完全歩合制(フルコミッション)の仕事に転職すれば稼げるのか?歩合制のメリット・デメリットと向き不向きを徹底分析

f:id:moguhausu2:20160302170846j:plain
 完全歩合制という給与システムをご存知でしょうか?

「月給100万円可能!」
「売上に応じて年収1000万も可能」

 といった目を見張る求人広告が特徴的で、いわゆる売上によって給料が上下する給与システムです。

 歩合制は、基本給に加えて契約件数に応じた報酬(基本給20万 契約1件につき報酬10万なら5件で月50万プラスなど)をもらうことが出来ます。

 基本給にくわえて実力次第で大きく稼げるのが強みですね。

 これが完全歩合制になると、基本給はなく完全に契約件数によって給料が決まります。
 完全歩合制の方が契約報酬が大きく、20代で年収1000万も十分可能です。

 しかし、完全歩合制は売れなければ当然、給料も出ません。タダ働きになります。
 売れれば天国、売れなければ給料0円…という、自営業に近い労働が完全歩合制という働き方です。

 さて、歩合制は残念ながらブラック企業の証と言われるくらいイメージが悪いです。
 というのも、かつて歩合制といえば、押し売りの営業や投資用不動産の電話営業など悪質な仕事ばかりで、社会的なイメージが最悪だったためです。

 実際、今も歩合制の仕事は不動産、保険、エステなどの営業が多く、中には強引な電話アポで契約を取らなければいけないグレーな仕事も存在します。

 しかし、歩合制も悪い点ばかりではありません。

 今回は歩合制、完全歩合制(フルコミッション)の仕事のメリット・デメリットと向き不向きを分析してみました。
 歩合制の仕事に転職を考えている方は参考にしてください。

保険や不動産、美容業界に歩合制が多い理由

 歩合制を採用している業界といえば保険・不動産・美容業界の3つが代表的です。

 この3つの業界は、どれも大きなお金が動く・個人の営業力で大きく差が出る、という共通点を持っています。
 例えば不動産。投資用不動産の営業であれば、1000万~1億のお金が動くのは当然のこと。会社の利益も一件成約すれば300万以上と言われており、歩合制による高い給料が実現出来るのです。

 しかし、新卒を100人単位で雇い、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるの理論で電話アポをひたすらやらせるブラック企業が後を絶たないので、不動産の営業+歩合制という組み合わせはブラック企業の代名詞として敬遠されるのです。

 もちろん、悪質な企業ばかりではないのですが、そういった未経験者にいきなりやらせて、あたったらラッキー…といった乱暴な企業も多いので注意しておきましょう。

 保険も一度入ったら10年単位で長く使うものですから、営業マン一人当たりの利益率は高いです。
 そのため歩合制を採用している会社が多く、売れる人は年収1000万以上もらっています。

 こちらは不動産よりもブラックなイメージが少ないと思います。
 生命保険は、投資用不動産などよりもずっと身近なものですし、売る側も押し売りにならないので気が楽でしょう。

 しかし、保険を契約してもらうには、まず商品知識をしっかり固めて、なおかつ顧客に一番あった保険を提案していかなければいけないため、営業としての難易度は高く最初はなかなか契約が取れないでしょう。

 顧客からの信頼=契約数に繋がるため、個々人の魅力や営業力が試される仕事と言えるでしょう。
 一度、売れ始めると、成約に至った顧客からの紹介で、さらに顧客が増えていく…というサイクルに入ります。一方で、売れない人はいつまでも売れず、給料は低いまま…と勝ち負けがはっきりする仕事です。

 美容も大きなお金が動き、保険と同じく個人の信用力=売上につながる営業です。

 この3つの中で、一番働きやすいのが保険。女性でも高収入を得やすいのが美容。ブラックが多いけれど一番大きく稼げるのが不動産…といった振り分けになっています。

 どの業界が良いかは個人次第ですが、どの仕事も平均以上の営業力がないと負け組になってしまう…ということを理解しておきましょう。

 歩合制のしごとは、ゼロサムゲームです。みんなで協力するのではなく、顧客の奪い合いを行い、勝者だけが生き残れる競争社会と言えるでしょう。

歩合制の仕事の良い点

 こうして見ると、歩合制は不安定で働きにくそうに見えますが、年功序列制が嫌い、実力主義のワンマンプレイヤーには向いている仕事と言えます。

 どんな大企業でも、売上をたくさん出しても、出世街道には乗れても即座に収入が増える訳ではありません。
 一方、歩合制、完全歩合制の仕事は売れれば即給料アップにつながるので「自分の腕に自信がある」という人には、やりがいがあって給料も一気に稼げる働きやすい仕事になるでしょう。

 実際、歩合制の営業は若くして年収1000万以上の人が多く、労働時間の割に高年収という勝ち組の特権を手に入れている人も多いです。入社のハードルも低く、努力は必要ですが、一発逆転が狙えるのが魅力です。

 やればやっただけ結果が出て、それが給与に反映される…というのは、普通のサラリーマンにはない醍醐味ですよ。
 自営業のように、最初に大きく借金をする必要もないので、自営業とも違ったメリットがあると言えるでしょう。

歩合制の仕事に転職する時に考えるべきポイント

 歩合制の仕事は、勝ち負けがハッキリする上に、契約が取れなければ給与が最悪0なため、離職率が非常に高いです。
 そのため歩合制の仕事に転職をするのは簡単です。しかし、歩合制の仕事にも良し悪しがあり、ブラックな会社はとことんブラック。結果を出す前に嫌になってしまう、会社が信用できなくなってしまうような企業もたくさんあります。

 歩合制の仕事に転職を考えているなら、出来るだけ良い企業を選びましょう。

 また、不動産・保険・美容の、どの業界を選ぶかは実際にそれぞれ扱っている商品、ターゲットとなる顧客などを見て、自分がいちばん出来王だと思う業界を選びましょう。

転職エージェントに登録して転職をサポートしてもらおう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 それぞれの業界の働き方、商品など詳細な情報がほしい場合は、転職エージェントから仕入れるのが一番です。

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

 営業の経験を活かして年収アップを目指すなら、製薬会社の営業は給料が高いのでオススメです。

・営業職で年収600万以上を狙うなら製薬会社の営業(MR)に転職するのがベストな理由。文系・知識なしでも入社可能です

同じく年収アップor実力主義の社風を求めているなら、外資系企業への転職も考えましょう。

・外資系企業に転職したい人が覚えておくべき外資系特有の価値観。仕事の進め方から評価形式まで紹介します




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする