CGアニメーターが転職で年収アップ・労働時間短縮を実現する方法。平均年収が低いクリエイター業でも会社によって待遇は変わります

f:id:moguhausu2:20160402123949j:plain
 現在、アニメ業界でのCGアニメーターの需要は非常に大きくなりました。
 かつては2Dが基本だったアニメも、今ではプリキュアやプリパラなど、女児向けアニメを中心に3D技術がどんどん使われています。

 CGアニメーターの技術を学び、会社で実務をこなしていくと転職で苦労することはなくなります。
 今はCGアニメーター、特に3Dで表現する技術はアニメ業界のみならずゲーム業界などでも引っ張りだこです。

 しかし、いくら需要がある仕事とはいっても、やはりクリエイティブ業界の宿命といいますか、労働時間や給料に関しては満足の行くレベルではないようです。

 アニメ業界やゲーム業界は、今やスマホゲームの市場を除いて金回りが良くありません。
 そのためCGアニメーターの平均年収は300万円代、仕事は毎日終電まで…ということは珍しくありません。

 しかし、「好きな仕事をやってるんだから、仕方ないか」と妥協するのは早いです。

 待遇の良し悪しは、少なからず会社によって異なります。

 もしかしたら、自分が知らないだけで会社に「買い叩かれている」のかもしれません。

 会社に不満がたまったら、一度、転職市場を覗いてみて、自分が転職できる会社・労働条件を見なおしてみることをオススメします。

 今回はCGアニメーターが転職で年収アップ・労働時間短縮を実現する方法について紹介します。

下請けに行けば行くほど待遇は悪い

 当然ですが、下請けの会社に所属していれば、いくら技術と実績を積み重ねても年収は上がらず、待遇も良くなりません。

 また下請けは過酷な労働条件ですから、常に人手不足で厳しいスケジュールを強いられることも多いです。
 人間関係が良ければ、それでも続ける価値はあるでしょうが、もし人間関係もボロボロなようであれば転職を考えるべきでしょう。

 CGアニメーターは、前述のとおり転職は容易です。
 入社したての場合でも、転職が可能…というくらい需要であふれていますから、それなりに経験があれば引く手あまたです。

 しかし、同じ下請けに転職しては同じことの繰り返しですから、なるべく業界の川上にある会社への転職を目指しましょう。

 先輩や同僚・同期から情報を集めて、それぞれの会社の待遇や状況を聞いておくと転職時に役立ちます。
 狭い業界ですから、意外と情報は筒抜けなもの。危ないスタジオ、待遇の悪い会社はすぐに噂になりますから、ブラックな会社は避けるようにしましょう。

職歴5年未満での独立(フリーランス)はオススメしません

 CGアニメーターは独立してフリーで働くことも可能です。
 中抜きが無いので単価が高く、会社に所属しているよりもずっと年収を高める事ができます。

 しかし、スケジューリングや営業を自分でやらなければいけませんし、実績や信用がなければフリーランスになっても食えない…という事態に陥ります。

 ですから、一般的に5年未満の職歴でCGアニメーターとして独立するのはリスクが大きいと言えるでしょう。

 フリーになれば仕事を絞り、ワーク・ライフ・バランスを整えることも可能ですが、結局、ある程度の年収を得ようとすればカツカツで仕事をしなければいけません。

 そして、会社と違って仲間がいませんから、孤独感に襲われることもあります。

 将来的にはフリーランスという選択肢もありますが、まだ技術が未熟だと思っているのなら、会社に所属してしっかり先輩方から技術を学びましょう。

高年収を狙うならスマホゲーム業界に転職しよう

 会社勤めで年収アップを目指すなら、やはりスマホゲーム業界に転職するのが一番です。
 成熟化してきた市場とはいえ、まだまだコンシューマーゲームやアニメ業界よりも金回りがよく、特に大手は外注ではなく内部でCGを制作する流れになっていますから、技術があれば高年収で転職できます。

 昔はパチンコ・パチスロ業界がCGアニメーターの中では高年収(ただし、やりがいは薄い)でしたが、今や完全にスマホゲームに飲み込まれています。

 業界をまたぐ事には抵抗がある人もいるでしょう。
 アニメ一本、コンシューマーゲーム一本と決めている人もいるでしょう。

 しかし、待遇を良くしたいなら、お金周りが良い業界に飛び込むことが大切です。

 業界をまたいだ転職ですが、例えばアニメ業界からゲーム業界などに移る場合、情報がなくどの求人が良いのか分からないですよね。
 同じ業界なら人づてに転職が可能ですが、業界をまたぐと情報収集が難しい物があります。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを活用して求人選びを手伝ってもらう方法です。

プロである転職エージェントに転職をサポートしてもらおう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする