
プリザーブドフラワーなら、生のお花と違って水やりが必要なく、枯れてしまうこともありません。インテリアとして長く使うことが出来ます。

プリザのアレンジの中でも、3000円前後でオススメなのはポプリキューブというフラワーアレンジです。

手のひらサイズで、透明のキューブにプリザがアレンジされたインテリアで、箱の中に敷き詰められたラベンダーやローズの香りを楽しむことが出来ます。

玄関や部屋を彩りますし、場所を取らないのでプレゼントしやすいのがポイントです。
また包装も高級感溢れる白のボックスに入れられるので、ギフトとしての雰囲気もバッチリです。

レッドローズのリース

こちらはレッドローズのリース。
玄関や部屋の壁に飾れるタイプの円形のフラワーアレンジです。こういったフラワーリースは高いもの…と思っている人が多いですが、実は3000円台でも十分にオシャレなリースを購入することが出来ます。

こちらもプリザなので、枯れることはなく、長く楽しめるギフトです。

独身で、アパート暮らしの先生でも、ピンで留めれば壁にかけて楽しむことが出来ます。
付属の箱があれば引っ越しの時も持っていくことが出来るので、生のお花より、記念の品として最適ですよ。

ストロベリーフォトフレーム【5000円台】

5000円台の予算を出せるなら、お花で彩られたフォトフレームがオススメです。

このストロベリーフォトフレームは、高級感溢れるフレームに花を添えたアレンジで、大切な人への贈り物として人気です。

フォトフレームにクラス写真などを飾れば、いつでも思い出を見返すことが出来ます。
昨今はコンビニでもスマホ写真の現像が出来ますから、写真と一緒にプレゼントするのもオススメですよ。

先生へのプレゼントはいつ渡せばいいの?

先生にプレゼントを渡すタイミングは、やはり最終日や式典の後が一番でしょう。

しかし、急に異動や退職が決まった場合、なかなか時間が取れないものです。

ですから、オプションとして、先生の住所を聞いておいて、そこに宅配で送るのも一つの手です。
お花をネットショップで頼めば、必ずメッセージカードのサービスは受け付けているので、メッセージカード込で購入すれば、たとえ先生が遠くに引っ越してしまってもプレゼントを送ることが出来ます。

卒業による別れなら、卒業後に、学校に直接持っていく形でも良いでしょう。

ただ、その場合はきちんと卒業生として事前に連絡をしておきましょう。

連絡なしの訪問は、例え卒業生でもマナー違反ですよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする