再就職に必要なのはショボい資格ではなく適切な求人選びと面接対策です。転職エージェント活用のオススメ

f:id:moguhausu2:20160302170846j:plain
 長い社会人生活の中で、必ず一度や二度は、会社を辞めて『再就職活動』をする時があると思います。

 しかし、再就職において、自分に自信を無くしていたり、初めての再就職活動で何から始めればいいのか分からなかったり、どんな会社・仕事が自分にあっているのか分からなくなる事も多々あるでしょう。

 就職活動は不安の連続です。
 新卒であれば、皆とせーので並んで開始しますが、転職や再就職では、周りはいません。個々人の戦いになります。

 そんな再就職活動、不安を感じた人の中には『資格』を取って有利に戦おう! と思い立つ人もいると思います。

 しかし、結論から言うと、資格の多くは再就職において役立ちません。
 特に付け焼き刃で取った資格は、有利になるどころか、その資格取得に費やしたぶんだけ職歴のブランクが空いてしまい不利になります。

 なぜ再就職において資格取得は「やってはいけない行動」なのか?

 今回はその点について解説します。

実務経験無しの資格で役立つのはTOEICくらいです

f:id:moguhausu2:20150922155510j:plain
 電気技師など技術系の資格や、TOEICなど語学系の資格を除いて、多くの資格は実務経験がなければただのお飾りです。

 中途採用において重視されるのは、本人の人柄やポテンシャル、職歴、実務経験。
 資格はあくまでサブなのです。

 例えば、簿記二級と宅建の資格を持っている人が一般事務に応募したと仮定しましょう。

 同じ事務未経験のライバルに対しては資格の分だけ有利ですが、事務の実務経験有りのライバルと比較されると、やはり負けてしまうケースが多いです。

 実務経験の強みは、現場を知っており臨機応変に対応出来る『実践力』があるということ。
 仕事というのは、資格勉強のようにペーパーテスト対策で何とかなるものではありません。現場で様々なトラブルや場面に対応した経験こそが役立つのです。

 ですから「再就職を有利にするために、資格を取ろう!」と思い立って、役に立たない資格勉強をバリバリやる事だけは避けましょう。

 漠然とした目標で取った資格は、お飾りにしかなりません。
 何となくで役立つ資格はTOEICくらいでしょう。もっとも、外資系企業など英語環境の仕事につかないのであれば、それも就職後はお飾りになってしまいますが。

資格を無理に取るより自己分析と求人選びに力を入れよう

f:id:moguhausu2:20150916144102j:plain
 再就職において資格取得よりも重要なポイントは何か? というと、答えはシンプル。

 自己分析と求人選び。
 この二点がメーンポイントになります。

 まず自己分析。自己分析といっても「私はXXな性格で~」という浅いものではなく、あくまで就職活動で使うための自己分析です。

 前職では、どんな点にやりがいを感じたか。どこが不満だったか。
 自分が出来そう、適性があると思う業界・職種は何か。
 それをどう企業にアピールしていくか。自分を雇うメリットをいかに売り込むか…

 などなど、自分を商品に例えていかに営業をして買わせるか…という視点で自己分析をしてみましょう。

 また、自分をどこに売りたいか、つまりどんな会社に入社したいのか希望条件をしっかり固めておくことが、再就職における重要ポイントです。

 希望条件が固まれば、効率的に求人選びが出来ます。

 しかしながら、近年はブラック企業の求人や、カラ求人など悪質な会社も増えているため、素人の目線ではそういった求人を見ぬくことが出来ず、労力と時間を無駄にする可能性が高いです。

 面接の段階で、希望条件と違う…ということに気づければ良いのですが、一度入社してしまうと、そう簡単に辞めることが出来ません。

 短期離職してしまえば職歴に傷がつきますし、自信も無くしてしまうでしょう。頑張って資格をとってから再就職したのなら、なおさらです。

 ですから、再就職では、求人選びをしっかり行わないといけません。

 そこでオススメなのが、プロである転職エージェントに求人選びを手伝ってもらう方法です。

資格取得よりも転職エージェントを活用した方がずっと効率的

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
 求人探しや、書類作成のハードルが高い再就職活動ですが、プロである転職エージェントを活用することで、ここの負担をグッと減らすことが出来ます。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする