社畜を辞めたい人は脱出するための転職を先延ばしにしてはいけない。社畜脱出のための転職ノウハウ

f:id:moguhausu2:20160315091715j:plain
 社畜という言葉をご存知でしょうか?
 元はネットスラングですが「会社のために人生の大半を捧げ、それを誇りに思っている人」を指します。それだけなら、仕事を生きがいにしている人であり問題ないのですが「経営者にいいように安く使われている」という条件がつくと、社会の奴隷『社畜』ということになってしまいます。

 日本では、労働時間が長い&プライベートを犠牲にしてでも仕事(会社)を優先しなければならない、という価値観が未だに根付いています。
 かつての終身雇用制であれば、仕事の出来不出来にかかわらず雇用は安定しており、年齢が上がるにつれて給料も上がっていたので『社畜』である意味がありました。

 しかし、現在のような終身雇用制&年向上列が崩壊した状況では、会社にすべてを捧げても報われるとは限りません。
 大企業ならさておき、普通の企業では、20年後、いえ10年後すら業績がどうなっているか定かではありません。もし会社のためにせっせと尽くして、30代40代になってそろそろ年収も600万くらいになるだろう…と思っていたら会社が倒産、なんて事になったら最悪ですよね。

 今の時代、自分の勤めている会社を100%信用するのは危険です。

 特に、社畜になることを強制されている、社畜になってしまっている現状を変えたい、社畜を辞めたいと思っている人は早めに伸びている業界や転職可能な業界・求人などを下調べしておき、ワークライフバランスの取れた会社への転職を考えましょう。

 今回はそんな社畜を辞めたいと思っている人向けの転職ノウハウについて紹介します。


「転職したいけど勇気が出ない」はもう卒業しよう

 転職したいけど、やり方が分からず結局ダラダラ今の会社を続けている…

 そんな人は、意外と多いもの。特に社畜になりかけている…長時間労働を強制されていて、考える時間すらない人は転職を先延ばしにしがちです。

 しかし、転職は先延ばしをすればするほど、今の苦しみは続きます。
 明日、会社に隕石が落ちないかな、なんて小学生みたいな事を考えていても状況は変わりません。辞表を出して、転職活動を行い、自分の納得のいく会社には入れてはじめて社畜から脱出できたと言えるのです。

 転職にはエネルギーといくばくかの勇気が必要ですが、望まない社畜を続けることは貴重な時間を溝に捨てるようなもの。おまけに長時間労働は健康を崩すリスクも伴いますから、百害あって一利なしです。

 一度、冷静に自分の状況(勤務時間、月給、職場の人間関係、単純に仕事が楽しいか否か)を分析して、しっかり「辞めたい…」から「辞めよう!」という強い意志に奮い立たせましょう。

 繰り返しになりますが、社畜からの脱出は、辞めたいと思ったらすぐにスタートするべきです。
 時間と健康は、いくらお金を払っても取り返せないのですから。

辛い仕事ばかりじゃない!楽しい仕事はあるのに社畜はそれを知らないだけ

 仕事というものは、どんな仕事・会社でも辛いもの…と思っていませんか?
 世の中には様々な仕事、会社があります。そのどれもが辛いものであれば、絶望的ですよね。そうではありません。世の中には楽しい仕事、ほんとうの意味でやりがいのある仕事、楽しくはないけれど定時で上がれてそこそこ満足の行く仕事はあります。

 社畜になってしまっている人は「俺がこんなにつらい思いをしているんだから、楽しく仕事を奴なんているはずがない」と自分を正当化するために仕事はすべて辛いものと思い込んでいます。

 そういった社畜体質の雰囲気に染まってしまうと「転職しても楽にならない」という思考に至ってしまい、転職するにも二の足を踏んでしまいます。

 思い込みとは怖いもので、転職市場がどんなものか知らずに、2chやネガティブなブログなどで情報を集めて「転職で苦労するくらいなら社畜でも正社員なだけまし」と社畜脱出を諦めてしまうものです。

 社畜の洗脳から抜け出すためにも、まずは転職市場について調べてみましょう。

 テクニックやノウハウは本で調べることが出来ますが、実際にどんな求人があり、応募できる求人はどんなものがあるのか、という点については本や独学では調べる事が出来ません。

 また、履歴書や職務履歴書の書き方・強調すべきポイントなどは人それぞれ異なりますし、一概に本で学べばOKとも言えません。

 そこでオススメなのが、転職エージェントに登録して、無料相談&無料転職サポートを受ける方法です。

社畜脱出の第一歩!プロである転職エージェントに転職をサポートしてもらおう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする