アパレル販売員から転職する方法!職務経歴書の書き方やアピール方法など総まとめ

f:id:moguhausu2:20160315122439j:plain
 アパレル販売員の仕事は、実際やってみると結構キツイものです。

 販売ノルマがあったり、人員不足で長時間労働を強いられたり…
 現場職ですから、立ちっぱなしで肉体的にキツイ仕事です。

 それなのに給料は安く、どんなに服が好き、接客好きの人でも「やってられない!」と嫌になってしまうでしょう。

 アパレルの販売というのは、相当なこだわりがなければ続けられない仕事です。
 労働環境は厳しく、価格競争が激しい故に労働環境が改善される見込みは少ないです。

 また、勤めている企業がブラックなら、頑張れば頑張るだけ搾取されて、自分だけ損をする事になってしまいます。

 もしアパレル販売員を辞めたいと思っているのなら、早めに転職をしてキャリアチェンジを行いましょう。

 今回はアパレル販売員から転職する方法を紹介します。

アパレル販売員からメーカーの事務や営業に転職することの勧め

 アパレル販売員を辞めたい人にオススメの転職先といえば、メーカーです。

 メーカーはアパレル販売員と違って土日休み、9時~18時の規則的な労働シフトになります。
 営業でも事務でも、デスクワークが必ずあるので、販売員のように立ちっぱなしで足腰が痛む、といった肉体的負担はありません。

 また、ノルマも求人を選べば無いところがほとんどです。
 一部のブラック企業や、成果主義の会社はノルマを課していますが、ほとんどの安定したメーカーは営業ノルマはあってないようなもの。事務や経理ならノルマという概念すらありません。

 アパレル販売員のみならず、小売や販売、接客業から転職する人の多くがメーカーを希望します。

 メーカーは、経営状況が安定している固い会社なら、雇用も安定しておりボーナスもしっかり出ます。
 さらに労働時間も常識の範囲内で、残業代がキッチリ出る会社を選べば収入もバッチリです。

 アパレル販売員の仕事は合わなかった…という人はメーカーを中心に転職活動を行うと良いでしょう。

職務経歴書では販売員としての実績とスキルを前面に出そう

 しかし、メーカーに転職するとなると、営業にせよ事務にせよ、未経験での転職になります。

 未経験だと転職は難しいのでは…と思う人も多いですが、そんなことはありません。

 転職で重要なのは、前職でどのようなスキルを得たか。
 そして、あなた自身のポテンシャルや人柄がどれくらい良いか、という点です。

 アパレル販売員で得た実績とスキルをしっかり書いてアピールすれば、未経験でもメーカーなどに就職することが出来ますよ。

 アピールするポイントとしては

・接客、販売で心がけていたこと
・後輩や部下を指導した経験
・売上実績のアピール

 上記のポイントが中心になります。

接客、販売で心がけていたこと

 例えば、ファッションや服の知識を常に仕入れて、お客様に最適なアドバイスをして『お客様に信頼されるお店』の構築を意識した、など。
 売上を伸ばすため・顧客満足度を高めるために行った独自の工夫・努力をアピールしましょう。

 販売の工夫なんて、未経験の転職ではアピールしても無意味じゃないの? というのは間違いです。
 未経験の転職の場合、その人の仕事への取り組み方や、努力の仕方が評価の対象になります。

 ただ言われたことをやるだけの人には、内定は出しません。

「前職ではどんな仕事をしていましたか?」

 と聞かれた時に、ただ漠然と「XXという会社に勤め、販売・接客を担当していました」と事実を述べるだけではダメなのです。

 転職は、営業と同じです。自分という商品をいかに売り込むか。
 自分を雇うとどんなメリットがあるのか、相手に伝えるつもりでアピール材料を披露していきましょう。

後輩や部下を指導した経験

 販売職や接客業では、部下…つまりバイトや後輩を指導する事が多いですね。

 その時の指導経験は、他業種・他業界でも役立ちます。
 会社で一番むずかしいのが、やはり人を動かす指導・管理というミッションです。

 アパレル販売員は、その点、チームで販売をしていかなければいけませんから、コミュニケーションの面でアピール出来ることがたくさんあるはずです。

 パフォーマンスを出すために、どうチームを動かしたか?
 チームの一員として、何を意識したのか?

 今一度、店舗での立ち回りやコミュニケーションについて棚卸しをして、転職面接でアピールしましょう。

売上実績のアピール

 売上実績のアピールは、必須ではりませんが、あると説得力がグンと増します。

 例えば、XXという工夫をすることによって、前年度より10%売上をアップさせた…といったエピソードがあれば、実績としてアピールしやすいですよね。

 売上以外にも、リピート率や顧客満足度など、数字が伴っていれば何でも構いません。

「XXという考えからYYという工夫をすることによってMMという実績を出すことが出来ました」

 こういった数字を伴ったアピールは、転職ではスタンダードなアピールです。
 職務経歴書にコレがあると、グッと内定率も高くなるので、実績がある人はぜひ書いておきましょう。

 いかがですか?
 アパレル販売員からの転職は、しっかり準備しておけば難しいことではありません。

 余力があれば、在職中に転職活動を行うのも良いでしょう。
 平日休みですから、面接の予定も組みやすいはずです。

 しかし、転職といっても何から始めればいいのか、求人はどう探せばいいのか分からないもの。

 そこでオススメなのが、プロである転職エージェントに相談をして、職務経歴書や自己PR作りをサポートしてもらう方法です。

 転職エージェントは無料で相談出来る転職のサポートサービスで、在職中でも利用出来ます。まだ転職するか迷っている人でも、求人を見せてもらったりキャリアへのアドバイスも貰えますよ。

自己分析やキャリア相談、求人探しは転職エージェントにサポートしてもらおう

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain

 転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

 また、転職エージェントは、転職のプロですから、未経験での転職や短期離職などのネックがあっても内定が取れるフォロー方法をしっかり教えてくれます。

 求人紹介はもちろん、会社の社風・残業時間など内部情報の調査。履歴書・職務経歴書作成やキャリアプランの吟味など、転職の準備は大変ですが、プロである転職エージェントを活用すると、ここの負担をグッと減らすことが出来ます。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 在職中でも利用・相談ができるので、まだ転職するか迷っている人でもお試しで利用できますよ。

 オススメの転職エージェントはJACリクルートメントです。

 JACリクルートメントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。 
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 JACリクルートメントの抱えている非公開求人には優良求人がたくさんありますから、JACリクルートメントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

JACリクルートメントの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 JACリクルートメントに登録する場合、公式サイトから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

JACリクルートメント 公式サイトを見てみる

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする