残業月40時間がキツイなら転職をして残業月20時間以下の会社に転職しよう。毎日2時間の残業は予想以上に辛いです

f:id:moguhausu2:20150727163648p:plain
 1日2時間の残業をすると、残業時間は月40時間になります。

 この残業時間を見て

「たった1日2時間かぁ、楽勝じゃん」

 と思う人は、特にフルタイムで働いたことのない大学生の方に多いでしょうが、実際にやってみるとかなりキツイです。

 例えば、営業にしても日中、朝9時から夕方6時まで外回りをして、クタクタになって営業所に戻り、2時間の事務作業や会議をする…となると、体力のあるスーパーサラリーマンでない限り、辛いと思います。

 営業って、意外と外を歩いているもの。そこで肉体的に疲弊しますよね。
 さらに客先で商談をするとなると、けっこうな頭脳労働になります。帰社した後、事務作業までやると、平日は家に帰って風呂入って寝る、という最低限の行動しか取れません。

 土日は平日の疲労のせいで、ぐったり…。
 ゴロゴロしてたら休日が終わっていた、というケースも少なくありません。

 事務職であっても、毎日2時間の残業は精神的にも肉体的も辛いものです。

 デスクワークは、特に腰と肩、首、目にダメージが蓄積しますから、もしかしたら外を出歩いて運動している営業マンより健康被害は大きいかもしれません。

 外食産業や建築業など、肉体労働(立ちっぱなしの仕事)において毎日2時間の残業…これはもう、言わなくても辛さは想像出来ますよね。
 足が棒になってしまいます。

 残業月40時間が、いかに辛いか分かったところで、しかしながら日本では

「1日2時間の残業でブーブー言うとは根性がない」
「それくらい総合職なら普通だろ」
「俺は残業月80時間はやっている」

 という、正社員なら、月40時間の残業は普通という謎の理論がまかり通っています。

 上記のような残業=普通という理論を振りかざす社畜が、なぜか上司に気に入られ出世していき、社畜が上司になった時、再び部下に残業を強いる…という悪循環がおこっているのが、現状の日本社会、ひいてはサラリーマンの文化です。

 私達は正社員でいる限り、残業月40時間を受け入れなければいけないのでしょうか?

 いいえ。残業月40時間も働く必要はありません。

 残業が月20時間以下、10時間以下の会社は日本にたくさんあります。ただ、皆さんが知らないだけです。

 今回は、残業月40時間の会社から転職をして、残業月20時間以下、もとい定時上がりが基本の会社に入る方法を紹介します。


そもそも残業代は出ていますか?

f:id:moguhausu2:20150717110643j:plain
 前置きで残業を悪く言っていますが、お金を稼ぎたい人にとって、残業代は大きな収入源になります。
 残業代は日中の給与よりも割合が多くなりますから、残業をすればするほど効率よくお金を稼ぐことが出来ます。

 しかし、こと「みなし残業代」が支給されていたり「年俸制」の場合は、どんなに残業時間を稼いでも、ちっとも得にはなりません。

 こういった「みなし残業制度」などを悪用して残業代をおさえるのは、日本の悪しき習慣になっています。

 下記の厚生労働省の立ち入り調査では、調査対象の50%超の会社がサービス残業を強いる違法行為を行っていました。

厚生労働省の立入検査で、サービス残業発覚 事業所の50%超

厚生労働省が2014年11月に行った「過重労働解消キャンペーン」の一環で、過重労働が疑われる全国4561の事業所に立ち入り調査を行ったところ、50.5%に当たる2304事業所で違法な時間外労働があったことが発覚したという。

中略

最長で月150時間の時間外労働をさせていたのにもかかわらず、正社員の多くを「管理監督者」として割増賃金を支払わなかった事業所や、休憩時間を多く取得したことにして割増賃金逃れをしていた事業所もあった。

 このように、残業代をケチってサービス残業を強いる会社では、どんなに残業しても意味がありません。

 もし、あなたの今いる会社が残業代を正しく支給しない会社なら、今すぐ転職をするべきです。

 月残業40時間が辛い云々の問題ではなく、今後、年を取って体力が無くなった時に辛くなります。この手の会社は、40代を過ぎた辺りで途端に「もうウチ以外には転職出来ないだろ?だから働け!」と態度が強くなり、よりきつい労働を強いられる可能性が高いです。

 ですから、手遅れになる前に、脱出すべきです。
 残業代を出さない、ちょろまかす会社に良い会社はありません。

月の残業20時間以下の会社なんてあるの?

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
 業種によりますが、残業に対する考え方は会社や業界によって大きく異なります。

 例えば、スーパー、コンビニなどの小売業。ファミリーレストランなどの外食産業では、一部の大手企業を除いて残業=受け入れるべきもの。サービス残業当たり前…という空気が強いです。

 他にも、一般的に優良とされるメーカーでも中小企業は残業ばかり、という事案もあり、正直に言うとそれぞれの会社で大きく差があるので一概に「この業界は残業が少ない!」とは言い切れないのです。

 会社は大小たくさんありますし、経営者の方針も違います。
 何より違法労働をさせても、経営者や会社への罰則、損害が非常に小さい。故に、日本が「ブラック企業天国」と呼ばれるくらい労働環境が悪くなっているのです。

 しかし、一方で残業をなるべく無くそうと工夫をしている会社もあります。

 そういった会社は、仮に残業をしても残業代を全て支給しますし、残業数も少なめと全体的に労働環境が良い傾向にあります。

 月の残業20時間以下、10時間以下の会社は確実に存在しており、残業が嫌で転職をするなら、業界業種問わず、そういった優良会社に絞って応募を仕掛けていくのが一番合理的です。

 問題は、残業が少ない会社を見極めるのが困難ということです。
 求人票に、正直に「残業は月40時間以上、サービス残業です」なんて書くはずがありませんし、どんなに「残業少なめ」と書かれていても、実態は異なることが多いからです。

 そこでオススメなのが、転職のプロであり会社の内部情報に精通している転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらうことです。

転職エージェントを利用してプロにアドバイスを貰おう

f:id:moguhausu2:20150510110217j:plain

 転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。在職中でも土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、残業時間の少ない仕事など細かなニーズに合わせて転職の方向性をコーチングしてもらえます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務経歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。
 初めて転職をする人で、何もわからない人でも1から丁寧に教えてくれるので、ぜひ利用しましょう。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

残業月40時間に耐える必要はありません

f:id:moguhausu2:20150604112919j:plain
 ワークライフバランスが求められる昨今、毎日、夜8時~9時まで残業するのはナンセンスです。

 最新の脳科学でも、残業は健康を損なうリスクが増えるだけでなく、集中力が減り仕事の能率が結果的に落ちる事が証明されています。

 上司に良い格好を見せるために、無理してサービス残業をするのは時代遅れです。
 もし、そういった文化の会社に所属していて、もう嫌になっているのなら、早めに転職をしましょう。

 労働環境が変わることは、そうそうありませんから、職場を変えてしまったほうが手っ取り早いですし楽ですよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする