職歴無しでも29歳までなら就職先はある!本気で正社員を目指す人向け就職活動のコツ

f:id:moguhausu2:20160320213756j:plain
 訳あって職歴がないまま29歳に突入してしまった人は、今後の就職活動について相当なプレッシャーを抱えていると思います。

 というのも、日本では正社員の就職活動において、職歴が最も重視されるからです。
 30代職歴無しになると、もはや正社員は難しく非正規社員として生きていくか、起業をして自分で仕事を作っていく他に道がありません。

 20代であれば、まだ正社員への求人にアプローチが出来ます。
 しかし、20代後半、特に29歳などになってしまうと、ほぼ30歳と見なされ厳しい戦いになってしまうのが現状です。

 だからといって、諦める必要はありません。

 現代日本は、少子高齢化によって徐々に求人の年齢が上がっており、現在は29歳でも就職先はあります。

 タクシー運転手やバスドライバーなどの運転業務。
 ビルメンテナンス業などの保守業務。
 中小企業のルート営業などのスーツ仕事だって、29歳なら求人がいくつもあります。

 もちろん、高望みは出来ませんが「29歳職歴無しから正社員になってそこそこの年収を稼ぎ自立する」というのは、まったくもって不可能という訳ではないのです。

 今回は29歳前後で職歴無しの方向けに、就職活動のコツについて紹介します。

就活に120%の力を注ぐのは大前提です

f:id:moguhausu2:20160315122439j:plain
 就職活動をはじめるにあたって、大前提となるのが『やる気』です。

 やる気を出して、120%の力で就活に挑まなければ、可能性は0%です。
 単なる根性論のように聞こえますが、モチベーションは最も重要なファクターです。

 就職活動は書類の作成や面接の練習、そして不合格になっても腐らないで頑張らなければいけない等、精神的な課題がたくさんあり、メンタル面によって内定の有無が左右されるイベントです。

 もし、甘い考えで就職活動をしようと思っているのであれば、まず就活に関する本やセミナーなどを受けて、モチベーションアップに励んで下さい。

「なんとなくヤバいから就活して正社員を目指す!」

 というのではなく

「将来的にXXという生活(自分)を手に入れたいから就活をして正社員を目指す」

 といった風に、具体的なゴール、理想の自分を描いてから就活に着手するのがオススメです。

 人間は、具体的な目標がないと、なかなか活動を続けられないもの。
 まずは就活を成功させて、その先にどんな幸福があるのか、自分なりに考えてみましょう。

ブラック企業を恐れない!見極めるのは簡単です

f:id:moguhausu2:20160523171452j:plain
 就活をする上で、不安要素となるのがブラック企業です。
 ブラック企業に入ってしまうと、精神的にも肉体的にも限界まで追い込まれてしまいます。

 その恐ろしさは、実際に入った人にしか分かりません。
 鬱病や、最悪の場合、過労死に追い込まれてしまいます。

 こういったブラック企業に入りたくないが故に、就活をしない…という人もいます。
 実際、ブラック企業に入るくらいならフリーターで働いていたほうがマシ、という理論は正しいです。ブラック企業は最も重要な健康という資産を食い潰す、地獄ですからね。

 しかし、やはり正社員という地位は、20代のうちに会得しておきたいもの。

 となれば、ブラック企業を見極めて、うまく避けながら就活をするのがベストという事になります。

 ブラック企業の見極め方は、意外と簡単です。

 まず年間休日を見てみましょう。年間休日が110日以下の求人は、大抵、ブラックです。ブラック企業でなくともキツイのは間違いありません。年間休日105日の求人などは、土日休みでも長期休みが無い…というケースが多く、肉体的にも精神的にもキツイです。

 高望み出来ないのは承知の上ですが、出来るだけ年間休日は110日以上の求人を狙いましょう。

 しかし、年間休日だけでは完全に見極めることは出来ません。

 そこで、転職のプロである転職エージェントに求人を紹介してもらいましょう。エージェントが厳選した求人であれば、ブラック企業を避ける事ができます。

ホワイトな求人は転職エージェントにあり

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
 労働環境が優れているホワイトな求人は、求人誌や求人サイトにはなかなか出ません。
 そこで、転職エージェントを利用して非公開求人の中にホワイトな求人が無いか調べてもらいましょう。

 転職エージェントは大手企業の求人を任されていることが多く、その子会社の求人もしっかりマークしているケースが多いです。そのため、転職エージェントを利用すれば、定時上がりの仕事に転職出来る可能性がグッと上がります。

 また、最近は20代であれば職歴無しでも登録・利用できる転職エージェントが増えてきており、無料で就活を全面サポートしてもらえるのですから、これを利用しない手はありません。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする