給料が月手取り16万の正社員が今すぐ転職した方が良い理由。今の会社にしがみつくより転職した方がメリットが大きいです

f:id:moguhausu2:20160205103740j:plain
 正社員なのに、給料が月手取り16万しかもらえていない人はいますか?
 手取り16万ですと、ボーナスがそこそこ出ない限り年収300万を切ってしまいます。フルタイムで働いても年収300万以下の人を「ワーキングプア」と呼んでいますが、実はワーキングプアは非正規雇用だけでなく、正社員も含めてそう呼んでいるのです。

 通常、日本の企業の最低年収のラインは年収300万と言われています。
 というのも、多くの企業が新卒の年収に設定する金額が300万だからです。実際、余裕を持って生活出来るのは年収300万からであり、最低でも手取りは18万以上、必要です。

 手取り16万というのは、世間一般に比べると非常に低く、これで労働時間や休日などの労働条件が悪ければブラック企業といっても良いでしょう。

 たとえ働いている同僚が良い人ばかりでも、社会人として働く以上、お金を無視する事は出来ません。
 月々の手取り16万だと、生活費はどのようになるのでしょうか?
 例をあげますね。

収入:16万円

家賃:50000円
光熱費:5000円
食費+日用品:35000円
携帯:5000円
ネット:5000円

支出10万
手残り6万

 いかがでしょうか?
 節約すれば、6万も残る。手取り16万でも何とかやっていけそう…と思ってしまいましたか?

 残念ながら、それは間違いです。
 手取り16万のデメリットを明確にしていきます。


上記の例はかなりカツカツです

f:id:moguhausu2:20160205103606j:plain
 上記の家計簿は、かなり節約した家計簿になります。
 家賃の5万円というのは、都内であれば、まずあり得ません。あったとしても、都心からは遠く通勤ラッシュは避けられない位置にある不便なアパートになるでしょう。

 地方ならこの家賃は可能ですが、地方の場合これに自動車ローンや自動車税など自動車の費用がかかります。

 そうなると、実際の手残りは簡単にマイナス1万~2万になります。
 更に夏冬に暖房冷房をつければ、光熱費がプラス。
 娯楽やレジャーに行けば、その分、マイナスになり、簡単に赤字になってしまう家計簿となっています。

 他にも、自動車事故や病気になった時の病院代、冠婚葬祭など突然の出費ですぐ崩れてしまいますね。

 毎月コツコツ貯金しても、どこかでガツンと赤字になってしまうと破綻する…ちょっと余裕が無さ過ぎる家計ですよね。

 これでは結婚も難しいですし、将来、会社が潰れたりクビになってしまった時にも転職活動の貯金がなければ、余裕のない生活になってしまいます。

 ボーナスがあれば、手取り16万でもやっていけますが、ボーナスが寸志だったり、そもそも基本給が低くボーナスも低い場合は、やはり余裕がある人並な生活…とはいかないようです。
 これが派遣社員や契約社員なら、なおさら雇用が不安定ですから、もはやフリーターと変わらない状態と言っても過言ではありません。

タクシー運転手でも年収300万は稼げます

 よくリストラされた男性、定年した男性が再就職する先の代表であるタクシー運転手。
 あまり稼げない…としばしば言われているタクシー運転手ですが、彼らは年収300万以上稼いでいます。もちろん、サボっていたり稼げない地域のタクシー運転手なら年収300万は難しいですが、一般的にドライバー職は年収300万以上が標準です。

 言い方は悪いですが、定年したお爺さんでも雇用されるタクシー運転手より稼げない正社員…となると、これはもうしがみついているメリットがありませんよね。

 手取り16万でなまじ生活出来てしまうと、そのままダラダラ会社を続けてしまいがち。
 しかし、手取り16万の会社のほとんどは、昇進や昇給が弱く、ボーナスも期待できず、退職金も雀の涙。
 勤め続けても何もいいことがありません。

 若い内に、早めに見切りをつけて別の仕事に転職するべきです。
 転職で年収アップは難しい…と言われていますが、さすがに手取り16万であれば、そこから下を探すほうが大変です。正しい転職をすれば、給料のみならず休日や労働時間も改善され、より余裕を持って生活が出来るようになりますよ。

 月の給料手取り16万で過ごすことは、自分を安売りしているも同然。経営者は得をしますが、あなたは確実に損をしているのです。
 ぜひ、転職をして手取り16万から脱出しましょう。

常に転職のための情報収集をしておこう

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
 転職を成功させるためには、情報収集が一番大事です。
 特に求人情報はしっかりチェックしておくべきです。給料が良く、待遇も悪くない、例えば大企業の子会社の求人などは出た瞬間に応募者が殺到するので、すぐ締め切られてしまいます。

「こんなに応募者がいるなら、無理そうだな」

 と諦めてはいけません。他のライバルを蹴散らせばいいだけのこと。もっと強気に、強欲に意識を高めていかなければ安定した生活は望めません。
 転職は椅子取りゲームです。他者を超えていかなければ勝利は掴めません。その第一歩が、穴場の求人情報を素早く察知する情報収集です。

 いざ穴場の求人を見つけて応募しよう! となっても、やみくもに応募してはいけません。
 応募書類はライバルより優秀だと思われるよう、しっかり対策をして練り込む必要がありますし、面接でも同様。常にライバルより上…という印象を与えられるよう意識して動く必要があります。

 そのためには、転職ノウハウを熟知して、隙のない応募・面接をこなす必要があります。

 しかし、転職活動をしたことが無い人にとって、転職はどうやったらいいのか分からないでしょう。
 求人の探し方が分からなければブラック企業に引っかかってしまいますし、面接や書類作りのノウハウが無いと内定すら貰えません。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを活用してノウハウを教えてもらったり、優良企業の求人を紹介してもらうことです。

求人や総合的な就活のサポートには転職エージェントに頼もう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、現在の会社にこだわる必要が無いことに気付けて、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする