30歳女性が転職を成功させるための考え方。年収やキャリアを含めて人生設計の全体図を作っておこう

f:id:moguhausu2:20160315122439j:plain
 30歳になると、ぼちぼち部下や後輩の指導をするのにも慣れて、社内での立ち回りや仕事の力の入れ具合、自分に出来ること、出来ないことなど、20代では見えていなかった様々なことが分かり始める年齢です。

 同時に

「このままでいいのだろうか?」
「仕事と結婚(恋愛・家庭)とのバランスはどうしよう?」
「お金やキャリアとは、どう付き合っていけばいいんだろう?」

 など、これからの人生設計に少し不安を覚える年齢でもあります。

 特に、女性ならではの悩み…例えば、独身の方であれば、このまま独身で生きていくには現在の仕事・年収で大丈夫だろうか…といったお金の悩みから、このまま仕事一筋でいいのだろうか、結婚や恋愛を諦めていいのだろうか、という『結婚・恋愛と仕事の優先順位』など、30歳になるとこういったモヤモヤが大きくなってきます。

 転職においても、女性は男性とは違う視点で立ち回る必要があります。

 そこで今回は30歳女性が転職を成功させるコツを紹介します。

自分の働き方を見なおしてみよう。

 今までバリバリ働いてきた人でも、30歳になると新入社員との歳の差をひしひしと感じると思います。
 気持ちは若くても、20代の時とは立場も責任も違う。一回り下の部下や後輩の考えていることが、時々分からなくなる。若いころは「これだ!」と思っていた理想の生き方と、現実のギャップが見えてくる…。

 そして自分の働き方についても、疑問が出てくる事もあるでしょう。

 30歳は、女性にとって人生の岐路とも言える年齢です。
 転職という選択肢を考えた時に、まずやるべきことは「自分には、どんな働き方があっているのか」という分析です。

 例えば、今やっている仕事にやりがいを感じない人は「妥協して今のまま生活のために働くか、それとも30歳のラストチャンスに動いてみるか」といった葛藤を抱えるでしょう。

 総合職でバリバリ働いているけど、最近、疲れがたまりやすくなり、やりがいも減ってきた…という人であれば。もう一度奮起するかぼちぼちブレーキをかけていくか…といったところで悩みますよね。

 年齢や経験と共に、ベストな働き方は異なります。
 今までの自分の価値観にこだわらず、30歳でもう一度、働き方について自問自答してみましょう。

 具体的には

・今後の人生、仕事に何%の力を注ぐのが良いか?
・仕事以外にやりたいこと、チャレンジしたいことはあるか?
・今の働き方で何%満足しているのか?
・死ぬ時に「仕事をした!」と思って死にたいのか「(仕事以外の面で)満足だった!」と思って死にたいか。

 こういった疑問を自分にぶつけていきましょう。

 最後の死ぬ前にどう思って死にたいか、というのは人生の方向性を考える上で優秀な質問です。

 仕事が好きで、仕事一本で生きてきた人は、死ぬ前にやり遂げた仕事に誇りを持って死ねるでしょうし、逆に家族・友人を大事にして生きた人もまた愛に誇りを持って死ねます。

 一番良くないのが、見栄や他人の視線にこだわって、自分が本当にやりたい事を我慢して死ぬことです。

 大げさかもしれませんが、死ぬ間際のことまで考えて、仕事に対して向き合ってみると、転職の方向性が見えてきますよ。

労働時間の減少を優先か、年収・キャリアを優先か決めておこう

 労働時間とキャリア・給料。
 この2つは、転職のける最大のキーポイントであり、どちらも譲れない条件ですよね。

 しかし、この2つが理想通りにくっつく事は稀であり、転職を成功させたいならば、優先順位を決めておくべきです。

 30歳からは、特に女性の働き方については二極化します。
 バリバリ働いて稼ぐ女性と、労働時間を少なくしてプライベートを確保する女性。

 当然、特別なスキルが無い限り、給料は前者のほうが高く、労働時間は後者の方が少ないということになります。

「年収が高くて労働時間も短い」というスペシャルな立場を手に入れるには、手に職、スキルがないと不可能です。

 そのスキルを仕事を通じて手に入れるのか、それともプライベートな時間でコツコツ頑張るのか、はたまた結婚をして仕事よりも家庭、子育てに重視するのか…。

 女性の場合、男性よりも選択肢が多いといえます。逆に言えば、恋愛、結婚が上手くいくかどうかは神のみぞ知る所なので、不確定要素が多いともいえます。

 しかし、もし現状の仕事・職場が「どっちにしろ満足のいく待遇ではない」のであれば、転職をしましょう。

人生の設計図が見えない人は、自分が楽しむ事を最優先次項にしてみよう

 結婚・出産・恋愛・仕事。
 女性が転職においてライフプラン、人生の設計図を立てなければいけないのは、こういった複雑な要素が絡み合っているせいなんですね。特に日本企業では出産後の社会復帰が約束されておらず、女性にとって働きにくい環境です。

 ですから、転職をしようと思っても「未来のことなんてわからない!」と混乱してしまう人もいるでしょう。

 そんな時は、シンプルに「自分が楽しむこと」を最優先次項にして仕事選びをしてみましょう。
 昔からやってみたかった仕事に就く。年収を高めて買い物や旅行をグレードアップさせる。労働時間を減らして趣味に生きる。

 こんな風に自分の楽しさを軸にすれば、スッキリすると思いますよ。
 仕事は自分が幸せになるためにある人生の一部です。会社のため・世間体のために働くのではなく、本質は自分が幸せになるために仕事をするということ。

 この基本を振り返って、30歳女性という立場からの転職を成功させましょう。

転職活動をする時間が無いor面倒くさいという女性にオススメの方法

 転職における情報収集や事前準備は、手間がかかりますし個人で動くには限界があります。
 特に在職中に転職準備をするのは大変で、準備だけでクタクタになってしまうケースも多いです。

 そこでオススメなのが、転職の情報収集、準備のやり方をプロに相談する方法です。

 実は、自分ひとりであれこれ転職準備、情報収集をやるよりも、プロにお任せのほうがずっと効率的に、転職を成功に導くことが出来るのです。

 その理由と、転職エージェントは何? という点について次項で説明します。

転職エージェントに登録して転職をサポートしてもらう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする