転職に失敗しないために取るべきたった1つのシンプルな対策。ミスマッチ回避&内定率アップのための役立つ知識

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain
 欧米ほど転職が一般的ではない日本において、転職は一大イベントです。
 転職は成功すれば天国、失敗すれば地獄。職歴の大小がその人の人財価値に大きく響く日本社会では、転職に失敗する事は出来る限り避けたいですね。

 転職失敗を回避するためには、しっかりとした準備と計画を立てる必要があります。

 履歴書、職務経歴書の作成。キャリアプランを考える等々…

 やるべきことは、山程ある…そう感じるのも無理はありません。

 しかし、転職の成否を分ける大切なポイントは、とてもシンプルだと私は考えています。
 書類にはあれこれ手間をかけるのに、なぜか多くの人が手を抜いてしまうポイント。

 それは『応募する会社について調べる』という点です。

 今回は、このシンプルな対策がいかに重要か。
 そして具体的にどう動けばいいのかを解説し、転職に失敗しない立ち回りを紹介します。

転職活動を始める前に知っておくべき採用担当者の心理

f:id:moguhausu2:20160428132620j:plain
 まずは、雇う側の立場、つまり経営者・採用担当者の心理について理解しましょう。

 日本は未だに終身雇用制の色が強く、正社員の雇用は固いです。裏を返せば、入れば安泰ですが入るまでは大変ということ。

 企業からすれば、都合よく切り捨てが出来る契約社員や派遣社員の方が使いやすいのは明白。正社員を雇うのであれば相応のメリットが求められます。

「人材こそ会社の宝」という人もいれば「人件費が経営を圧迫する」という人もいます。

 経営者にとって、正社員を雇用するということは、相応のリスクを取る行為であることを、まず労働者である私達も理解する必要があります。

 しかし、十分なメリットを経営者に示すことが出来れば、正社員の雇用、つまり転職は十分に可能です。

 どうでもいい代わりの効く人材は非正規雇用で十分ですが、優秀な人材は正社員にして囲いたいと思うのが経営者の心理であり、雇用の真理だからです。

 転職で成功するには『自分を雇うことで得をしますよ』『あなたの会社に利益を運びますよ』と相手に思わせることが重要です。

 採用担当者や経営者、役員の信頼を得ることが出来れば、スナイパーのように百発百中、内定を取ることが出来ます。

 では、どのようにアピールすれば採用担当者にそう思わせることが出来るのでしょうか?
 ここでポイントになるのは、事前にどれだけ応募している会社・業界についてリサーチしているか、という点です。

徹底したリサーチが内定率を左右する

f:id:moguhausu2:20160428132524j:plain
 新卒の就職にせよ、転職にせよ、失敗する人の大半は事前のリサーチが不足しているケースがほとんどです。

 求人に応募する際、なんとなくネットで調べて、やみくもに応募していませんか?
 志望動機が薄っぺらい、コピペのような心が通っていないものになっていませんか?

 そういった場当たり的な転職の仕方では、いつまでたっても内定は取れません。取れたとしても人材使い捨てのブラック企業でしょう。

 これから人生の一部を預ける会社選びに全力を尽くせないようでは、転職なんて辞めたほうが良いです。

 会社の業績や雰囲気、環境に依存する会社員にとって、会社は人生の大事な屋台骨。経営不振な会社や、ワンマン経営の居心地が悪い会社に入社してしまえば、人生が灰色になること間違いなしです。

『会社選びをしっかりやって、良さそうな会社を丹念に調べあげ、情熱のこもった志望動機を書く』この基本プロセスさえしっかりやっておけば、相手が天才的な詐欺師でない限り、転職失敗は必ず避けることが出来ますし、内定がいつまでたっても取れないという事もありません。

 とても、シンプルですね。ですが効果は抜群です。

 なぜなら、志望動機を書く際に、必ず相手(会社)のことを織り交ぜて書きますよね。

「数ある会社の中から御社を志望した理由は、御社の製品であるXXに惹かれて~」
「御社の経営理念のYYという点に共感し~」

 などなど。

 この相手の事を書く、という時に相手のことを知らないようでは、しょうもない表面的なクソ志望動機になってしまいます。

 志望動機はラブレターと同じです。

 ただ「好きです!顔が可愛いから!」というしょぼい文面よりも「弱い人の立場に立って考えられる、君のやさしさに惹かれました」と具体的に書いたほうが、なんで好きになったのか納得出来ますし、真剣味がにじみ出ますよね。

 情熱や真剣味は文章に表れますし、面接でも出ます。

 気合や熱意というのは、案外、バカにできないもの。

 職歴や学歴に自信がなくても「絶対に入社して、バリバリ成果を上げてやる」という気合一本で並み居るライバルを出しぬいて内定を手に入れるケースは多いです。

 応募する会社の徹底的なリサーチ! 転職に失敗しないために取るべきたった1つのシンプルな対策は、これに尽きます。

 ですが面倒くさがってこの基本部分を端折っている人が本当に多いのです。

 例え下記のような

「ブラック企業から逃げたい!どこでもいいから転職!」
「定時で帰れる会社ならもう何でもいい」
「仕事がマンネリで飽きたから転職」

 逃げの転職、ネガティブな動機であっても、基本プロセスを怠れば必ずつまづきます。

 転職をするなら、他人が面倒だと思う部分に一番力を入れましょう。そこさえクリアしてしまえば、後が楽になります。

良い会社の選び方。ブラック企業を避けてホワイト企業を見抜くには?

f:id:moguhausu2:20160404102741j:plain
 会社の選び方について、具体的に解説します。

 基本的に株式上場している会社であれば、転職口コミサイトのvokersや転職会議を見れば、大体の評判は載っています。

jobtalk.jp

http://www.vorkers.com/

 もちろん、口コミなので、あくまで参考に留めてください。
 しかし火のないところに煙は立たないもので、ブラック企業は大抵、評価が低くなっています。

 中小企業の場合、こういった口コミサイトに載っていないケースも多いですね。そういった場合は、企業のホームページや製品、出来れば企業の決算といった部分をしっかり見ておきましょう。

 その会社がどんな歴史を持っており、どんな製品・サービスを提供しているのか。
 そして将来の見通し、経営基盤は明るいのか否か…素人目でも良いので、あれこれ分析してみましょう。

 一社二社のホームページを見ただけでは良し悪しが分からないと思いますが、何社も見ていくうちに、色々と見えてくるはずです。大事なのは、比較をすることです。

 最もわかりやすいのは、待遇を比較すること。
 ボーナスの支給実績や年間休日を見比べれば、どの会社・業界が恵まれているのかすぐ分かりますよ。

「お金や休日数が一番大事なの?」

 というと、一概にそうとは言い切れません。

 しかしながら良い会社は待遇も恵まれているケースが多く、逆に人材を使い捨てするようなブラック企業は待遇が悪いケースがほとんどです。

 注意したいのは、求人の待遇と実際の待遇が異なるケース。面接などで待遇の嘘が発覚したら、即逃げましょう。100%ブラック企業です。

ミスマッチを避けるためにもリサーチは大事です

f:id:moguhausu2:20160308115524j:plain
 事前に会社をしっかりリサーチすることは、ブラック企業を避ける事が出来るだけでなく、ミスマッチも防ぐことが出来ます。

 ミスマッチとは、例えば

「給与は安くていいから、土日休みで残業は少なめを希望」

 なのに

「激務高給の外資系営業職」

 に入社してしまい、こんなはずじゃなかった! と短期離職するような事を指します。

 こういったミスマッチはリサーチで簡単に避けることが出来ます。

 例えば、楽天株式会社の営業職が『体育会系で古臭い文化、ゴリゴリ営業』であることは、ネットで調べたり口コミを見ればすぐ分かることです。

 それなのに、調べもせず『大企業だから、とりあえず楽天』といったような「だろう入社」をすると、入社してからミスマッチで苦しむことになります。

 転職をする際には、その会社の年収・任されるポジション・得られるスキル・雰囲気など総合的に判断する必要があります。

 これらの情報は、求人票や会社の経営方針、面接における質問ですぐ分かります。

 リサーチで判別が難しいのは社内の雰囲気です。
 鋭い人は面接時、会社説明会の時に気付きますが、当然、会社は面接の際は『お客様対応』なので中の面まで全て見せてくれる訳ではありません。入社してから見えてくる面もあるということです。

 そのため、100%ミスマッチを防ぐのは難しいですが、リサーチで限りなく0にすることは可能です。

 繰り返しになりますが『何となく~だろう』という気持ちで求人に応募するのはやめましょう。

 これが多くのミスマッチを生み出す、転職失敗の原因です。

 気になった求人があったら、まず会社について調べる。
 OK、Google。何でも調べられるスマホやパソコンがあるのですから、上手に活用して調べあげましょう。

嫌な上司やクソッタレなお局様は避けられない?

f:id:moguhausu2:20160315085506j:plain
 どんなにリサーチしても、嫌な上司やいじめを仕掛けてくるお局様は避けられない…。

 こればかりは、どうしようもありません。人間関係がどうなるのかは、入社後にしか分からないのです。Googleに聞いても答えは出ません。
 例え良い会社でも、頭のおかしい問題児がいる部署に配属されたら高ストレスな環境になりますし、いじめの標的になったら為す術もなく鬱になって消えていくしかないのです。

 転職の理由の第一位は、何年も前から人間関係が独占トップ。
 村社会である日本だからこそ、職場の人間関係は厄介な問題です。

 今回の記事で私が主張する『会社を徹底的にリサーチする』という対策で、この人間関係のリスクを排除出来るのか? というと、100%回避するのは無理でしょう。

 しかし、もし仮に人間関係で問題があっても、その他の待遇が良ければ、最低限の期間は耐える事が出来ると思います。
 例えば給与が良い、休日がしっかりしている等々。その支えさい無いブラック企業だったら、短期離職まったなし。職歴に傷がつく、まさに『転職失敗』になってしまいます。

 転職において人間関係のリスクは『どうしようもないもの』と捉えて、織り込んで動くしかありません。

 仮に最悪の人間関係に当たってしまったら、その時にまた考えればいいのです。
 入る前からあれこれ考えて、結局、現状維持になるような『その場で踏み足』をしていたら、あっという間に年齢ばかり取ってしまいます。

 転職はリスクですが、これからの時代、リスクを取ってチャレンジ出来なければ厳しい社会を生き抜く事は出来ません。

 目を覚ましましょう。
 100%成功する方法なんて、転職に限らず、あり得ない事なのです。そんな方法があるなら誰もがお金持ちです。

 だからこそ、1%でも成功率を上げるために、今回、紹介したシンプルな対策

『会社を事前に徹底的にリサーチする』

 これを徹底しましょう。

 外から見える情報すら調べないんは、目をつむってくじ引きを引くようなものです。
 転職という大事なイベントを成功させるためにも、手間暇かけてじっくり取り組みましょう。

転職エージェントを利用して効率的にリサーチしよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
 しかし、会社を調べあげる、リサーチするといっても、まず幾多もある求人から自分にあった会社を選ぶ必要がありますし、書類の準備、面接対策まで、転職活動はやるべきことがたくさんあり、なかなか手が回らないのも事実です。

 特に在職中に転職活動をするなら、リサーチが大事と頭で分かっていても、ついつい手を抜いてしまうもの。

 効率的に、簡単にリサーチ出来る方法はないのでしょうか?

 そこでオススメなのが、転職エージェントを利用して、求人選びや会社のリサーチを手伝ってもらう方法です。

 転職エージェントは求職者と求人を出している会社を仲介するサービスで、採用側の声をより詳細に聞いているので、会社の良し悪しや雰囲気、待遇、製品やサービスの強みといったリサーチ情報を事前に教えてくれます。

 また、担当のエージェントがあなたとマッチングした求人を積極的に紹介してくれるので、求人選びの手間がグッと減ります。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントは転職エージェントのアデコです。

転職エージェント『アデコ』

 アデコはスイス資本の外資系転職エージェントです。日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

 転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

 年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。

「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」
「フリーター、既卒or第二新卒で職歴に自信がない」
「ブラック企業から脱出したい。定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」

 といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

 アデコが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。

 またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

 非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

 アデコの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

転職エージェント『アデコ』公式サイトを見てみる

 転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする