30代で手取り18万の人は転職を考えるべき。昇給が見込めない会社に勤め続けるリスクとは?

f:id:moguhausu2:20160712122914j:plain
 デフレが長く続いた日本。昔は30代の平均年収といえば600万以上でしたが、現在は500万あれば良い方と言われています。

 そんなご時世ですから、30代で手取り18万という方は、特に地方都市では珍しくありません。
 都内であっても、印刷業界や編集プロダクションなど「儲からない」業界に勤めている人は、30代で年収300万前後であるケースが多いです。

 しかし、手取り18万という額面額は、あまりにも少なすぎます。
 20代の新卒ならともかく、今どきタクシー運転手でも、それ以上稼いでいます。

「正社員なだけありがたい…」

 と思考停止している人は、もっと30代手取り18万のリスクについて考えるべきなのです。

 3年後、5年後も同じ給料でやっていけますか?
 介護が必要になったり、突然の病気や怪我で長期入院になったら?
 そもそも会社にリストラされたら?
 年金は?

 お金が無いと、今後、40代50代になった時に、こういった不安を抱えることになります。

 30代ならば、せめて年収400万以上は欲しいところです。

 そこで、今回は30代で手取り18万の人が抱えるリスクと、転職で年収アップする方法を紹介します。

技能や学歴がなくても年収アップは可能です

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
 手取り18万、年収300万前後という給料は、正直いって正社員の最低ラインです。
 労働法によって、最低賃金は各県ごとに設定されていますが、企業はさすがにそこを割っていくことは出来ません。

 しかし、零細企業や先細りしている業界では、ほぼ最低賃金で給料をセットしているケースが多いです。
 業界そのものが将来的に明るくないため、人件費をギリギリまで削るのです。

 そのため、どんなに技術や学歴が優れていようと、給料には反映されません。

 また家族経営の会社は、役員である身内の給料を極限まで高めるために、従業員の給料を上げない…という姑息な手段をとっているケースもあります。

 逆に考えれば、これから伸びる業界、幸先が良い企業というのは、特別な技術や学歴を持った人材でなくとも、それなりの待遇を受けられるのです。

 これは、企業におけるスケールメリットです。すなわち「会社や業界が経済的に強い」から「会社の受けた恩恵を従業員全体に振り分けることが出来る」というケースですね。

 大企業のみならず、中小企業であっても儲けてる企業や業界は、給料がのきなみ高いです。

 ですから、業界や企業が先細っているようならば、思い切って伸びている会社・業界に転職したほうがお得なのです。

 私の教え子のケースでは、手取り18万の工場作業員から未経験の営業に転職して、手取り22万、年収390万になった子もいます。
 さらに、そこから昇給と出世が合わさって、現在では年収500万近くまでもらっています。

 賃金に不満を覚えたら、どこかのタイミングで飛び出さなければいけません。
 30代は、転職で業界や職種を変える最後のチャンスです。40代になると、同業種、または管理職としての転職しか出来なくなります。

 30代で手取り18万の給料に設定している会社が、これから急に給料を増やすとは思えません。
 むしろ、倒産の方が可能性として大きいです。

 日本の「終身雇用制」は終わりました。

 これからは、伸びている企業や業界に飛び移って働いていかなければ、ダメなのです。

人間関係が良くてもお金がなければ幸せになれない

f:id:moguhausu2:20160428132524j:plain
 人間関係がすごく良い会社に勤めていると、なかなか「給料が低いので転職します」とは言えないものです。

 しかし、給料が低くて人間関係が良い会社というのは、やわらかい綿で首をジワジワと締められているようなものです。
 人の良さだけでは、経営、もとい家族を養っていく事は出来ません。

 人間関係の良さと給料の低さはまったくの別物です。
 もちろん、働く上でストレスが無いことは重要ですが、30代を過ぎると再就職の口も狭くなってきますから、やはり給料・キャリアの優先順位を上げるべきです。

 居心地の良いぬるま湯の環境からぬけ出すのには、勇気が入りますが、地獄の沙汰も金次第。お金が貧しければ、幸せには絶対なれません。

 自分自身、そして家族のためを想うなら、お金をしっかり稼ぐことです。
 30代後半、40代になった時に「他社で通用しない人材」になってしまったら、逃げようにも逃げれなくなってしまいますよ。

手取り18万から脱出して今後に備えよう

f:id:moguhausu2:20160711144143j:plain
 日本は、少子高齢化によってますます財政が不安定になっていきます。
 増税も、間違いなく起こるでしょう。既に消費税は5%から倍になることが確定しており、所得税や住民税もジワジワと上げてくるかもしれません。

 手取り18万のままでは、今後、ますます苦しくなります。

 ですから、30代のうちに自分自身のキャリアをしっかり考えて、給料の良い会社に飛び込んでみましょう。

  しかし、転職というのは言うは易し行うは難し、ですよね。
 求人を探す工程一つ取っても、最初はどう探せばいいのか分からないもの。

 世の中にはブラック企業も多く、はじめて転職をするなら、不安も大いにありますよね。

 そこでオススメなのが、プロである転職エージェントに相談をして、求人選びのサポート・職務経歴書や自己PR作りをサポートしてもらう方法です。

 転職エージェントは無料で相談出来る転職のサポートサービスで、在職中でも利用出来ます。まだ転職するか迷っている人でも、求人を見せてもらったりキャリアへのアドバイスも貰えますよ。

自己分析やキャリア相談、求人探しは転職エージェントにサポートしてもらおう

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain

 転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

 また、転職エージェントは、転職のプロですから、未経験での転職や短期離職などのネックがあっても内定が取れるフォロー方法をしっかり教えてくれます。

 求人紹介はもちろん、会社の社風・残業時間など内部情報の調査。履歴書・職務経歴書作成やキャリアプランの吟味など、転職の準備は大変ですが、プロである転職エージェントを活用すると、ここの負担をグッと減らすことが出来ます。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 在職中でも利用・相談ができるので、まだ転職するか迷っている人でもお試しで利用できますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする