ニートから脱出して正社員に就職する方法。ニートにオススメの仕事は工場とビルメンテナンス

f:id:moguhausu2:20160614112822j:plain
 ニートから脱出するのって難しいですよね。
 一度、逃げグセがついてしまったり、働かなくても親が世話をしてくれる…というスタイルに慣れてしまうと、なかなか重い腰を上げられないもの。

 それでも、ニートから脱出しようと危機感を持って動き始めた人もいると思います。

 しかし、就活はキツイです。
 無職期間というペナルティを持っての就活ですから、なかなか正社員の内定が取れないかもしれません。

 最初はアルバイトや派遣社員からはじめて、徐々に社会復帰…というのも悪くないのですが、非正規雇用は職歴にならないし、雇用も不安定なので、やはり最初から正社員を狙ったほうが良いと思います。

「けど、正社員の内定なんて取れるはずがない」と不安ですよね。

 そんな方向けに、今回はニートから脱出して正社員になる方法を紹介します。

ニートでも正社員として入社出来る会社はあります

 ニートから脱出する際に知っておくべきことがあります。
 それは、ニートでも正社員として入社出来る会社・業界があるということです。

 皆さんのよく知っている大企業などは難しいでしょう。
 しかし、例えば学歴不問の工場や、清掃業、ビルメンテナンスなどの仕事は、実はニートでも内定が取りやすいのです。

 こういった仕事は、黙々と作業をすることを求められるので、面倒なコミュニケーション能力など必要ありません。
 また待遇も悪くないので、正社員として入れば財政的にもグッと安定します。

 現在、主に食品工場などでは人手不足が著しいです。

 昔はパートのおばちゃんで人が足りていたのですが、昨今のパートの時給アップによって、パートの奪い合いが激しくなっており、企業側も「正社員を入れた方が手っ取り早い」と考えるようになりました。

参考リンク:
www.recruitjobs.co.jp

 工場はロボット化を勧めて人がいなくなる…なんて言われていますが、それはまだまだ先の話。
 検品や細かい作業などは、まだ人の手がないと難しいです。

 これらの要素を考えると、ニートが最初に就職するなら、食品工場はうってつけなのです。

 ビルメンテナンス業も同じく、人手不足に悩んでいます。
 こちらは作業員の高齢化によって、人が少なくなっています。そのため、20代30代の若手なら、未経験でも採用してくれます。

 現在は資格取得をフォローしてくれる会社も増えてきており、ビルメンテナンスの職歴をつければ手に職が得られます。

 安定性・手に職・なおかつ高いコミュニケーション能力は求められないので、ニートから脱出する一歩にこちらもオススメです。

若いうちにニートから脱出しよう!

 20代、30代であれば、まだまだ取り返しがつかないということはありません。
 どんなに自分に自信を失っても、一歩踏み出してしまえば、意外となんてことない…というケースは多いです。

 正社員として働くことに不安を感じる人も多いでしょう。
 けれど、このままニートを続けることのほうが、よっぽど怖い事なのです。

 ニートは、最初は楽ですがだんだん苦痛になってきます。
 自分に自信が持てず、生きている意味もわからなくなり、朝を迎えるのが怖くなります。

 仕事を持っていれば、少なくとも、やるべきことはありますし、お金もしっかり入ってきます。
 正社員なら、そう簡単に雇用を失うことはありません。

 まともな企業に入れば、ブラック企業のように過労死するまで働かされる事もありません。

 年を取ると、ブラック企業にしか入れなくなります。
 いわゆる詰みです。

 それを避けるためには、選択肢の多い20代・30代のうちにバッと就活を成功させて、正社員になることです。
 今、勇気を少し出すだけで、後がずっと楽になりますよ。

就活のやり方や求人検索は転職エージェントに頼るべし!

 就活をはじめる際、ハローワークや求人サイトを使おうと思っていませんか?

 転職経験のある人なら、その方法も悪くないのですが、就活が苦手な人は転職エージェントを利用して全面的にサポートしてもらうことをオススメします。

 転職エージェントというと、ヘッドハンティングや中途採用のイメージが強いですが、実は現在、20代であればフリーターや中退からの就活までサポートしてくれるエージェントが増えているのです。

 というのも、少子高齢化によって企業は20代の人材を雇おうと躍起になっています。

 もちろん、待遇の良い優良企業は競争率が高いですが、それでも採用される確率が高く、プロのエージェントのサポートを受けてしっかり面接をこなせば内定が取れる可能性があるのです。

「ニートの自分に、内定なんてとれっこない」

 とネガティブに考える人も多いですが、冷静になって転職市場を見てみると、実はニートOKでも入れる求人(なおかつ優良企業)はたくさんあるのです。

 転職エージェントに登録して、ニートOKでなおかつ働きやすい企業の求人を希望すれば、エージェントが厳選した求人を紹介してくれるので自分であれこれ調べる必要もありません。

 さらに、転職エージェントは完全無料です。
 利用者の私たちは、お金を払うこと無くサポートを受けられます。

ホワイトな求人は転職エージェントにあり

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
 労働環境が優れているホワイトな求人は、求人誌や求人サイトにはなかなか出ません。
 そこで、転職エージェントを利用して非公開求人の中にホワイトな求人が無いか調べてもらいましょう。

 転職エージェントは大手企業の求人を任されていることが多く、その子会社の求人もしっかりマークしているケースが多いです。そのため、転職エージェントを利用すれば、定時上がりの仕事に転職出来る可能性がグッと上がります。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする