主婦や大学生にオススメ!在宅ライターの副業で稼ぐ方法。在宅ワークの相場や案件の選び方など紹介します

f:id:moguhausu2:20160510080712j:plain
 これまで、主婦や大学生が稼ぐ方法といえば、パートやアルバイトといった外の仕事が基本でした。
 しかし、昨今はクラウドワークスなどの在宅ワークを斡旋するサービスが増えてきており、働き方の幅が広がっています。

 特に有名なのが、WEBライター業です。

 WEBライターとは、WEBサイトに掲載するコラムなどを執筆する仕事です。
 主婦や大学生といった特別なスキルがない人でも、資料を調べて文章を書く…という作業なので簡単に始められます。

 ライター業は、経験を積むと在宅ワークながらに時給1000円も可能で、主婦や大学生に人気の副業になっています。

 もちろん、分かりやすい文章をたくさん書く…というのは、それなりに大変ですが、取っ付きやすさや始めやすさは抜群です。

「論文を書くのが得意」
「コラムライターにあこがれている」
「文章を書く仕事がしたい」

 そんな方にオススメの在宅ライター。
 今回は、在宅ライターの始め方や相場、案件の選び方を紹介します。

クラウドワークスに登録しよう

 ライター業を始める方法としては、企業に直接雇われる方法と、クラウドワークスなどの仲介サービスを利用して始める方法があります。

 企業に直接雇われる方式は難しいですから、まずはクラウドワークスで公に募集されている案件をこなして実績を積みましょう。

crowdworks.jp

 クラウドワークスは、仲介料が取られてしまうかわりに、料金の徴収、報酬の振込などを全てやってくれます。
 多くの企業が利用しているので、案件も豊富。初心者向けの案件も多いので、まずはここからスタートしましょう。

報酬の相場は文字数換算で0.3円×文字数

 ライター業の相場は、専門的な知識(金融や薬学など)があれば、1文字1円の相場(2000文字の記事で報酬2000円など)が貰えますが、特別なスキルがない方は1文字0.3円~0.4円が相場になります。

 経験を積むと1文字0.5円の案件などが飛び込んできます。

 2000文字の記事を書いて1000円貰うイメージですね。

 2000文字ならば、なれた人なら1時間で書けます。
 在宅ワークで時給1000円ですから、これはオイシイですね。

 初心者の方は、まず0.3円×文字数の案件を探してみましょう。
 そこで実績を積めば、徐々に単価は上がってきます。

 避けたほうがいいのは、1文字0.1円などの安い案件です。

 1000文字で100円、200円といった案件だと、どんなに頑張っても時給300円前後です。
 これでは、副業として成り立ちません。

 最低でも時給700円は取れるように、0.3円×文字数以上の案件に絞って探しましょう。

オススメは恋愛コラムのライター

 在宅ライターの案件でオススメなのは、恋愛コラムのライターです。

 恋愛というジャンルなら、誰でも書けますし、知識・経験が活かせるでしょう。
 資料も豊富ですし、ネタが尽きて書けない…という心配もありません。

 まずは恋愛ジャンルでしっかりライターの基礎と実績を鍛えることをおすすめします。

 恋愛コラムライター案件で、オススメの案件をピックアップしておきました。

crowdworks.jp

 上記案件は、0.3円×文字数で、なおかつ継続して依頼をこなすと単価が上がる案件です。
 また記事の書き方マニュアルなどもあるので、初心者の方でも安心して執筆することが出来ます。

 こういった案件に応募して、実績を積み重ね、在宅ライターとしてのステップアップを目指しましょう。

誤字脱字やコピペは厳禁。信頼関係が大事です

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
 在宅ライターは、誰でも出来る仕事とまでは言いませんが、やはり「やりたい!」という人が多く、ライバルが多いです。

 条件の良い案件を請け負うには、依頼主との信頼関係を大切にして、より良い報酬を引き出せる優良ライターにならなくてはいけません。

 そのためには、誤字脱字をしっかりチェックして無くすのはもちろん。
 コピペやパクリなんて厳禁です。今はコピペもツールでチェック出来るので、すぐバレてしまいます。

 たどたどしてくも良いので、自分の言葉でしっかり書いて、資料を調べたり本を読んで勉強し、質の良い文章を納品しましょう。

 依頼主も業界の人ですから、しっかり書いている人はすぐ分かります。
 クオリティが高ければ、単価もすぐ上げてもらえるので、ぜひ丹精を込めて文章を書き、良い単価を貰えるようなライターになりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする